« 「家康と慶喜ー徳川家と静岡」展 in 静岡市美術館 | トップページ | パール使い切りダイビングキャッチャー2010年末 »

2011.01.10

NINTENDO WORLD 2011 in 幕張メッセ

ニンテンドー3DSのお披露目となるNINTENDO WORLD 2011に行って来ました。
場所は幕張メッセ。

会場に到着すると、待ち時間の案内板が(クリックで拡大)。
体験会待ち時間

ゼルダ、ヒト多すぎ(苦笑)
今回64版のリメイク作品なのに、なぜこんなに混むんだろう?
しかしゼルダって毎回、事前人気と実売にかなり差が出るのが不思議です。

では、体験会を廻った順に簡単レポート。

◆リッジレーサー 3D
初の3DS体験、最初に見た感想は「すごくキレイなバーチャルボーイ!」(笑)
ちゃんと奥行きがあるように見えるから、実際そんな感じ。ちゃんと3Dしてますね。
でもずっと3D画面見てると、割と目が疲れます(´・ω・`)
レース開始前にはローディング画面が…ROMなのにナゼ(笑)
ゲームは、スライドパッドよりも十字キーの方が操作しやすかったです。

◆戦国無双Chronicle
ゲーム中のデモ画面を3D表示すると、人物のレイヤーが多層になって奥行きが増してるように見えました。
下画面全体がマップ表示に使われてるおかげで細かい情報も表示され、ゲームとしてはなかなか面白そう。
ガンダム無双みたいに、敵がわらわら出てくるシーンは(少なくとも今回体験した中には)登場せず。
これもちょっと目が疲れました。


この2本で、「確かに3D表示は目新しいけど、ゲーム自体は普通にリッジや無双だったから別に3Dいらないんぢゃないの?」
「3Dは意外と目が疲れるし、奥行きが増すだけなら普段はオフにしとくかな~」
と思って次のソフトへ。

◆nintendogs+cats
これはスゲー! 犬が画面奥の方から走ってきて、飛び出してくるように見えました。
思わず「おおっ」って声が出たくらいのインパクト。3Dバンザイ(笑)
犬も猫もかわゆす。
なでたりおもちゃで遊んだりが、直感的に操作できました(前作未プレイなので前からそうだったかは不明)
これは飼う買う!

◆パイロットウイングスリゾート
けっこう微妙な操作が要求されました。
3D表示で奥行きが出て臨場感増してるけど、まぁ64版があればいいかな~。

◆STEEL DIVER
潜水艦を操るゲーム。
船をパッドなどで直接操作するのではなく、画面上の上昇/下降、前進/後退、といったスライダーを動かして操作するのがミソ。
潜望鏡で船を撃沈するモードは、実際に3DSを持って左右に動かすことで照準をうごかすのが面白かった(潜望鏡を回して敵を探すイメージ)
ちょっと気になるソフトでした。もう少しゲームモードに関する情報が欲しいところ。

◆新・光神話パルテナの鏡
座ってじっくり遊べました。
でもゲーム自体に夢中で、3Dの具合なんかはあんまり印象に残ってないデス(苦笑)
今日遊んだ中では、ゲームとして一番面白かったなぁ。
これは発売されたら購入予定。
列に並んでる時にゲームの説明に関するムービーが流れてたんだけど、これがすごくよくできてました。


その他、立体映像のみ見たソフト。

◆ゼビウス
あのゼビウスです(笑)
画面はもちろん上から見下ろした2Dシューティングなんだけど、ちゃんと空中と地上の高低差が感じられてスゴイ。

◆マリオカート
時々、マリオが車ごと手前に飛び出してくるように見えました。
でも立体になってもゲーム性は前と変わらない気が・・・

◆どうぶつの森
森の中の木々が、すごく立体的に見えたなぁ。
これは3Dとの親和性が高そう。早く遊びたい(笑)

◆ゼルダの伝説 時のオカリナ3D
体験プレイは待機時間が長すぎて断念して映像のみ見てきました。
確かに立体的ではあるけれど、マリオカート同様にあんまりそのメリットが感じられず。


まぁこんな感じでした。
どのゲームも、体験待ちの時間は表示よりもかなり短かったです(長くても15分程度だった)。
各社ムービー流したり、ステージでイベントが始まればその様子も流していたので、全然退屈しませんでした。
ミュージックライブがすごく良かったなぁ。ゲームを体験していても、耳はそっち向いていたのはナイショ(笑)

ところで任天堂のソフトは飛び出して見えるものが多かった(マリオカート、どうぶつの森、nintendogs+cats)のに対し、他社のは奥行きがあるものがほとんどでした(見た限りでは)。
これって技術力の違いかと思ったら、そうではなくて「どうゆう風に立体的に見せるか」を制作者の方で使い分けてるんだそうですね。

この先どんな3D表現が見られるのか、楽しみだなぁ。


あ、最後に3DS本体に関する感想を。
写真は、発売日(2/26)に登場するハード&ソフト群(クリックで拡大)。

体験会待ち時間

・本体は薄くて小さい そして持ちやすい(比較対象:手持ちの初代DS)
・本体色はブルーの方が綺麗だった
・スライドパッドは使いやすかった
・3D表示のスライダーは、スムーズにスライド可能なので微調整しやすい

発売が楽しみだなぁ。
なるべく早く本体(とnintendogs+cats)を入手したいところですが、さてどうなりますか。

|

« 「家康と慶喜ー徳川家と静岡」展 in 静岡市美術館 | トップページ | パール使い切りダイビングキャッチャー2010年末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/50548258

この記事へのトラックバック一覧です: NINTENDO WORLD 2011 in 幕張メッセ:

« 「家康と慶喜ー徳川家と静岡」展 in 静岡市美術館 | トップページ | パール使い切りダイビングキャッチャー2010年末 »