« 原曲を超えるカヴァー曲 | トップページ | パスタとスパゲッティ »

2011.05.09

ちまちま感と壮大さを兼ね備えたゲーム「SolatoroboそれからCODAへ」

DSの「SolatoroboそれからCODAへ」(以下、ソラトロボ)をクリア。
このゲームは、ストーリーに関係したメインクエストと、賞金稼ぎや市井の人々の悩みを解決するサブクエスト(受ける/受けないは自由)で構成されたアクションRPGです。

以前PSで発売された「テイルコンチェルト」と世界観を共有していて、そちらで活躍したキャラも登場します。


テイル~は操作性や視点に難があったんですが、ソラトロボではかなり改善されて遊びやすくなりました。
途中から3DSで遊んだら、スライドパッドのおかげで戦闘中の操作性が更に向上。

でもゲームの雰囲気は、テイル~の方が好きだなぁ。
今作は話のスケールが大きくなるにつれ、色んな使命を帯びたメインクエストと相変わらずな内容のサブクエストが乖離してくように思えました。
序盤の、仲間内でワイワイやってる感じがいいのに。

大抵のRPGっって世界を救ったり巨悪と戦ったりするわけですが、もっと日常の出来事に終始したような感じの作品が出てもいいと思うんだけど。

ちなみにこのゲームにはダウンロードクエストがあって(大半はクリアしないと遊べない)、そっちは登場キャラが生き生きとして面白かったです。
全編こんな感じで遊びたかったな。


このゲーム、かゆいところに手が届くような親切設計になってます。
次に何するか/どこ行けばいいか、で迷うことがないような作り。
地図も常に表示されていて分かりやすい。
ただちょっと不親切だなぁと思ったのは次の2点。

・クエストが終わると強制的にダンジョンから外に出される場合があり、宝箱取り逃してたりすると回収が二度手間
・ボス戦などでゲームオーバーになって再挑戦する際、会話シーンまで戻されることがあるのは面倒(同じセリフを何度も聞かされることになるから)


あと、ゲームのトレーラー動画を見るとすごく壮大な感じだけど、割と「ちまちま」してます(笑)
これ、携帯機だからって言うよりはグラフィックを緻密に描いているがゆえにそう思えるのかも。
キャラクターを奥から手前に動かすと、小さく表示されたキャラが大きくなって遠近感が味わえます。
DSの小さな画面でここまでやるか!って感じ。

そして特筆すべきは音楽。
テイル~も音楽が良かったけど、今回も極上の仕上がり。
OP/ED曲はもちろん、劇中に流れるBGMも心地よい。
サントラ目当てに限定版(コレクターズエディション)を買った甲斐がありました。
そのサントラもしっかりした作りで、これまた素晴らしい。このまま市販しても通用する出来映え。
限定版は、今でもたまにアマゾンで定価(7140円)で放出されてるから、音楽に惹かれたヒトは迷わず限定版を入手すべし。


オススメ度:★★★★☆

ゲーム本編だけなら星三つといったところですが、音楽が素晴らしいのとダウンロードクエストが良かったので+1。
難易度は高くないので、万人に勧められるゲームです。
トレーラーなど見て興味持ったヒトは、是非。

|

« 原曲を超えるカヴァー曲 | トップページ | パスタとスパゲッティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/51625055

この記事へのトラックバック一覧です: ちまちま感と壮大さを兼ね備えたゲーム「SolatoroboそれからCODAへ」:

« 原曲を超えるカヴァー曲 | トップページ | パスタとスパゲッティ »