« 土産物レビューその9-2:柴舟小出の「柴舟」 | トップページ | 出だしは素敵なのに »

2012.02.05

草原の王朝 契丹 美しき3人のプリンセス in 静岡県立美術館

先日、静岡県立美術館で企画展「草原の王朝 契丹 美しき3人のプリンセス」を観てきました。

美術展概要<br />

これは福岡に始まって、静岡→大阪→東京と巡回する美術展です(専用サイトもある)。
1000年前の北アジアに存在した民族、契丹が造り上げた王朝の古墳に眠る出土品を、三人の王妃に焦点をあてて展示しています。

金や銀で作られた装飾品や豪華な馬具など、騎馬民族の王族にふさわしいものが多数。
馬具は個別に展示されてましたが、これどうやって馬に装着されてたかを再現した状態で見てみたかったなぁ。

そして絢爛豪華なものが多く、日本との文化の違いが感じられます。
まるで御輿のような派手な木棺(ちゃんと現存してるのがスゴイ)や、台形の硯を見て、特に実感。
あと、龍や鳳凰のデザインは、さすが本場?だけあって日本のモノよりも迫力がありましたね。


ついでに観てきた他の展示。

ロダン館
静岡県立美術館と言えば「地獄の門」なわけですが、「やぐらプロジェクト」なるものを開催していて間近で鑑賞できるようになってました。

やぐらプロジェクト<br />

まぁ、全体を見ようとすると櫓が邪魔なんですけどね(苦笑)
でも裏にある点検口から内部が見られるようになっていて これはなかなか面白かったです。


・収蔵品展「円山・四条派の絵画
展示物は少なかったですが、円山応挙の「竹雀図屏風」と「木賊兎図」がすごく見応えありました。
雀と兎。今日はこの2作品が一番の収穫だったかも。

|

« 土産物レビューその9-2:柴舟小出の「柴舟」 | トップページ | 出だしは素敵なのに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/53752282

この記事へのトラックバック一覧です: 草原の王朝 契丹 美しき3人のプリンセス in 静岡県立美術館:

« 土産物レビューその9-2:柴舟小出の「柴舟」 | トップページ | 出だしは素敵なのに »