« ラウンジゲームの結果(2012/01) | トップページ | 土産物レビューその10:六花亭の「ル・フロマージュ」 »

2012.02.10

操作もストーリーも面白い「HOSPITAL. 6人の医師」

Wiiの「HOSPITAL. 6人の医師」をクリア(※リンク先は音が鳴るので注意)。

タイトルにあるように、6人の医師(外科/内視鏡/整形外科/救急救命/診断/検視)の仕事を体験するゲームです。
それぞれ別個のシナリオになっているので、誰から初めてもどのように進めても自由。
基本的に一つの病院を舞台としているので登場人物はシナリオ間でリンクしており、やがて・・・


ヌンチャクとリモコンを手術道具に見立てて手際よく治療を行っていくんですが、医師によって使う器具が異なるので、操作方法もそれぞれ別。
ステージごとにランクとスコアが表示されるため、「もっと上手くできるのに(´・ω・`)」と思えば何度でも再挑戦可能。
このへん、アクションゲーム感覚ですね。

微妙な操作が要求されるから、リモコンを持つ腕を固定してると比較的楽にできました(肘掛け椅子を使用)。
でも内視鏡は苦労したなぁ。内視鏡を操作するのに、上下反転できないのがツライ・・・
オプションで変更できるようになってればよかったのに。

ちなみに手術シーンは清潔な感じのCGで描かれているため、リアルではありません。
手術ゲームと言うと「Life & Death」が思い浮かびますが、あんな風にグロくないから、遊んでいて気分が悪くなるようなことも無いと思います。

なお、診断と検視は推理ゲームのような作りになっており、のんびりプレイ可能。
ずっと手術が続くと緊張を強いられるので、適当なタイミングで診断や検視を選んで緩急つけて遊んでました。
こうやって自分の好きなようにシナリオ選んで遊べるのは、自由度が高くて◎。


シナリオの前後では登場人物の会話シーンが描かれるんですが、ここの画面割りやカットインが格好いい!
この辺りの演出や、ゲーム起動後の画面なんかが「花と太陽と雨と」(PS2)を彷彿とさせるセンスを感じさせます(あれも演出が素晴らしいゲームだった…)。


オススメ度:★★★★★

扱っている内容ゆえか、ゲームから伝わってくる緊張感が遊んでいる側にも伝播してきます。
この辺りの一体感が、お見事。
謎が謎を呼び、途中からやめられない止まらない状態になるので、良質のアドベンチャーゲームだとも言えます。
手術パートの難易度は低めだから、(高スコアを狙わず)先に進むだけなら割と簡単。
そんなわけで、医療現場を舞台にしたドラマとか好きなヒトにもオススメ。

|

« ラウンジゲームの結果(2012/01) | トップページ | 土産物レビューその10:六花亭の「ル・フロマージュ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/53889052

この記事へのトラックバック一覧です: 操作もストーリーも面白い「HOSPITAL. 6人の医師」:

« ラウンジゲームの結果(2012/01) | トップページ | 土産物レビューその10:六花亭の「ル・フロマージュ」 »