« アニメ番組レビュー(2011年9月終了分) | トップページ | 土産物レビューその4:ずんだ茶寮の「ずんだ生クリーム大福」 »

2011.10.01

東京エスムジカ LIVE three!!! in 下北沢440

東京エスムジカのライヴに行ってきました。
リーダーでありキーボード担当の早川大地と、ヴォーカル二人(瑛愛、平得美帆)により2004年に結成された東京エスムジカ。
2007年にヴォーカルの二人がバンドを卒業したわけですが、今年になって再び三人での活動を開始。
今日が、4年半ぶりのライヴです。

会場は、下北沢440
下北沢駅南口前の道路を、三軒茶屋方面に道なりに7~8分歩いたところにあります。
彼らが一番最初にライヴを行った思い出の場所、ってことで同じ会場を再出発の地に選んだとのこと。

自分がここに来るのは、今日が二度目。
美帆さんのソロライヴ(rica tomorl名義)の時以来です(その時の記事)。
まさか同じところで東京エスムジカのライヴが観られるとは、夢にも思いませんでした。

入場は整理番号順。ただし同じ番号が(プレイガイドごとに)複数存在するので、同時入場です(前の時もそうだった)。
前の方で入場できたので、2列目中央付近の座席をゲット。
椅子を7つもならべれば一杯になる幅なので、会場は縦長。
ステージも小さめです。
舞台には低めの段差あり(膝下くらいの高さ)。
後方はスタンディングだったから、入り口近くだと少々見づらいかも。
ちなみに店はガラス張り&1階にあるので、道路からでも見える&聞こえるんぢゃないでしょうか。


さて本日のライヴ。
東京エスムジカに加えて、サポートメンバーが三人(ベース:石村順 ドラム:西和 ギター:永田健志)。
みんな見覚えあるなぁと思ったら、2007年のライヴの時と同じ面々(その時の記事)。

そして4年のブランクをまったく感じさせない内容でした。
やっぱりツインヴォーカルは最高そして最強!
たゆたう歌声、素敵だなぁ。エスムジカならでは、って感じがしますね。
音に身を任せて踊るように歌う美帆さんの姿も、前と変わらず。
以前と比べて、二人のハーモニーの美しさが更に増したように思えます。

MCの雰囲気も懐かしかった・・・。
二人と一人(女性二人とリーダー)で会話が分かれるんだよね。
微妙にかみ合わない感じも、昔のままだわ(笑)
そのMCでも言ってましたが、瑛愛が一番しっかりしてました。
大ちゃんは終始クールなように見えましたが、アンコールのMCを聞く限りでは、あれは感極まってたんですね。
そういえば時々視線が泳いでたような(笑)

サポートメンバーも含め、みんなすごく楽しそうだったのが印象的でした。


なお、本日のセットリストは以下のサイトを参照あれ。
限られた時間の中で、押さえるべき曲はきちんと演奏してくれたなぁ、って感じです。
本編最後の曲が「始まりに向けて」ってのも、これからの活動を期待させてくれます。

東京エスムジカ「three!!!」セットリスト
http://tokyo-ethmusica-info.seesaa.net/article/228516659.html

今後は、今月中旬に石垣島でライヴを行い、そして来年1月には次のライヴの開催も決まっている模様。
ちょっと石垣島までは行けないので、1月を楽しみに待ってます!
前に、ルーマニアの陽気なおっさんたち(笑)とコラボしたライヴがすごく楽しかったから(その時の記事)、またああいうのが観たいなぁ。

|

« アニメ番組レビュー(2011年9月終了分) | トップページ | 土産物レビューその4:ずんだ茶寮の「ずんだ生クリーム大福」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/52884164

この記事へのトラックバック一覧です: 東京エスムジカ LIVE three!!! in 下北沢440:

« アニメ番組レビュー(2011年9月終了分) | トップページ | 土産物レビューその4:ずんだ茶寮の「ずんだ生クリーム大福」 »