« ラウンジゲームの結果(2011/05) | トップページ | 美しき日本の原風景 in 山種美術館 »

2011.06.13

すごく雰囲気のいいゲーム「ラストストーリー」

Wiiの「ラストストーリー」をクリア(リンク先は音が鳴るので注意)。
なかなか楽しかったです。良作ナリ。

古のFFスタッフが集まった「ミストウォーカー」製作のRPG。
このゲームを一言で表すと、「戦闘と街に特徴のあるゲーム」ってとこじでしょうか。


戦闘はリアルタイムで、オンラインRPGっぽい感じ。
大抵の場合、戦闘時に一緒に戦う仲間がいるんですが、これが各々の判断で行動するので「ソロなのにマルチプレイ」してるみたい。
時には敵に突撃したり的はずれな行動する仲間もいて、そんなところもネトゲっぽい(笑)
(使う魔法を変えたりなど、ごく簡単な指示は出すことが可能)
戦いながらセリフ(キャラ同士の会話)をしゃべったりもするので、仲間と一緒に戦ってるって雰囲気がすごく出てます。

戦闘自体は、敵のいる方向にスティックを倒せば勝手に攻撃してくれるので、なかなか楽ちん。
自分が囮になったり魔法を拡散したりと、工夫しだいで戦闘を楽に進めることも可能。

ただ覚えることが色々あるので、慣れるのに若干時間がかかります。
動画でチュートリアルが見られるようにはなってるんですが、映像よりはトレーニングモードみたいなものをつけて欲しかったトコロ。
やっぱり見てるよりは自分でキャラ動かして実践した方が、身に付くのも早いので。


そして「街」。
最初に入った街があまりにも巨大でビックリ! でもここがこのゲームの拠点であり唯一登場する街。
ここは雑踏の雰囲気がすごく出ていて、ものすごく生活感が感じられます。
この点では、今まで遊んだゲームの中でNo.1だと思う。

街で色々とイベントやクエストをこなすにつれて地理を覚えていくわけですが、それはあたかもこのゲームの主人公が街に馴染んでいく過程と重なって、何とも言えないシンクロ感があります。
最初はストレンジャー扱いだったのが、次第に街の人々から声をかけられるようになる・・・これは遊んでいるこっちまで、なんだかうれしくなったなぁ。

ところで序盤、街があまりに広いので、あちこちウロウロしてたら酔いました(苦笑)
カメラが激しく上下左右に揺れるとツライですね…
これはオプション画面でのカメラ調整&椅子の高さ調整(TVを上から見下ろせるように椅子を高くする)で解決。


オススメ度:★★★★☆

このゲーム、タイトルからしてFFっぽいんですが(苦笑)、遊んでみると全然そんな感じはしなかったですね。
同社の「ロストオデッセイ」(Xbox360)はかなりFFっぽかったけど。
(リンク先は音が鳴るので注意)

遊び始めた頃、「このゲームのグラフィック、Wii向きぢゃないよなぁ」って思ってましたが、それは遊んでるうちに慣れました。
他機種と比べると粗いけど、これはこれで味があっていいかな、と。
このグラフィックで暗い色調の荒廃した場所を探索していたら、なんだか昔PCで遊んだ「Never Winter Nights」を思い出しました。

長すぎず、短すぎずの程よいボリュームで、いわゆる「強くてニューゲーム」ができるので、そのうち2周目も遊んでみるつもり。
序盤は何が何やら分からないうちに話が進行していったから、その辺りの再確認もしたいんだよね。

操作性も良好なので、Wii持っていてRPG遊んでみたいヒトにはオススメです。

|

« ラウンジゲームの結果(2011/05) | トップページ | 美しき日本の原風景 in 山種美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/51850813

この記事へのトラックバック一覧です: すごく雰囲気のいいゲーム「ラストストーリー」:

« ラウンジゲームの結果(2011/05) | トップページ | 美しき日本の原風景 in 山種美術館 »