« 二回目のコミケ | トップページ | ソルティ・ライチが旨すぎる »

2011.08.15

Sound Horizon Live Tour 2011 -第一次領土復興遠征- in 栃木総合文化センター メインホール

Sonud Horizonのライヴツアーで栃木県総合文化センターへ行ってきました。

ここは宇都宮駅西口から徒歩15分ほどのところにあります。道もわかりやすい。
ホール以外にもギャラリーや会議室があったりと、文字どおりの総合文化施設。
ライヴは、キャパ約1600のメインホールで行われました。

栃木総合文化センター

写真の左手、明かりが見えるところがライヴが行われた場所。建物自体が、かなり大きかったです。
ホール自体も、大きくて立派でした。
渋谷公会堂のように2階席の左右が前に張り出してるんですが、先頭付近だと1階の人々と手が繋げる近さ。
また左右にバルコニー席もあって、まさに「劇場」と言った感じでした。

今回の座席は左方向の最前列!
まさかサンホラのライヴで最前列になるとは・・・感無量です。
ステージとの距離がすごく近くて、少し手を伸ばせばダンサー近衛兵の旗に手が届くくらい。
着席時は目の前にライトなどがあって少々視界を遮られましたが、立ち上がれば遮るモノは何も無し。
もう、ホント見やすいですね(当たり前)。

ライヴ開始直前、揺れたような気がしたので地震かと思ったのですが、どうやら床が振動する構造のようです。
だからスタンディングの時は、かなりグラグラしてました(笑)
なんかライヴの臨場感が直接伝わってくるようで、いいですね。


今宵の謡い手は、JIMANG、霜月はるか、Joelle、Ceui、YUUKI。
似て非なるヒトはメルヒェン。完全体です。エリーゼと共に登場。

なお、セットリストは勝手にまとめWikiなどを参照あれ。

最初からステージ上段に井戸があったので、Märchen関連の曲で始まることは分かりましたが、まさかの「宵闇の唄」でライヴスタート。
歌姫の数が足りないから、この曲はツアーではやらないと思ってたけど・・・
間近で見るとド迫力でした・・・が呆然としちゃって細部までよく覚えてません(苦笑)

今日のライヴも、新潟に続いてJIMANGのターン!
「笛吹き男」をソロで歌うのは初めて聴いたなぁ。
他にも「じまんぐの世界(澪音の世界)」があったり、「終端の王」のソロパートを取ったり。
ちなみに「じまんぐの世界」で一緒にいたのは犬でも国民たちでもなくてKen☆Kenだった(笑)
今日のJIMANG、ものすごく声が出てましたが、これは小田原ういろう効果なのでしょうか。

本日一番印象に残ったのはYUUKIでした。
演者はみんな笑顔が素敵でしたが、YUUKIのが飛び抜けて良かったです。まさに輝いてた!
「美しきもの」のハーモニカも、雰囲気が出ていてすごく良かった♪
そして「クレヨンしんちゃん」のモノマネも似てた(笑)


その他、見ていて気づいたことなど。
・メンバー紹介時の無茶ぶりが更に進化してた 観客からリクエストもらうのか… そして「おすべり自由」(笑)
・Ceuiの扱いがどんどん美味しい感じになってますね(キャラ的に)
・メンバー紹介時、Joelleが歌った「生と死を別つ境界の古井戸」が良かったのでメルヒェンから首を言い渡されたCeuiと、それに抗議するJoelleとYUUKI このとき、舞台の反対側にいた霜月はるかが仲間に入れず少し寂しそうだった

・ダンサーこの近衛兵が被る白い仮面(オペラ座の怪人みたいなヤツ) あれって表面に捏ねた後のようなモノがあるのね ツルっとしてるんだと思ってた

・「生と死を別つ境界の古井戸」のホレおばさん役はJoelle 「もしかして本当のお母さん?」なんて台詞の一部が変わってた しかしJoelleが演じると「お姉さん」って感じね
・同曲の途中、倒れている継子(Ceui)をメルヒェンが指揮棒でグリグリ突いてた(笑)
・同曲の終わり、暗転してCeuiがステージから捌ける直前はスキップになってた かわいい(笑)

・霜月はるかの歌う「海の魔女」は何度聞いても絶品 あの優しくて透明な歌声と曲とがすごく合ってますね
・ベースのあっちゃん(長谷川淳)がメンバー紹介時、(イタリア兄弟の時のように)咥えていたバラの花を観客(もちろん男性(笑))にプレゼント
・このとき、自分もあっちゃんと目があったんだよね(笑) でも機材なんかがあってステージ最前面に出てこられない場所だったので、スルーされてしまいました 残念だけど、残念ぢゃない感じでもある(苦笑)

・(座っていた位置ゆえだとは思うけど)重低音がものすごかった 特に「終端の王」の最後の部分では、衝撃波が体を突き抜けてくような感じだった
・ライヴの時間は3時間と少し だんだん長くなってますね


コミケ後に行ったので、ライヴ終わって帰ってくる頃にはヘトヘトでしたが、大変楽しいライヴでした。
(そういえば昨年末も、コミケの後がStory Concertだったなぁ…)
今回の領土復興遠征、これが5回目の参加。
今日のライヴで、今回のツアーに参加するヴォーカリストは全員見たことになります。

次は帰省がてら浜松に観に行ってきます。

|

« 二回目のコミケ | トップページ | ソルティ・ライチが旨すぎる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/52480617

この記事へのトラックバック一覧です: Sound Horizon Live Tour 2011 -第一次領土復興遠征- in 栃木総合文化センター メインホール:

« 二回目のコミケ | トップページ | ソルティ・ライチが旨すぎる »