« Mac miniでリモートディスク機能を使う | トップページ | MS-Offieceのお値段 »

2011.11.22

「長谷川等伯と狩野派」展 in 出光美術館

出光美術館で「長谷川等伯と狩野派」展を観てきました。
前回の企画展(大雅・蕪村・玉堂と仙厓)と比べ、3倍くらい混んでた気がします。
さすが長谷川等伯。

が、展示物の中で長谷川等伯の絵画は3点のみ。
展示内容から察するに、今回の企画展の意図はこんな感じでした。
・等伯が活躍した時代に全盛だった、狩野派作品の紹介
・等伯が影響を受けたと思われる作品を展示しつつ、実際の等伯の絵にその影響を探る
・等伯を始祖とする長谷川派の作品紹介、および狩野派との比較

この内容からすると、企画展のタイトルは「長谷川派と狩野派」がふさわしい気が・・・
でもそれだと観客動員に影響があるんだろうな(苦笑)


そんなわけで看板には若干偽りがあるわけですが、内容はなかなか見応えがあるモノでした。

・等伯ばかりが注目される長谷川派の作品を色々見ることができた
でも、なんか(今回の展示内容を見る限りでは)形式張った作品ばかりで、狩野派に比べるとかなり見劣りが。
等伯が抜きんでていたことがよく理解できました。

・長谷川派と狩野派の作品の比較展示
似たモチーフの作品を並べて比較してあり、両派の違いが分かって面白かった。

・等伯が影響を受けた作品が興味深い
今回の展示で目を惹いたのが、牧谿(中国の禅僧)の「平沙落雁図」。
パッと見は紙の上を墨がサラサラっと走ってるだけなのに、よく見ると淡い色彩で描き込まれてます。
これ、等伯の水墨画に通じるトコロがありますね。

・等伯の「竹鶴図屏風」が見応えあり
同じ等伯の虎の絵(竹虎図屏風)の前は常に人だかりができてましたが、「竹鶴図屏風」はそうでもなく、じっくり鑑賞できました。
墨の濃淡で遠近感を表現し、一見まっ白な部分にも僅かに筆が走った跡がある。
見れば見るほど、見事な竹林です。スーッと吸い込まれそうになるくらい。
こうした筆遣いは、「松林図屏風」に通ずるものがありますね。まさに幽玄。


今回の展示物も、前回同様すべて出光美術館所蔵の品々。
これだけの作品群を自前で用意できるのがスゴイ・・・
この企画展は、12/18まで開催してます。

|

« Mac miniでリモートディスク機能を使う | トップページ | MS-Offieceのお値段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/53306655

この記事へのトラックバック一覧です: 「長谷川等伯と狩野派」展 in 出光美術館:

« Mac miniでリモートディスク機能を使う | トップページ | MS-Offieceのお値段 »