« ラウンジゲームの結果(2010/12) | トップページ | 「家康と慶喜ー徳川家と静岡」展 in 静岡市美術館 »

2011.01.06

RED DEAD REDEMPTION

Xbox360の「RED DEAD REDEMPTION」をクリア。
あ~面白かった!

いわゆる西部劇モノの映画だと悪者と対決したところで話が終わることが多いわけですが、このゲームでは「その後」についても語られてます。
しかもかなり丁寧に。それがストーリーにすごく深みを与えてますね。
そしてエンディングに繋がっていくわけだけど、まぁそれはネタバレなので…

前に序盤の感想を書いた時にも触れましたが、最後まで遊びやすいゲームでした。
ミッションは何度でもやり直しができるし、失敗が続けばスキップも可能。
操作も特に難しいことはなく、少し遊んでいれば自由に馬に乗ったり伝説のガンマン顔負けの銃さばきができるように。
このあたり、多くのヒトに遊んでもらいたいってゆう作り手の意図が感じられます。


オープンワールドと呼ばれるジャンルのゲームで遊んだのはこれが初めて。
メインのクエストに加えて、サブクエストやランダムに発生するイベントがあるって構造は普通のゲームと何ら変わらないですね。
でもその広大なフィールドや時間の流れ、そして刻々と変わる気象の表現は圧倒的。

しかもゲーム開始時やメインクエスト開始時をのぞけば、ほとんどロード時間がないのもスゴイ。
ゲーム中の没入感アップに一役買ってます。
・・・こんな世界でゼルダを遊んでみたいなぁ!

オススメ度:★★★★★

ゲーム中に雨が降ってくると画面に水滴が残る演出があるんですが、あれがすごいと思う。
カメラで映してるって設定なのかな?
リアルではない演出なんだけど、それがあることで余計リアルに感じられる不思議。

|

« ラウンジゲームの結果(2010/12) | トップページ | 「家康と慶喜ー徳川家と静岡」展 in 静岡市美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/50440178

この記事へのトラックバック一覧です: RED DEAD REDEMPTION:

« ラウンジゲームの結果(2010/12) | トップページ | 「家康と慶喜ー徳川家と静岡」展 in 静岡市美術館 »