« ミニイカ娘がやって来た! | トップページ | ラウンジゲームの結果(2011/02) »

2011.03.02

西荻の会「ロング・ロスト・フレンド」 in 本多劇場

下北沢・本多劇場で西荻の会の「ロング・ロスト・フレンド」観てきました。
極道の親分が経営する介護施設で繰り広げられるコメディです。

出演は、伊東四朗/角野卓造/佐藤B作/あめくみちこ/松金よね子/市川勇/窪塚俊介/岩佐真悠子。
脚本と演出はG2

ちなみに「西荻の会」とは、ドラマでの共演がきっかけで飲みに行くようになった役者たちの集まり。
その面々による、第一回公演とゆうわけです。


今日は、伊東四朗&角野卓造が目当て。
彼らの共演を見るのは、「エキストラ」(三谷幸喜の脚本・演出)以来二回目です。
二人の軽妙なやりとりがバツグンでした。演技から笑いが染み出してるみたいな立ち振る舞いは、さすが。
そして松金よね子の凛とした芝居も良かった。
この辺りは流石ベテランと言った感じですね。

これだけ芸達者な面々がいると、東京ヴォードヴィルショーの面々(B作、あめくみちこ、市川勇)の影も多少薄くなります。
とわ言え、彼ら持ち前の濃い演技はさすがでした(笑)
「次にこう来るんだろうな…」と思ってその通りになっても笑ってしまう、そうゆう芝居が上手いわぁ。

若手の二人も、ベテラン勢に負けず好感の持てる芝居をしてました。


今回のストーリーは上にも書いたようにコメディなんですが、冒頭サスペンス調で始まったり途中でシリアスな場面があったり…
目が離せない展開が続く、あっという間の2時間でした。

途中、ステージに伊東四朗だけが残って一人二役を演じるシーンがあって、それが巧い!
もうその動きだけで笑いが取れてしまう凄さ。
このシーンだけでも観に来た甲斐があったってもんです。
「社長放浪記」(脚本:三谷幸喜 演出:三宅裕司)にもそんなシーンがありましたが、あれをより凝縮したような感じでした。
(それ観に行った時の記事はこちら

今日は3列目(C列)の右端付近で見ていたんですが、すごくステージが近かった。
割とステージ右側で芝居が続くことが多かったおかげで、伊東四朗を間近で見ることができました。
ただ、前4列(A~D)は段差がないので、背が高いヒトが前に座っちゃうと見づらいかも。
(5列目以降は段になってる)


「次回公演は無い!」って言ってましたが、そんなこと言わずにこれからも続けていってもらいたいです。

|

« ミニイカ娘がやって来た! | トップページ | ラウンジゲームの結果(2011/02) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/51017392

この記事へのトラックバック一覧です: 西荻の会「ロング・ロスト・フレンド」 in 本多劇場:

« ミニイカ娘がやって来た! | トップページ | ラウンジゲームの結果(2011/02) »