« RED DEAD REDEMPTION | トップページ | NINTENDO WORLD 2011 in 幕張メッセ »

2011.01.09

「家康と慶喜ー徳川家と静岡」展 in 静岡市美術館

実家に帰省したついでに、静岡市美術館で「家康と慶喜ー徳川家と静岡」展を見てきました。
この美術館は、昨年10月にグランドオープンしたばかり。
一体どんなところなのかと、美術展よりも美術館目当てで行って来た次第です(笑)

JR静岡駅から徒歩3分、しかも地下道で直結してる非常に便利な立地。
気軽に来られる場所に美術館があるっていいよね!
実家からも歩いてスグなので、助かります(笑)

美術館は建物の3階にあるんですが、エレベーターやエスカレーターが複数方向にたくさんあるので、美術館自体も入りやすくなってました。
中は割と広くて天井もそこそこ高いので、ゆったり鑑賞することができます。

入り口のところに売店とオープンカフェがあって、のんびり過ごせるスペースが大きく取られているのも◎。
(もちろん入場券が無くても利用できる)
うん、居心地の良い美術館でした。

また、階下には県下最大級の本屋が入っているのもポイント高し(戸田書店静岡本店)。
やっぱ駅前にはデカい本屋があるべきだよね!


ちなみに美術展もなかなか面白かったです。
かなり混雑してましたが、まぁ駿府の地で開催される徳川絡みの美術展だから当たり前か。
家康は晩年、慶喜は大政奉還後をそれぞれ静岡で暮らしており、二人が住んでた場所はこの美術館から歩いてすぐの処にあります。
(家康は言わずと知れた駿府城、慶喜は浮月楼ってトコロ)

家康に関しては本人が用いていた用具や肖像画の展示が多かったんですが、慶喜はそういったモノに加えて本人の手による書や画が展示されてました。
それがスゲー上手くてびっくり。
まぁ書に関してはなんとなく想像付くけど(「誠」の達筆っぷりは惚れ惚れします)、絵は意外でした。
しかも油彩画なんだよね、これが。
本人が撮った写真なんかも多数展示されていて、このヒト新しもの好きな文化人だったんだなぁと思いました。
将軍になってなかったら、いったいどんな人生を送ったんだろう?

会場には「駿府探検マップ」ってのが置いてあって、近くにある徳川家ゆかりの建物などが紹介されてました。
(かなりよくできたマップなので、美術展観に行ったヒトは是非もらってくるべし)
久能山東照宮も国宝に指定されたことだし、色んな史跡があちこちにあるんだから、それらを活用して街づくりに役立てて欲しいなぁ。

|

« RED DEAD REDEMPTION | トップページ | NINTENDO WORLD 2011 in 幕張メッセ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/50541509

この記事へのトラックバック一覧です: 「家康と慶喜ー徳川家と静岡」展 in 静岡市美術館:

« RED DEAD REDEMPTION | トップページ | NINTENDO WORLD 2011 in 幕張メッセ »