« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012.02.29

「MASTERキートン」の続編かぁ

「MASTERキートン」の続編が執筆決定!舞台は20年後
http://news.mynavi.jp/news/2012/02/29/120/

連載中から読んでたし、単行本ももちろん持ってる「MASTERキートン」。
「マスター・オブ・ライフ」のエピソードは何度読んでもココロに沁みます・・・
浦沢直樹は、やっぱりこの作品が一番面白いと思う。

本編がすごく綺麗に終わったから、20年後の話とは言え今更続編って言われてもねぇ。。。
とはいえ、やっぱり気になるわけですが。


何年も前に解散したアーティストが復活、でも音楽が今風になってて全然馴染めない。
なんてことが音楽の世界では多々ありますので(苦笑)、MASTERキートンもあまり期待せずおきますか。

続編は3月19日発売のビッグコミックオリジナルにて。
久々に買うかな。

| | トラックバック (0)

2012.02.28

Avast!ちゃんが息を吹き返しましたっ

今日もやっぱり更新ができないAvast!。
状況確認をしようと2ちゃんねるのavast!スレ(セキュリティ板)に行ったら、こんな情報が。

534 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/28(火) 11:29
IMPORTANT! Fix utility for corrupted avast! v6/v7 installations
ttp://forum.avast.com/index.php?topic=94514.0

EXE->
ttp://public.avast.com/supp/FixUpdate.exe

アップデートが固まって先に進まない人用の公式修正ツール
鯖調整中にアップデートかけた人はデータが破損してそれ以降アップデートが効かなくなる場合があり、その場合はこれを使って直すとよろし
v6/v7兼用

さっそく上記の修正ツールをダウンロードして実行。
すぐに終わったので、Avast!の更新を試してみると・・・お~成功!
プログラムは7.0.1407のままだけど、定義ファイルは120228-1になりました。

今まではPCを起動するたびに「アバストのアップデートは完了です」ってなメッセージが毎回表示されてたけど、これも消滅。
中途半端にアップデートされた状態のままだったってところかな。
やれやれ、とりあえず解決かぁ。

ところで2ちゃんねるにAvast!関連の板ってたくさんあるのね。
人気あるなぁ、色んな意味で(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.27

Avast!ちゃんが息をしてません

いつものようにPC起動直後にAvast!(無料ウイルス対策ソフト)の「プログラム更新」をチェックしたところ、新しいヤツが導入されて再起動を促される。
プログラムの更新は珍しいことぢゃないので特に気にしなかったけど、再起動したら画面デザインが変わってるから、どうやらメジャーアップデートだったようで。

でもFireFoxやChromeに変なWeb評価ツールを勝手にインストールするのは勘弁してほしい・・・

新版ってのは概ね不安定なシロモノですが、今回はプログラムの更新も、定義ファイルの更新も手動で行えないんですけど・・・
(実施しても無反応)


まぁそんな状態が2日ほど続いてます(苦笑)
評価ツールはアンインストールで済んだけど、更新できない状況は変わらず。
XP SP3のPCが2台とも同じ状況なり。
更新を試みてもウンともスンとjも言わず(キャンセルすると「接続が確立されていません」とか表示される)。
サーバーが応答してないのかしら?
ちなみに、プログラムのヴァージョンは7.0.1407。

こりゃあ乗り換えを検討すべきかな~。


「アバスト! 無料アンチウイルス 7」公開、定義ファイル常時更新など機能強化
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120224_514508.html


関連記事:
Avast!ちゃんが息を吹き返しましたっ
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2012/02/120228-1-701407.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.26

きのことベーコン

燻製をやってる友人のところからベーコンをブロックで入手したので、最近は色々なものと一緒に炒めてます。

最初はアスパラと。まぁ基本ですな。
旨さは文句なしだけど、フライパンに残る油の量が凄かった。
そのまま洗ったら、スポンジに多大なダメージが(苦笑)

次は椎茸&舞茸。
油をキノコが吸収してくれるから、旨いし後片付けも楽だし、一石二鳥。
でも舞茸の存在感が薄い・・・

さらに椎茸&エリンギ。
これも充分うまいけど、なんか椎茸とエリンギの組み合わせは食感が違いすぎて今ひとつ。


で、結局椎茸のみに落ち着きました。
バターをひいたフライパンでベーコン炒めて、頃合い見計らって椎茸いれるだけ。
味付けは黒胡椒と醤油。
あっという間に出来上がるのに、反則的に旨い(笑)

手間をかけた料理って、いくら美味しくてもすぐ食べ終わると虚しいもんですが、この手軽さなら無問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.24

iTunesがますます便利になったことを実感す

iTunesの覚醒から二日。
22日は色んな事が同時に起こりすぎてワケワカメでしたが(苦笑)、落ち着いて考えてみるとますます便利になったなぁ、と。

以前はDRM有り/無し2種類の音楽が流通していたのが、今はDRM無しのみ。
ってことはiTunesStoreで購入した曲はどんな機器からでも聴くことができるわけで。
これまではココロの片隅で「Appleが音楽サービスから撤退しちゃったら購入した曲が聴けなくなるかも…」なんてことを思っていたわけですが、もうそんな心配しなくていいんだよね。

だから手元に「CD」として残しておきたい場合を除けば、全部iTunesStoreで買えばいいや、と思う次第です。
新譜なら配信の方が2割くらい安いし。
まぁ、たまに配信してるヤツは曲数が少ない場合もあるから注意が必要ですが(苦笑)


そしてiCloud対応。
「購入した楽曲をPCのHDDからCloud上にアップロード・・・」なんて作業が不要だから楽ですね。
PCで購入した曲がiPadに無ければ、購入履歴からたどってiTunesStoreから再ダウンロードすればいいだけ(もちろん料金不要)。
ちなみに、先日Storeから消失した曲でもこの「再ダウンロード」は可能でした。
ってことはAppleのサーバー上から曲が一掃されたわけぢゃないのね。


他社を尻目にますます便利になっていくiTunes。
このままどこまで突き進んでいくんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.22

iTunes覚醒!

アップル、日本でiTunes in the Cloud開始 -iTunes購入曲をiCloud経由でiOS/PC同期
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120222_513651.html

さらに、アルバム全曲を差額だけでダウンロードする機能も追加。iTunes Storeで一部の曲だけを購入したあとに、アルバム全部が欲しくなった場合に「コンプリート・マイ・アルバム」機能が利用できる。これにより、すでに購入した曲の金額がアルバムの価格から差し引かれ、差額だけでアルバム全曲を購入できる。

↑に引用した、コンプリート・マイ・アルバムの機能を試してみました。
以前に2曲だけ購入した谷山浩子のアルバムを表示させてみると・・・

iTunes20120222
(クリックで拡大)

お~、通常1500円のところ、2曲分の金額を割り引いた1200円で買えるようになってる!
これ以前ならバラで買うか(それだとアルバムディスカウントにならない)、重複しちゃうのを承知でアルバムとして買うしかなかったんだよね。
うん、便利になりました。


その後、AV Watchにこんな記事が。

アップル、2012年後半に「iTunes Match」を国内展開 -Store全楽曲がDRMフリー/256kbpsに
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120222_513763.html

ここで気になったのは、以下の部分。

また、今回のiTunes Storeリニューアルにあわせて、DRMフリー/256kbps AACの「iTunes Plus」の対象が「販売全楽曲」となり、多くの楽曲がDRMフリーとなっている。インタビューの模様やiTunes in the Cloudの詳細などは別記事を参照して欲しい。

全曲iTunes Plus対応とな!
なるほど、手持ちの楽曲でiTunes Plusにアップグレード(有料)できる曲の数が増えてる!
あれ?でも対象曲が少ないなぁと思ってiTunesStoreを巡ってみると・・・
Lantisの楽曲がごっそり消えてるorz
現時点ではiTunes Plus未対応ってことで、楽曲取り下げですかね。
早期の復帰を望みたいけど・・・この辺りは交渉次第か。

あと、250円の曲って前からあったかしら? これもDRMフリーの影響なのかな?
(250円の曲も、アルバムで買う場合の値段は、以前と変わらない模様)


そして夜になったらこんな記事が。

iTunes in the Cloudでは、ソニーの一部楽曲の取り扱いも開始
http://iwire.jp/articles/2012/02/22/itunes/index.html

マイケル・ジャクソンやビヨンセ、セリーヌ・ディオン、Sadeなどの洋楽を中心にソニー・ミュージック系の一部楽曲の提供を開始した。

洋楽中心とは言え、このタイミングで遂にソニーがiTunesに参入か!!
これから邦楽も増えますように。


しかし色んな事が同時に起こったなぁ。
なんだかiTunes Music Storeが日本でオープンした日のことを思い出してしまいました。
そんな激動の一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.21

土産物レビューその11:又一庵の「栗きんつば」

本日の土産物レビューは、静岡県磐田市にある又一庵の「栗きんつば」です。

栗きんつば箱

商品名:栗きんつば
製造:又一庵
価格:160円(5個入り800円)
購入場所:グランドショップ静岡
賞味期限:夏場/7日間 冬場/9日間

栗きんつば包装

こんな感じの個包装になってます。1個ずつに賞味期限が書いてあるのは◎。
そして中身はこちら。

栗きんつば中身

見た目は以前レビューした金沢・中田屋のと似てますが、あちらに比べると皮が厚い。
粒あんは甘さは控えめで、上品な味わい。
栗は確かに入ってるんだけど、あまり存在感がありません。完全に小豆に負けてます。

オススメ度:★★★☆☆

やはり中田屋の方が上だわ~。
ちなみに又一庵のドメインは「kintuba.com」で、中田屋は「kintuba.co.jp」でした。
ひょっとしてライバルなのかしら?


他の「土産物レビュー」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.20

うえの華灯路 浮世絵行燈

昨日、コンサートが終わって東京文化会館からの帰り道。
正面口(京成上野駅方面)に向かって歩いて行くと、途中からほのかな灯りが道の両側に。

うえの華灯路


近づいてみると、こんな感じ。

うえの行灯

ひとつひとつ、異なる絵柄の浮世絵でした。
近くの立て看板を見たら、「うえの華灯路 浮世絵行燈」って書いてある。イベントなんですね。
なかなか洒落たことするなぁ。

ゆっくり鑑賞したかったんだけど、いかんせん寒すぎて・・・
来月は上野の美術館に行く予定だけど、その頃にはもうイベント終わってるのか、残念。


うえの華灯路 浮世絵行燈【2011/12/16日(金)~2012/2/26日(日)】
http://tanken.guidenet.jp/?p=26590

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.19

ポピュラーウィーク2012 「武部聡志 feat. 手嶌葵,城南海,熊木杏里」 in 東京文化会館小ホール

絶品ピアノの武部聡志と、絶品ヴォイスの手嶌葵。
昨年8月の「コクリコ坂から」公開記念コンサートに続いてこの二人のコラボが見られるってことで、東京文化会館小ホールに行ってきました。

東京文化会館

本日の座席は、最前列中央ブロック左端付近。
近くから見ると、シンプルで小ぶりな舞台なのがよく分かります。
腰の高さくらいの段になっており、見上げる感じでずっと見てました。
この距離だと、武部さんがピアノ弾くときに足でリズムを取る音もよく聞こえましたね(ピアノはスタンウェイ)。
そして相変わらず、座り心地のいい椅子が素敵なホールです。


武部聡志は司会も兼任。
「僕らの音楽」のテーマ曲でコンサートスタートです。

まず登場したのは城南海
名前も曲も多少知ってるけど、「きずき みなみ」って読むのか。
ホームページで見る写真だとキリっとした感じですが、実際に見ると普通の女の子でした(衣装のせいもあると思うけど)。
でも歌はうまいなぁ。
奄美大島出身ってことで、あの独特の歌唱法(グインって言うのか)を時折使いつつ堂々と歌うサマは、とても22歳とは思えません。

途中、PA(ホールの音響)を切って生歌&生ピアノで一曲披露。
今まで色んなコンサートを観てきましたが、これは初めての経験。
とてもシンプルな感じになるけど、普通に問題なく聞こえました。声の繊細な響きがより伝わります。
さすがは東京文化会館(ここは音が良いことで有名なホールです)。
最後に蛇皮線を弾きながら島唄を歌ってくれたんですが、「ピアノではリズムが取れない」ってことで武部さんは太鼓担当。
太鼓を叩く武部聡志・・・うん、珍しいモノを見せていただきました(笑)


続いて手嶌葵
コクリコ坂の音楽に合わせて登場です。
歌ったのは、
 01.朝ごはんの歌
 02.初恋の頃
 03.さよならの夏~コクリコ坂から~
の3曲。
これまで何度か彼女の歌う姿を見てますが、今までで一番リラックスしてるように感じました。
本日登場した三人の中では一番声量がないのに、武部聡志のピアノを凌駕する歌声を披露してくれて、さすが。
最後の「さよならの夏」は絶品でした。


最後は熊木杏里
デビュー10周年ってことで、三人の中では一番のベテラン。
彼女の曲はあんまり知らないんですが、素敵な伸びのある歌声ですね。
途中で特別ゲスト、ギターの小倉博和が登場。
まずはギターソロ、続いてピアノが入って「Amazing Grace」(歌なし)。いやいやこれが物凄かった!
こんなに華麗にギターの弦をつま弾くヒトは初めて見ました。すごい!
ギター演奏聴いて衝撃を受けたのは、小室等に続いて二人目です。

その後に歌った「がんばります」って曲。
MCでも話題になってましたが、すごくフォークソングっぽい。確かに吉田拓郎を彷彿とさせるわ。
これを含め、終盤で歌った曲は2/22に発売される新アルバムに収録されてるようなので、購入を検討中。


アンコールは全員登場して荒井由実の「やさしさに包まれたなら」。
これも良かったなぁ。音源にして発売してほしい・・・

開始から終了まで1時間半と少し。
とても歌の上手い三人(しかもタイプが違う)の歌声が音響の良いホールで聴けたのは大満足。
・・・だけど手嶌葵をメインで観に行った身としては、もう少し彼女の歌声が聞きたかったトコロ。
あと3曲くらい聴きたかったなぁ。話の流れから「流星」(吉田拓郎のカヴァー)聴きたかったなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.18

「シアトリズム ファイナルファンタジー」ファーストインプレッション

発売日に購入した「シアトリズム ファイナルファンタジー」、毎日楽しく遊んでます。
(※リンク先は音が鳴るので注意)
とりあえずスタッフロールは見たけど、まだ遊び込んだと言うには程遠いので今回はファーストインプレッションをば。


これ、音ゲーです。登場する楽曲は、FF1~13までの音楽。
タッチペンでタイミング良く画面をタッチするわけですが、ゲームの種類は次の3つ。
 ・フィールド画面
 ・戦闘シーン
 ・イベントシーン
と言っても、やることはどれも同じです(タッチ/押しっぱなし/矢印の向きにスライド、のいずれかの操作をする)。
フィールド画面と戦闘シーンはどのシリーズも似たような感じですが、イベントシーンはその名のとおり各作品の印象的なシーンが背景になってるから、見とれていてミスすることがしばしば(苦笑)

そしてこのゲームの最大の特徴は、歴代FFの登場人物から4人パーティを組むこと。
曲をクリアすれば経験値がもらえ、経験値が貯まればレベルアップ。
レベルアップ時にはアビリティを覚えることがあり、ゲームが有利になる効果を発揮します。
とまぁこんな感じで、色んなキャラクターを育てたり、どのアビリティを装着するか悩んだり…といったRPG要素が楽しめます・・・ってゆうかこれがメインか(笑)
キャラクターが成長すれば、フィールド画面で更に先に進めたり、戦闘シーンで多くの敵を倒したりできる(はず)。

また、このゲームにはすれちがい通信の要素もあって、そこでランダム生成の楽譜が手に入ります。
楽譜によって楽曲や登場するボス、それにもらえるアイテムなども異なるので、このへんはDQ9のすれちがい通信みたいな感じ。

難易度は低め。
一番やさしい「基本のコース」なら、簡単にクリアできます。
「すっぴん」(装備やアビリティをすべて外す)とボーナスポイントもらえるので、これで高スコアを狙うことも可能。

FFシリーズは1,2,4,5,6,9,10,12を遊びましたが、経験済みの作品だとたとえ内容をすっかり忘れていても音楽は聞き覚えがありますね。
FF2の「反乱軍のテーマ」懐かしいなぁ!
これ聴いてると、ヒルギガースに苦労させられたのを思い出す・・・
そんなわけで、FFをこれまでに何作か遊んだことのあるヒトにオススメできるタイトルです。
音ゲーとしても育成ゲームとしても、よくできてるわぁ。
ただFFの音楽ゲームを作りましたってだけぢゃなく、しっかりFFの要素を組み込んでるところが心憎い。

↓は現在のプレイ状況。

シアトリズムの現状


関連記事:
「シアトリズム ファイナルファンタジー」~その後
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2012/03/post-5b65.html

実にFFらしい音ゲーの傑作「シアトリズム ファイナルファンタジー」
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2012/04/post-5b65.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.16

おかずになる味噌汁 マルコメの「京懐石」

マルコメ「京懐石」は、フリーズドライの味噌汁。
マルコメの通販サイトで売ってます。

新聞広告で見かけて、「味噌を造ってるメーカーの味噌汁なら旨いんぢゃ…」と思い試しに買ってみました(10種類が2食ずつ入ってるヤツ)。
うん、なかなかイケますねこれは。
具に存在感があって、ちゃんとおかずになる味噌汁です。

店で売ってるヤツって、
 ・「あさげ」に代表される、あっさりした「味噌スープ」
 ・カップに入った生タイプの「それなりに旨いけどかさばる」タイプ
の2タイプが主流ですが、どちらも今ひとつ。

まぁ自分で作ればいいんだけど、1食分つくるのは効率悪すぎるし(苦笑)

そんなわけで、このマルコメの味噌汁はイイ線いってるんぢゃないかと。
お湯を入れるだけでこんだけ旨いなら、まぁ文句なし。
具のヴァリエーションが色々あるから飽きないし、この出来なら1食あたり約100円でも高くは感じず。


「無くなったらもう一回注文するか…」と思う程度に気に入ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.15

ギャラクシーバレンタイン! in 横浜GALAXY

昨日、横浜GALAXYで榎本くるみが出演するライヴイベントを観てきました。
ここは京急南太田駅から徒歩5分弱、昨年11月にオープンしたばかりのライヴハウス。
郵便局の地階にあるので、場所が分かりやすくて助かりました。

ギャラクシーバレンタイン!

キャパ150って聞いてましたが、かなり小さいハコです。
ステージ左手がバーカウンター(カウンターの奥は出演者の荷物置き場だった)、右手にソファーとテーブルがあって、中央がスタンディングスペースでした。
蛍光灯の一部がブルーライトになっていて、白いモノが身近にあると綺麗に光ります。
あれってまっ白ぢゃないと全然反応しないのね、なんだかフシギ。


本日のライヴは、バレンタインってこともあって出演アーティストは女性のみ。
そしてチョコレートが食べ放題でした(笑)
以下、出演順に簡単な感想など。

◆ヨダマリエ
・キーボード弾き語り
・透明感のある歌声がよかった
・手製の煮干しとアーモンド炒めを持参 これすごく旨かった!甘辛な感じで相性が絶妙ナリ

◆塩入冬湖(THE VITRIOL)
・エレキギター弾き語り
・ギターの音色と歌声がすごくマッチしてた

みたに
・アコースティックギター弾き語り
・ギターをかき鳴らす音色が心地よかった
・ちょっとフォークっぽい

石原有輝香
・前半はアコースティックギター、後半はキーボード弾き語り
・ギターだと歌も演奏も力強く、キーボードでは演奏が柔らか
・言葉からして沖縄のヒトかと思いきや、宮崎出身だった

榎本くるみ
本日のセットリスト。02と03は柴咲コウのカヴァーです。04は本人の曲かちょっと分からず。
 01.打ち上げ花火
 02.最愛
 03.かたちあるもの
 04.ラブレター
 05.ビューリフォー
 06.あなたに伝えたい

サポートはキーボードのみ。
このライヴハウスは、かつてのマネージャーが経営してるんだそうです。
Tシャツに書かれた「Why not!」の文字が印象的でした。
次のライヴは3/4、渋谷LOOPとのこと。
しかしカヴァー曲でも彼女が歌うと「榎本くるみの歌」として成立しちゃうから、さすがの歌唱力です。
最後に歌った「あなたに伝えたい」、今まで何度も生で聴いてますが、今日のはココロにずしんと響きました。


開始から終了まで3時間半弱。
みんな切々と歌い上げるような感じだったから、そうゆう人たちを集めたんでしょうか。
どのアーティストも、すごく素敵でした(思わず、みたにのCDを購入)。
横浜まで観に来た甲斐があったなぁ。

あと、アーティスト間の中断時間がほとんど無かったのも良かったですね。
(榎本くるみ以外はソロだったから、楽器のチューニングなどにほとんど時間が掛からない)
この辺りのテンポがいいと、音楽に集中できます。
居心地も良かったので、また面白そうなイベントがあれば訪れてみたいライヴハウスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.12

土産物レビューその10:六花亭の「ル・フロマージュ」

土産物レビュー、今回は六花亭の「ル・フロマージュ」です。
と言っても北海道に行ったわけではなくて、通販で買ったモノ。
そんなわけで全然「土産物」では無いわけですが、まぁキニシナイ(笑)

ル・フロマージュ外装

商品名:ル・フロマージュ
製造:六花亭
参考価格:160円
購入場所:六花亭オンラインショッピング
賞味期限:2日間

ル・フロマージュ中身

こんな感じのロールケーキです。

通販で買えるのは1月のみ、しかも詰め合わせ商品限定のシロモノ。

チーズスポンジにチーズクリームのしっとりとした味わいで、口の中で溶けるような柔らかさ。
ほのかなレモンの香りが上品な洋菓子です。
スポンジとクリームが渾然一体としていて、ふつうのロールケーキとは全然違いますね。
食感としては、おせち料理に入ってる伊達巻きに近いものがあります。

「参考価格」としたのは、実店舗で売ってる値段がこれだから。
その場合クリームやフルーツが載ってるので、それよりも安いはず。


オススメ度:★★★★★

六花亭のお菓子は何を食べても旨いんですが、これはその中でも上位に入る旨さ。
値段も安いし、文句なし。
また来年も注文するか・・・


他の「土産物レビュー」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.10

操作もストーリーも面白い「HOSPITAL. 6人の医師」

Wiiの「HOSPITAL. 6人の医師」をクリア(※リンク先は音が鳴るので注意)。

タイトルにあるように、6人の医師(外科/内視鏡/整形外科/救急救命/診断/検視)の仕事を体験するゲームです。
それぞれ別個のシナリオになっているので、誰から初めてもどのように進めても自由。
基本的に一つの病院を舞台としているので登場人物はシナリオ間でリンクしており、やがて・・・


ヌンチャクとリモコンを手術道具に見立てて手際よく治療を行っていくんですが、医師によって使う器具が異なるので、操作方法もそれぞれ別。
ステージごとにランクとスコアが表示されるため、「もっと上手くできるのに(´・ω・`)」と思えば何度でも再挑戦可能。
このへん、アクションゲーム感覚ですね。

微妙な操作が要求されるから、リモコンを持つ腕を固定してると比較的楽にできました(肘掛け椅子を使用)。
でも内視鏡は苦労したなぁ。内視鏡を操作するのに、上下反転できないのがツライ・・・
オプションで変更できるようになってればよかったのに。

ちなみに手術シーンは清潔な感じのCGで描かれているため、リアルではありません。
手術ゲームと言うと「Life & Death」が思い浮かびますが、あんな風にグロくないから、遊んでいて気分が悪くなるようなことも無いと思います。

なお、診断と検視は推理ゲームのような作りになっており、のんびりプレイ可能。
ずっと手術が続くと緊張を強いられるので、適当なタイミングで診断や検視を選んで緩急つけて遊んでました。
こうやって自分の好きなようにシナリオ選んで遊べるのは、自由度が高くて◎。


シナリオの前後では登場人物の会話シーンが描かれるんですが、ここの画面割りやカットインが格好いい!
この辺りの演出や、ゲーム起動後の画面なんかが「花と太陽と雨と」(PS2)を彷彿とさせるセンスを感じさせます(あれも演出が素晴らしいゲームだった…)。


オススメ度:★★★★★

扱っている内容ゆえか、ゲームから伝わってくる緊張感が遊んでいる側にも伝播してきます。
この辺りの一体感が、お見事。
謎が謎を呼び、途中からやめられない止まらない状態になるので、良質のアドベンチャーゲームだとも言えます。
手術パートの難易度は低めだから、(高スコアを狙わず)先に進むだけなら割と簡単。
そんなわけで、医療現場を舞台にしたドラマとか好きなヒトにもオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.08

ラウンジゲームの結果(2012/01)

リネージュ、1月のラウンジゲームの結果。

宝箱(10パール) ×6
ビンゴ(50パール) ×5
計310パール

あと2マスで全部埋まったのに・・・惜しい。
やっぱりジャンケンは気合いだよね!(謎)

これまでの結果はこちら。

2009/05 宝箱:7  ビンゴ:2  合計:170
2009/06 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2009/07 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2009/08 宝箱:8  ビンゴ:1  合計:130
2009/09 宝箱:7  ビンゴ:3  合計:220
2009/10 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2009/11 宝箱:7  ビンゴ:0  合計: 70
2009/12 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/01 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/02 宝箱:4  ビンゴ:1  合計: 90
2010/03 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/04 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/05 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/06 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2010/07 宝箱:7  ビンゴ:0  合計: 70
2010/08 宝箱:8  ビンゴ:0  合計: 80
2010/09 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2010/10 宝箱:3  ビンゴ:2  合計:130
2010/11 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/12 宝箱:4  ビンゴ:1  合計: 90
2011/01 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 50
2011/02 宝箱:6  ビンゴ:0  合計: 60
2011/03 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2011/04 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2011/05 宝箱:8  ビンゴ:1  合計:130
2011/06 宝箱:3  ビンゴ:2  合計:130
2011/07 宝箱:5  ビンゴ:0  合計: 50
2011/08 宝箱:9  ビンゴ:1  合計:140
2011/09 宝箱:7  ビンゴ:1  合計:120
2011/10 宝箱:6  ビンゴ:6  合計:360
2011/11 宝箱:3  ビンゴ:2  合計:130
2011/12 宝箱:5  ビンゴ:0  合計: 50

2011/10 宝箱獲得:12,340人 ビンゴ成立:3,198人
2011/11 宝箱獲得:12,687人 ビンゴ成立:3,030人
2011/12 宝箱獲得:14,091人 ビンゴ成立:3,047人
2012/01 宝箱獲得: 9,622人 ビンゴ成立:2,815人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.07

short cutと文楽と

三谷幸喜が脚本・監督を手がけたWOWOWのドラマ「short cut」を見ました。
最初から最後まで112分間をワンシーン・ワンカット(いわゆる長回し)で撮影した作品です。
出演は、中井貴一・鈴木京香・梶原善。

定点観測みたいな長回しは割とよく見ますが、このドラマはひたすら山道を歩くロードムービーのような作り。
その困難な状況を「全編を長回しで撮りました」って心意気は買うけど、作品としては微妙・・・
メイキングで三谷幸喜が「ドキュメンタリーみたいになった」って語ってましたが、まさにそんな感じ。
ず~っとドキュメンタリー映像見てるようでした。いやいや見たいのはドラマなんですけど(苦笑)

役者の演技は素晴らしいので、ここはやはり「長回し」に問題があるかと。
(脚本も長回しを前提で書いてるから)

監督としていろんな事に挑戦したいんだろうけど、やっぱり三谷幸喜は監督には向いてないと思うなぁ。
「ステキな金縛り」以外の監督作品は見てますが、どれもそんなに面白くない(※決してつまらないわけではないので、念のため)。
一番楽しめたのは「ラヂオの時間」だけど、これ元々は舞台作品だし。

やっぱり三谷作品は舞台の方が圧倒的に面白いと思います。LIVEで見ても、映像で見ても。
映画と舞台では制約が全然異なるから、そのあたりに原因があるのかしら。


そんな三谷幸喜が今年の舞台作品を発表。

三谷幸喜氏、パルコ劇場で3か月連続舞台!
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120207-OHT1T00012.htm

チェーホフの「桜の園」、文楽「其礼成心中」、そして「なにわバタフライNV」の再演。
パルコ劇場のHPでも、さっそく情報がアップされてます。

「なにわバタフライ」は新旧ともに観てるからいいとして、あとの2作品は観に行かなくちゃ!
しかし文楽とは・・・以前上演したパルコ歌舞伎(決闘!高田馬場)がすごく面白かったから、これも期待。
「桜の園」には浅丘ルリ子が出演かぁ。
どちらも、無事にチケットが取れますよ~に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.06

出だしは素敵なのに

最近J-POPを聴いてると、曲の出だしは女性ヴォーカルでいい感じなのに途中からラップが入って台無し、ってパターンによく遭遇します。

アーティスト名が「○○ featuring ××」ってなってることが多いから、女性ヴォーカルはあくまでもゲスト・・・なのは分かるんだけど、せっかくいい曲なんだからそのまま歌いきってもらえばいいのに。
両者がうまくハモってくれればまだしも、別モノみたいになってるし。

凄くもったいない気がするんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.05

草原の王朝 契丹 美しき3人のプリンセス in 静岡県立美術館

先日、静岡県立美術館で企画展「草原の王朝 契丹 美しき3人のプリンセス」を観てきました。

美術展概要<br />

これは福岡に始まって、静岡→大阪→東京と巡回する美術展です(専用サイトもある)。
1000年前の北アジアに存在した民族、契丹が造り上げた王朝の古墳に眠る出土品を、三人の王妃に焦点をあてて展示しています。

金や銀で作られた装飾品や豪華な馬具など、騎馬民族の王族にふさわしいものが多数。
馬具は個別に展示されてましたが、これどうやって馬に装着されてたかを再現した状態で見てみたかったなぁ。

そして絢爛豪華なものが多く、日本との文化の違いが感じられます。
まるで御輿のような派手な木棺(ちゃんと現存してるのがスゴイ)や、台形の硯を見て、特に実感。
あと、龍や鳳凰のデザインは、さすが本場?だけあって日本のモノよりも迫力がありましたね。


ついでに観てきた他の展示。

ロダン館
静岡県立美術館と言えば「地獄の門」なわけですが、「やぐらプロジェクト」なるものを開催していて間近で鑑賞できるようになってました。

やぐらプロジェクト<br />

まぁ、全体を見ようとすると櫓が邪魔なんですけどね(苦笑)
でも裏にある点検口から内部が見られるようになっていて これはなかなか面白かったです。


・収蔵品展「円山・四条派の絵画
展示物は少なかったですが、円山応挙の「竹雀図屏風」と「木賊兎図」がすごく見応えありました。
雀と兎。今日はこの2作品が一番の収穫だったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.03

土産物レビューその9-2:柴舟小出の「柴舟」

金沢で買ってきたお菓子レビューさいご。

商品名:柴舟
製造:柴舟小出
値段:15枚入りで550円+消費税
購入場所:金沢百番街
賞味期限:90日間(包装未開封状態)

柴舟<br />

堅めの煎餅に生姜砂糖が塗られているので、甘いけどピリっくる不思議な食感。
お茶請けにピッタリなお菓子です。
これ食べると少し体があったまる感じがするのは、気のせいかしら・・・


バラ売りが無かったので、一番量が少ないヤツ(15枚入り)を購入。
こんな感じで包装されてます。

柴舟包装<br />

一枚あたり40円弱ですよ!安いなぁ。それでいて、しっかり食べ応えがある。
おまけに個包装で賞味期限が長くてインパクトのある味は、まさに土産物の王道といったところ。
(ちゃんと一枚ずつに賞味期限が印刷されてるのも◎)


オススメ度:★★★★☆


他の「土産物レビュー」はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.01

色々もどかしい「TRICK×LOGIC Season2」

PSPの「TRICK×LOGIC Season2」をクリア(リンク先は音が鳴るので注意)。
7人のミステリー作家が書いた短編推理小説(Season1と2で5本ずつ、計10本)を読んで、そこから犯人を捜し当てるゲームです。
文章中の特定の語句がキーワードとしてハイライトされるので、そのキーワードを組み合わせて疑問点や矛盾点を探していきます。

Season1と比べて文章の長い話が増えたので、その組み合わせ作業が難儀になりました。
「たぶんこうなんだろうな」ってのが分かっても、それを表現するための組み合わせが、なかなか見つからない。
結局色んなキーワードを片っ端から当てはめる作業になって、これってコマンド総当たりのアドベンチャーと変わらないんぢゃないか、と(苦笑)
だから、とっても、もどかしい(笑)

とまぁこんな感じで、Season1の時にはあまり感じなかった不満が少々目立ちます。
短編ならこのシステムでいいけど、中編以上になると一工夫必要かと。
でも推理小説を読み込んで犯人捜しをするって面白さはあるから、今作をうまいこと発展させたシステムでこの先も続けていってほしいトコロ。

ちなみに最終話は文章の長さが妥当で、しかも直球勝負の謎かけ。すごく面白かったデス。
さすがは我孫子武丸。


オススメ度:★★★☆☆

関連記事:
一筋縄ではいかない良作「TRICK×LOGIC Season1」
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2010/08/tricklogic-seas.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »