« 浜松駅前をウロウロ | トップページ | 遊びやすい良移植「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」 »

2011.08.27

広沢タダシ 10th Anniversary Tour -reunion- in SHIBUYA BOXX

広沢タダシの10周年記念ライヴに行ってきました。場所はSHIBUYA BOXX
NHKホールの向かいにあります。
建物が歩道から少し奥まったところにあるので、ちょっと分かりづらい。
原宿方面から歩いてきて、気づかずにマッスルシアターまで行ってしまいました(苦笑)

広沢タダシを見るのは、これが2年ぶり9回目。2009年のAtomic Monster Festival以来です・・・ってこんなに観に来てたのか。

てっきり座って聴くんだとばかり思っていたら、スタンディングでした。まぁライヴハウスだしね。
でも、あのSHIBUYA-AXで公演したときも椅子があったのになぁ(笑)

ホールは横長で小さめ。キャパは約280(※スタンディングの場合)。ほぼ満員でした。
ステージは少し高い位置にあって、自分の目線が演者の腰のあたり。
4列目の中央付近から見てましたが、視界良好。
舞台とスタンディングエリアの間にスペースが設けられているようで、その分ステージは遠くなりますが、この位置だと全然問題なし。
音響もまずまずでした。


ライヴは約2時間半。
懐かしい曲から最新曲まで、10周年にふさわしく様々な曲が聴けました。
バンドメンバー(ピアノ:杉浦タクオ ドラムス:中村優規 ベース:Lin ギター:田中幹人)との息もぴったりの、いいライヴだったなぁ。
特に、ピアノとギターが素敵だった。

「ハミングディ」、ものすごく久々に聴いたけどいい曲だ~。この曲は独りでキーボード弾き語り。
歌い終わったとき、少し涙ぐんでたように見えたのは、やっぱり思い入れのある曲なのね。

公式サイトで募集していたリクエスト曲を3位から歌うことになって、まずは「サフランの花」。
その後「シロイケムリ」「Party」と続いたから、「随分マニアックな上位曲…」と思いきや、2位以降は次のMC以降に披露。
・・・そりゃそうだよねぇ(笑)

で、2位は「もしも歌えなくなっても」。1位は「ブルー」でした。
やっぱりみんな「ブルー」好きなのね。
自分もこの曲を聴いて広沢タダシの存在を知ったので(2003年頃)、なんだか感無量です。
これを超えるバラード曲は、なかなか無いと思わせる傑作だと思います。

またこの曲が聴きたくなったら、足を運ぶかな。

「ブルー」のあとは、MCもほとんど無くて最後まで怒濤の展開。
なるほど、こうゆう畳み掛ける感じだと、スタンディングがふさわしいね。


こんな感じで今日のライヴはものすごく良かったわけですが、残念だったのは会場のドリンクの種類が少ないこと。
・・・ってか、この規模のライヴハウスでペットボトルや缶のドリンクのみってあり得ないんですけど。
(AXやZeppくらいデカければ分かるけどさ)

ホール内にはバーカウンターらしきモノも見あたらなかったし、いつもこうなのかな?
スペースの余裕がないってのが理由なら、そもそもこの場所にライヴハウスを造るべきぢゃないと思うんデスガ。

|

« 浜松駅前をウロウロ | トップページ | 遊びやすい良移植「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/52578769

この記事へのトラックバック一覧です: 広沢タダシ 10th Anniversary Tour -reunion- in SHIBUYA BOXX:

« 浜松駅前をウロウロ | トップページ | 遊びやすい良移植「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」 »