« 遊び甲斐のある秀作「宝島Z」 | トップページ | 魔夜峰央プレミアムトークショー in @Live&Dining 横浜Hey-JOE »

2011.02.04

ペテン・ザ・ペテン in 新橋演舞場

新橋演舞場に芝居「ペテン・ザ・ペテン」を観に行ってきました。
これは温泉町を舞台とした、ペテン師たちが騙し騙される歌あり涙あり笑いありの物語。

新橋演舞場

今日は藤山直美が目当てです。
前にNHKの朝ドラ「オードリー」「芋たこなんきん」に出演しているのを見て、このヒトすごいなぁいっぺん生で見たいなぁ、と思っていた次第。

うん、実際に見たらほんとにすごかった。
笑わせる芝居も泣かせる芝居も絶品ですね。声もよく通るし、頭の回転も速そう。
当代随一の女優ぢゃないかなぁ。


他の主な出演者は、渡辺えり/柄本明/ラサール石井/ベンガル/井之上隆志/小池栄子(すごくキレイだった)。

柄本明も、うまかった。
なんか、ろれつの廻らない酔っぱらいのオッサンみたいなんだけど(笑)、きちっと演技しますなぁ。
ラサール石井との掛け合いもどこまでがアドリブか分からなくて面白かったです。

そのラサール石井は、体調を崩して休演となった中村勘三郎の代役です。
・・・どうも勘三郎は好きぢゃないので(あの演技が鼻につくんだよね~、息子の勘太郎は好きなんだけど…)、自分としてはラサール石井で良かった。
ってか、勘三郎だったら観に来なかったんだけど(苦笑)

ちなみに勘三郎の休演が発表になったのが1/9なんですが、チラシはちゃんとラサール石井になってるのに驚きました。
これ、公演が始まる前にチラシ作り直したんだろうなぁ。スゴイ…


今日は2階左側の最前列からの観劇でしたが、ここ、花道見えないんですね…
チケットを一般発売で取ったので、この場所を自ら選んだわけだけど座席表に騙されたわ~(苦笑)
図で見る限りは余裕で見えそうなのに、実際はちょうど真下になるので全く見えず。
(その代わりに花道を映すモニターが上方に設置されていて、それで様子が見られるようになってる)

あと、意外と狭くて座っちゃうと前を通り抜けづらいこと、この上なし。
シアタークリエやJCBホール並みでしょうか。
おかげで休憩時間(35分もある!)に劇場内を探検に出かけるのを断念(笑)
1階の座席はもちっとゆとりがありそうに見えたから、この左右に張り出した席だけの事だと思いますが。

その休憩時間には館内で買った豆大福を食べてました。
まぁ美味しかったけど、これで250円は高い…商品150円、場所代100円ってカンジ(笑)

ここは鯛焼きとか弁当とか、色んなモノ売ってるのが普通のホールとは違いますね。飲食自由だからだろうけど。
休憩時間が長いのも、食事タイムって意味合いが強いんだと思います。前に歌舞伎を観に来た時も同じくらいの休憩時間だったなぁ…


観客の年齢層も高くて(歌舞伎の時よりも高い気がする)、普段観に行くような芝居とも雰囲気が全然違ったけど、たまにはこうゆうのも楽しいですね。
また機会があれば何か観に来ようと思います。次は鯛焼きが食べたい…

|

« 遊び甲斐のある秀作「宝島Z」 | トップページ | 魔夜峰央プレミアムトークショー in @Live&Dining 横浜Hey-JOE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/50776473

この記事へのトラックバック一覧です: ペテン・ザ・ペテン in 新橋演舞場:

« 遊び甲斐のある秀作「宝島Z」 | トップページ | 魔夜峰央プレミアムトークショー in @Live&Dining 横浜Hey-JOE »