« すごく雰囲気のいいゲーム「ラストストーリー」 | トップページ | ヱビスビール記念館、ふたたび »

2011.06.15

美しき日本の原風景 in 山種美術館

山種美術館に「美しき日本の原風景」展を観に行ってきました。
この美術館は初めて訪れたのですが、恵比寿駅からの道に何やら見覚えが。
ああ、LIQUIDROOM(ライヴハウス)に行く時に通った道かぁ(渋谷川を渡った辺りで思い出した)。


この美術展は、山種美術館が所蔵する色んな画家の風景画を集めたモノです。
(一部、個人蔵の作品もあり)
まぁ、自分が知ってる画家は東山魁夷、歌川広重、横山大観、の三人だけでしたが(^_^;)

東山魁夷は7点展示されていましたが、「いかにも」な作品が少ないので展示会全体のバランスがとれていたように思えます。目立つ作品だと、他の印象が薄れちゃうからね…

歌川広重は、箱根の錦絵が綺麗でした。昔、切手で見たことあるヤツだ。

横山大観は、富士山の絵。
「富士の名画というものは昔からあまりない」って大観の言葉が掲示されてましたが、なるほどそう言われてみると確かに。
横山大観から富士山の絵を連想することはあっても、富士山と言われてすぐに頭に浮かぶ日本画って無いや。


今回の展示で一番気に入ったのは、横山操って日本画家の作品。
特に「蒲原落雁」と「湖の秋」。
茫漠とした風景に佇む木々の枝を細やかに描いた作品と、対照的に息を呑むような秋の彩りに溢れた作品。
どちらもすごく素敵でした。

ミュージアムショップには彼の作品の絵はがきや関連作品が全然無かったのが残念。
機会があれば、このヒトの他の作品をもっと見てみたいなぁ。

|

« すごく雰囲気のいいゲーム「ラストストーリー」 | トップページ | ヱビスビール記念館、ふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/51951898

この記事へのトラックバック一覧です: 美しき日本の原風景 in 山種美術館:

« すごく雰囲気のいいゲーム「ラストストーリー」 | トップページ | ヱビスビール記念館、ふたたび »