« Steins;Gate 8bitと昔のPCゲームの思い出 | トップページ | 映画料金って »

2011.10.29

分島花音 The strange treat! 10がつ「ストリングスと昼食を」 in 渋谷7th FLOOR

分島花音(わけしまかのん)のライヴに行ってきました。
(リンク先は音が鳴るので注意)
彼女の曲はあんまり知らないのですが、以前「果実の警告」を聴いたときに弦楽器メインな曲調にすごく惹かれまして。
で、今回のライヴに「ストリングス」と銘打たれていたから、弦楽器の心地よい音色が堪能できるかと思ってチケットを取った次第です。

会場は、渋谷7th FLOOR
渋谷duoの向かいのビル7階です。O-nestの1つ上の階。
この辺りでライヴ見るのは久々なんですが、1階にあったコンビニがampmからローソンに変わっててビックリ。
ライヴは18時入場開始。ちょうどO-WESTと時間が被ったようで、コンビニ前はけっこう混雑してました。
ここって入場待機場所が色んな会場でゴチャゴチャになるから、ちゃんと案内して欲しいですね。
せめて、立て看板でも置いてくれればいいのに。

コンビニ横の入り口からエレベータで7階に上がり、狭い通路を抜けるとバー&ライヴスペース。
割とこぢんまりしてます。O-nestよりだいぶ小さいと思う。
(キャパを見たら、O-nestが200~250、7th FLOORは100だった)
ライヴハウスって言うよりはバーの演奏スペースって感じ。
まったりできそうな雰囲気が、ちょっと三軒茶屋のグレープフルーツムーンに似てるかな。
赤を基調とした内装が素敵でした。


さて本日のライヴ。
3ヶ月連続の企画ライヴとなっていて、今回はその2回目。
前回は「ブルーノートと朝食を」ってタイトルで、JAZZアレンジな曲が披露されたようです。
今回はクラシカルなアレンジ。バンドメンバーも、ピアノ・ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ、といった陣容。

分島花音の曲って、クラシック調のアレンジがよく似合いますね。
元々チェリストだし、クラシックの素養も充分あるわけで。
だから彼女の作る曲は、弦楽器がすごく自然に演奏の中に存在してるんだなぁ、と思いました。
(アクセントとして弦楽器があるんぢゃなくって、最初からメインに据えてるのが素敵)

公演は1時間半弱。
少々短めでしたが、中身のぎっちり詰まった内容でしたね。大満足。
途中、弦楽器四重奏が始まったときは普通にクラシックコンサートな雰囲気でした。
そして分島花音はすごくチャーミングだった。

やっぱり弦楽器の音色はいいなぁ。人生にはストリングス成分が必要だよなぁ、などと思いながら帰路につきました。

下の写真は、ドレスコードに参加してもらったイチゴマシュマロ。
マシュマロ


ところで「カレンデュラ レクイエム」(kanon×kanon)も彼女が歌ってるんですね(物販でCDが売られていて初めて気づいた)。
そう言われれば曲の感じが似てるか。

|

« Steins;Gate 8bitと昔のPCゲームの思い出 | トップページ | 映画料金って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/53106476

この記事へのトラックバック一覧です: 分島花音 The strange treat! 10がつ「ストリングスと昼食を」 in 渋谷7th FLOOR:

« Steins;Gate 8bitと昔のPCゲームの思い出 | トップページ | 映画料金って »