« 最近のFFよりもFFらしい「ロストオデッセイ」 | トップページ | パタリロ!の欠番エピソードを探す »

2011.02.26

ニンテンドー3DSを買ってきた

ニンテンドー3DS、買いました。
発売日にゲーム機買うのは、ゲームキューブ以来のこと。

3DS

同時購入ソフトは、nintendogs+catsRIDGE RACER 3Dの二本。

立体視については、これまで何度か体験会などで見ているので驚きは無し。
色々と触って分かったのは、立体に見えるポイントが限られてること。
本体が少し横にずれても映像がぶれて見えるから、正しい姿勢で遊ぶのが重要なようです。
試しに寝っ転がって遊んでみたら、全然立体に見えず(苦笑) ま、そうゆう時は3Dをオフにして遊べってことですな。

これまで使っていたのが初代DSなので、本体サイズが一回り小さいのはいいですね。画面も明るいし。
ただ、それに伴ってボタン位置が微妙に異なるから、慣れるのには少し時間がかかりそう。
十字キーが一回り小さいのは、ちょっと操作しづらいと思う。


3DS本体では最初から色んなソフトが使えるようになってるんですが、中でも便利だと思ったのが「思い出きろく帳」。
これは3DSを持ち歩いた歩数と、ゲームのプレイ時間を記録してくれるモノ。
後者はWiiにもあった機能ですが、より見やすくなってます。
(ちゃんとDSのソフトもゲーム別に記録してくれる)

こうしてハード側でプレイ時間を管理してくれると、後で見た時に一目瞭然だから便利なんだよね。
他社のハードでもこうした機能を採用すればいいのに。


DSのソフトは、普通に動きます。
が、3DSの方が画面の解像度が高いため、画像が少し拡大されて表示されることに。
DSと見比べると、少しぼやけて見えるんだよね。

なお、DSソフトを起動する時にスタートボタンを押しっぱなしにすることでドットバイドット(オリジナルのサイズ)で表示させることが可能。
でもそうすると画面のサイズが小さくなるので(下画面で二回りくらい)、どちらにしても痛し痒しといったところ。

まぁどちらで表示させるにしても、しばらくすれば慣れると思いますが。
ちなみに、3DSでDSのソフトを遊ぶ時はスライドパッドが十字キーとしても使えるので結構便利。


自分はプレイ時間の記録に魅力を感じるので、今後DSのゲームは3DSで遊ぶ予定。
これに伴い、初代DSは「歩いてわかる生活リズムDS」専用機となります(笑)

こんなところで、ファーストインプレッション終了。

|

« 最近のFFよりもFFらしい「ロストオデッセイ」 | トップページ | パタリロ!の欠番エピソードを探す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/50980611

この記事へのトラックバック一覧です: ニンテンドー3DSを買ってきた:

« 最近のFFよりもFFらしい「ロストオデッセイ」 | トップページ | パタリロ!の欠番エピソードを探す »