« 好きなアーティスト2011年3月版 | トップページ | ラウンジゲームの結果(2011/03) »

2011.04.02

海援隊結成40周年記念「武田鉄矢・海援隊スペシャルサンクスコンサート」 in 渋谷C.C.Lemonホール

海援隊のコンサートに行ってきました。

自分が初めて買ったCDが「KAIENTAI LAST LIVE」と「ROCKY4サントラ」の二枚。
そんなわけで海援隊の曲は昔っから折に触れて聴いてきたわけですが、生で見るのは今日が初めてです。

今日は1階2列目ど真ん中って良席でしたが、実際は最前列でした・・・
(撮影用のレールカメラが入っていて、1列目が撤去されてた)
いやぁ、この場所だと緊張しますね(苦笑)
でも視界を遮るものが何もなくて、気持ちよかったです。
レールカメラは意外に低くて、引いてるヒトも常に中腰だったから全然気になりませんでした。


「誰もいないからそこを歩く」が流れる中、ステージ上のスクリーンに海援隊のこれまでを振り返る映像が流れてコンサートがスタート。
「スタートライン」から「フォークソング」まで、全14曲で2時間半弱。

「人として」「母に捧げるバラード」「思えば遠くへ来たもんだ」「コスモス」「贈る言葉」なんかが生で聴けて感無量です。
いいコンサートでした。

「母に捧げるバラード」は、「エピソード1」と銘打って語りの部分を変更。
武田鉄矢のお姉さんが1995年の地震で被災して、兵庫から博多に帰郷した際の母の言葉になっていました。これがすごく良かった。
また、ここ数日で作ったという「さくらのうた」も披露されました。きれいな曲だったなぁ…

ところで曲数の割には時間が長いのは、武田鉄矢のMCが多いから(笑)
ずいぶん昔に聞いたことのある内容なんかもあって、すごく懐かしかった。
多くは定番ネタなんでしょうね。どれもたくさん笑わせてもらいました。
途中、声援でMCが止まることが何度かあって、そのたびにじっと考え込む様子が印象的でした。
どこで何を話すかは、きちんと順序立てられてるのね。

「贈る言葉」の前には、先日の「3Bスペシャル」で金八先生がしゃべったセリフが登場。
「KAIENTAI LAST LIVE」にも当時ドラマで主演した坂本竜馬のセリフをしゃべるシーンがあって、なんだかそれと重なりました。
・・・あのドラマ「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」、すごく面白かったから、何らかの形でもう一度世に出してくれないかなぁ。


セットリストは割と近年(と言ってもだいぶ前だけど…)の曲が多い感じがしたので、もう少し昔の曲も聴きたかったトコロ。
「故郷未だ忘れ難く」とか「遥かなる人」とか、「あんたが大将」とか。

しかし海援隊の曲を聴いていると、なぜだか無性に吉田拓郎の曲が聴きたくなります。
フォークソングを歌うヒトはたくさんいるけど、この二組は根っこが同じって気がするんだよね。


会場には大きな募金箱が設置されていて、万一地震が発生した際の注意事項について主催者からのアナウンス(ステージ上で説明してた)があったりと、いつもと少し違うコンサートの雰囲気でした。
(注意事項については、フライヤーと共に書面でも配られた)
3月は中止や延期になるイベントが多かったですが、少しずつ日常に戻ってきている感じがします。

|

« 好きなアーティスト2011年3月版 | トップページ | ラウンジゲームの結果(2011/03) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/51284515

この記事へのトラックバック一覧です: 海援隊結成40周年記念「武田鉄矢・海援隊スペシャルサンクスコンサート」 in 渋谷C.C.Lemonホール:

« 好きなアーティスト2011年3月版 | トップページ | ラウンジゲームの結果(2011/03) »