« ゲーマガ休刊 | トップページ | 川村結花 独奏vol.6 in 南青山MANDALA »

2012.01.20

平清盛特別展 in 江戸東京博物館

両国にある江戸東京博物館で平清盛特別展を観てきました。
NHKネットクラブで募集していた特別鑑賞会に当選したので、行ってきた次第です。
当選したのは、等伯の没後400年特別展に続いて2回目。
鑑賞会と言っても、「閉館後に90分だけ開放するから、ハガキ持って見に来てね」ってゆうフリーダムなもの。

当選ハガキ

博物館の場所はすぐ分かりましたが、建物がでかすぎて入り口が分からず(苦笑)
グルッと回ったり階段昇ったりしつつ、ようやく入り口を発見。
企画展示室は1階なんですね。外から見えるエスカレーターで上に行くのだとばかり思っていたので、少々残念。
常設展示室は5階にあるようなので、また別の機会に来るか・・・

告知パネル


さて、展示内容について。
この時代のことはほとんど知らないので(分かるのは、主要人物や合戦の名前くらい)、パネルの説明を読みながら状況把握してるうちに見終わった感があります(苦笑)
見ていてすごいなぁと思ったものを挙げると、
 ・清盛直筆の書状や、厳島神社に奉納した経典がちゃんと残ってること
 ・12世紀の扇が、色鮮やかに原形をとどめていた
 ・味わい深い平家琵琶(やはり平家物語と言えば、琵琶がないとね)
 ・「一の谷・屋島合戦図屏風」に施された、金色の盛上紋様が見目麗しかった

展示会場の中と外でNHK制作の映像が流れていたのですが、これがどちらもすごく分かりやすかったです。
映像とナレーションによる動画のチカラってすごいわ。
ちなみに、音声ガイド(鑑賞会だからか、無料で貸してくれた)は大河ドラマにも出演している深田恭子の語りでした。
BGMが流れる解説もあって、なかなか豪華な感じ。
こんな感じでNHKとタイアップはしてますが、展示を見ている限りでは大河ドラマを意識する場面が無くて一安心(そんなのあったら、興醒めなので)。

この時代のことを理解するためにも、「平清盛」はちゃんと見るかなぁ。
ところで平家物語って英語で書くと「The Tale of the Heike」なんですね。
こうして横文字で見ると、諸行無常な感じはせず、遠い異国の物語みたい・・・

|

« ゲーマガ休刊 | トップページ | 川村結花 独奏vol.6 in 南青山MANDALA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/53771734

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛特別展 in 江戸東京博物館:

« ゲーマガ休刊 | トップページ | 川村結花 独奏vol.6 in 南青山MANDALA »