« ラウンジゲームの結果(2011/12) | トップページ | 操作が気持ちいい!「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」 »

2012.01.10

PC経由での東芝製HDDレコーダー間のダビングに関するメモ

東芝のRDシリーズ(HDDレコーダー)には、LAN経由で2台のレコーダー間でのダビングをする機能があります。
「ネット de ダビング」って機能なんですが、うちにある機種だとちゃんと動いてくれない・・・

というわけで、フリーウェアLANDE-RDを使用してダビングに成功した際の覚え書き。
ちなみに、使用しているのはRD-X5とRD-BZ800です。
なお、ダビング可能なのはコピー制限の無いVRタイトルのみ。
最近のデジアナ変換された番組はコピーワンスになってるから×。
したがって昔録画した番組とか、ビデオテープからダビングした番組などに限られます。

◆X5 → PC
 ・(PC)LANDE-RDを立ち上げ、受信タブを選択
 ・(X5)「編集ナビ → 一括・高速ダビング」を選択、ダビング先切換で「ネットワーク→(LANDE-RD)で指定したPCのHDD」にする
 ・(X5)番組を選んで、ダビング開始


ダビングが終了すると、指定したPCのフォルダにmpgファイルが出来上がります。


◆PC → BZ800
 ・(PC)LANDE-RDを立ち上げ、送信タブを選択
 ・(PC)ダビングするファイルを選ぶ(※RD→PCへダビングしたファイルのみ可能)
 ・(PC)「開始」ボタンを押す → 確認画面が表示される
待機画面
 ・(BZ800)「編集ナビ」でダビング制限の無い任意の番組を選んで「ダビング」
 ・(BZ800)ダビング先切換でLANを選択
 ・(BZ800)ネットワーク機器名が「LANDE-RD」で始まるHDDをダビング先に選ぶ(カーソルを合わせるだけ、決定は押さない)
 ・(PC)LANDE-RDの確認画面でOKを押す

これでPCからRDへのダビングが始まります。
ポイントは、編集ナビではダビングに制限の無い番組を選ぶこと。ダビング10対応など制限のかかった番組だと、ネットワーク機器名にPCのフォルダが表示されません。
「え~、そんな番組ないよ!」って場合は、ライン入力の画面にして手動で適当に録画しましょう。ダビング制限の無い番組ができあがります。

なお、受信側のRDがダビング要求を「受け付ける」設定になってる必要があるので注意。
 ※BZ-800の場合:設定メニュー → ネット機能設定 → イーサネット/ネットdeダビング設定 → ダビング要求


上記方法で5分10秒の番組をダビングしたところ、RDからPCへは4分39秒、PCからRDへは40秒でした。
PC→RDは、ダビング完了後の処理にさらに40秒ほど必要。
PC上にできたmpgファイルの容量は、354MBでした。

|

« ラウンジゲームの結果(2011/12) | トップページ | 操作が気持ちいい!「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/53707907

この記事へのトラックバック一覧です: PC経由での東芝製HDDレコーダー間のダビングに関するメモ:

« ラウンジゲームの結果(2011/12) | トップページ | 操作が気持ちいい!「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」 »