« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012.03.31

朝ドラの最高傑作「カーネーション」

あぁ「カーネーション」が終わってしまった・・・
尾野真千子が主演だからと普段の朝ドラよりも期待して見始めましたが、その期待を遙かに上回る出来でした。
個人的には、過去最高傑作(次点は、あぐり)。

ずっとBSの一挙放送を一気見してたけど(続きが気になるので、途中で止められない)、最終週は毎日視聴。
朝ドラを毎朝見たのは、これが初めてデス。
しかし最終話であんなメタ展開になるなんて(笑)
あれやるなら、最後だけ「小原」ではなく「コシノ」三姉妹に演じて欲しかった気がしないでもない。

夏木マリの「目は口ほどにものを言う」演技も素晴らしかったけど、やっぱり尾野真千子がすごく良かった。
彼女が主演したからこそ、ここまでの作品になったんだと思います。
にっこり笑ったときの表情と、ドスを利かせてしゃべるときの表情のギャップが同じヒトとは思えませんたまりません(笑)

おかーちゃん(麻生祐未)の描き方も、見応えありました。
最初の頃は、おとーちゃん(小林薫)の側でオロオロしてるだけに見えたけど、糸子の子供たちが成長するに連れて存在感が増していって・・・
尾野真千子が最後に登場した3/3の放送は、見ていて涙でてきました。
あれが最終回って言われても、それで納得しちゃうくらいの出来映えだったし。
おばーちゃん(正司照枝)も、いい味だしてたなぁ。


カーネーションを見ていて一番すごいと思ったのは、話の展開。
普通の朝ドラってだいたい毎週テーマが決まっていて、誰かの過去や新しい出会いを丁寧に描くんですが、今作は全然違いました。
しんみりさせた直後に唖然となるような展開が待っていたりして、1分先の展開ですら全く読めない。
その疾走感、まさに「だんじり」の如し。
このテンポが、すごく心地いいんだよね!
毎朝これ見てたヒトは、朝からさぞかしテンション上がったんぢゃないでしょうか(笑)
話を盛り上げる佐藤直紀の音楽も素晴らしかった。サントラ買わねばっ!


最近の朝ドラは面白い作品が多いので次の「梅ちゃん先生」にも期待してしまいますが、さてどうなりますか。


最後に、これまでに見た朝ドラを時系列で4段階評価。
 ◎:すごく面白かった ○:面白かった △:最後まで見たけどイマイチ ×:途中で見るのを止めた

 ○心はいつもラムネ色
 ◎はね駒
 ◎あぐり
 ○天うらら
 ×やんちゃくれ
 △あすか
 ○私の青空
 △オードリー
 ○ちゅらさん
 △ほんまもん
 ○さくら
 ×まんてん
 △こころ
 ×てるてる家族
 ×天花
 ×わかば
 ×ファイト
 ×風のハルカ
 △純情きらり
 ◎芋たこなんきん
 ×どんど晴れ
 ×ちりとてちん
 ×瞳
 ×だんだん
 ×つばさ
 ×ウェルかめ
 ◎ゲゲゲの女房
 ×てっぱん
 ◎おひさま
 ◎カーネーション


---
関連記事:
「カーネーション」面白いね!
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2011/11/post-3627.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.28

さすがの佐川ちゃん

24日に発送された荷物が25日に届かない。
まぁ佐川急便だし・・・と思っていたら、翌日にも届かず。不在通知なども無し。

急ぎの荷物では無かったから、「このまま連絡しなかったらいつ持ってくるんだろう?」と放置していたところ、本日(28日)の21時過ぎに届きました。
配達員のお兄ちゃんは平謝りでしたが、しかし足かけ5日・・・メール便より遅いねっ!(苦笑)

ちなみの届いたのは普通の荷物なので、メール便ではございません。
でもメール便みたいな封筒に入ってたし、たぶん放置されてたんだろうなぁ。

やはり佐川からの荷物は「ちゃんと届けばラッキー」くらいに思っておくのがよろしいようで(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.27

ユベール・ロベール-時間の庭-展 in 国立西洋美術館

国立西洋美術館で「ユベール・ロベール-時間の庭-展」を観てきました。
当日は天気がよくて暖かで、上野公園はなかなかの賑わい。
梅の花も綺麗に咲いてました。
そして美術館に向かう道すがら、目についたのはコレ。

パンダ不在

今日はパンダ繁殖期のため、公開中止していた期間の最終日。
↑の看板持った動物園のスタッフが道のあちこちに立って、説明してました。
いやいや、ご苦労様です。
やっぱりパンダ目当てで来るヒトが多いのね。


さて本日の美術展。
ユベール・ロベールって名前は全然知らなかったんですが、以前美術館の前を通った際にこの看板の絵に惹かれた次第です。

ユベール・ロベール展


彼は「廃墟のロベール」って言われていて、古代の建造物や遺跡などと共に、そこに集う人々や自然の風景を描いた作品を多く残してます。
なかなか幻想的に見える風景画ですが、これらは奇想。想像上の光景です。

実際に作品を鑑賞したところ、こうした油絵の作品よりも素描画の方に目を奪われました。
「サンギーヌ」とゆう赤褐色のチョークで描かれていて、その温かみのある色合いがすごくステキ。
筆運びもはっきり分かるので、生き生きと描かれているのが伝わってきます。
そして当たり前だけど、ものすごく巧い。
樹木の葉がこんもり生い茂る様子とか、ものすごくリアルに描かれてました。

あと、絵の中に必ず人物が登場するため、それが遺跡の大きさをより際立たせてますね。
巨大な遺跡が佇む姿は、歴史の流れを感じさせます。

ちなみに普通に生活感に溢れる絵画もあったんですが、やっぱり遺跡絡みの方が魅力的でした(笑)

幻想的な風景画とか好きなヒトならオススメ。
5/20まで開催してます。


ところで西洋美術館には久々にやって来ましたが、階段の登り降りがあるので鑑賞していて割と体力を消耗しました。
でもいざ休憩しようと思っても、椅子が少なめ。
こんなに広いんだから、もちっと椅子を増やしてくれればいいのに。

ついでに言うと、常設展は作品があちこちに飾られていて、さながら迷路の如し(こちらも階段の登り降りあり)。
順路表示はあるんだけど、アバウトすぎてそのとおりに進むと見落とす作品が多数(苦笑)
もう少しうまく回遊できるような表示があればいいのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.26

歌声が好きなアーティスト

今日は自分が好きな歌声を持つアーティストのご紹介。
いわゆる「抜群に歌が上手いヒト」ってのはどうも苦手で、歌声に主張とゆうか個性があるヒトが好きです。
歌声を聴いただけで「あ、これ誰々が歌ってる」ってのが分かるような。

なお、文中のリンクはすべてYouTubeの該当曲へのモノ。


◆榎本くるみ
夕陽が丘」「あなたに伝えたい
すごく力強い歌声の持ち主。
カヴァー曲であっても自分の持ち曲の如く歌ってしまうのは、そのウタヂカラのなせる技。
ライヴで聴くと、圧巻です。魂持ってかれちゃう感じですね(笑)


◆手嶌葵
The Rose」「岸を離れる日
こっそり囁いてるような感じなのに、ものすごく印象に残る歌声は、まさに絶品。
声量はそんなにないけど、凛とした主張が感じられます。
こんなに歌が上手いのに、まだ24歳なんだから恐るべし。


◆misono(day after tomorrow → misono → Me)
Starry Heavens
どこまでも綺麗に伸びていくハイトーンヴォイスは、聴いていてすごく気持ちいい。
すごく綺麗で透明感のある歌声でもあります。
ソロ曲はパッとしなかったけど、Me名義になってからは良曲も出始めてるのでこれからも楽しみ。


◆松崎麻矢(Favorite Blue → mamy drop → ?)
Movin' oN」「truth of love
我が最愛の歌声の持ち主。
ものすごく上手いってわけぢゃないけど、温かみのある優しい歌声が心に響きます。
もう大好きっ!
木村貴志の曲と松崎麻矢の歌。Favorite Blueは最高のバンドだったなぁ。
一度でいいから生で聴いてみたかった…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.03.25

ガンプラ、懐かしす

“ガンプラボックスアートコレクション”――“ガンプラ”のパッケージ原画が数量限定で発売
http://www.famitsu.com/news/201202/29010761.html

おお、ガンプラのパッケージ原画!
ちょっと欲しいなって思ったら、一枚のお値段が31500円って高杉・・・
額縁に入れて飾るほどのモンでもないような。

これ、画集にして3150円だったら買ったのになぁ。


ガンプラは、子供の頃によく作ってました。
模型屋のお得意様だったので、新製品を常に取り置きしてくれて並ばずに買えたのも今ではいい思い出です(笑)
(当時、ガンプラブームは社会現象と化してた)

Wikipediaのガンプラの一覧を見ると、ゾゴックやアッグなんかのいわゆる「本編未登場モビルスーツ」あたりまでは記憶にありますね。

模型情報(かつてバンダイが発行していたプラモデル情報誌)見ながら、「あのモビルスーツはプラモ化されるのかしら」とか「ザブングルのプラモには透明パーツを使うのか否か」なんてことを、色々心配してました(笑)

ホビージャパン読みながらザクのバーニアを自作したこともあったっけ。
いやいや、懐かしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.23

やっぱりゼビウスはすごい

友人が遊びに来たので、ニンテンドー3DSをお試しプレイ。
「立体視が分かりやすいゲームをやりたい」って言われたので、ゼビウス(3Dクラシックス)をチョイス。
そしたら「おー」とか「わー」とか言いながら、ハマるハマる。
みんな例外なくこれに夢中になるんだけど、やっぱりある一定の世代に向けてゼビウスってのは絶大な威力を発揮しますね(笑)

自分も小学生の頃にアーケード版で遊んだ後は、FM-7/ファミコン/PCエンジン/PS/Xbox360/携帯電話版・・・と色んなハードで買い続けてきました。
なんか、見かけると買っちゃうんだよね。まさにキラーコンテンツ(笑)


「3Dクラシックス」は過去のゲームを立体視に対応させたタイトルなんですが、これを第一弾に選んだ任天堂の判断は流石。
3D表示のおかげで自機が浮いてるように感じるから、見た目のインパクトも絶大です。
価格も手ごろだし(600円)、オススメ。
(3D表示をオンにしてると、敵の弾がちょっと見えづらくなるのは少し気になるけど)


3Dクラシックス ゼビウス
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/sabj/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.21

難波田史男の15年 in 東京オペラシティ アートギャラリー

東京オペラシティ アートギャラリーで、難波田史男の作品展を見てきました。

難波田史男の15年

1974年に不慮の事故により32歳で亡くなった画家、難波田史男。
彼が画家として活動していた15年間に描かれた作品が、テーマ別に数多く展示されてました。
その数、200点弱。

入り口が狭かったから、まさかそんなに多くの展示があるとは思いもよらず。
なかなかのヴォリュームですね。見終わったら疲労困憊でした(苦笑)

概ね時代別に、彼が興味を持ったテーマに沿って作品が並べられていましたが、自分が一番気に入ったのは初期の作品群。
残虐性と幼稚性を兼ね備えたようなデザインと鮮やかな色彩は、まるで子供がクレヨンで描いたような感じ。
子供の描く絵って、物事の本質をビシッと捉えたようなモノがありますが、まさにそんな風。
最近、アニメで劇団イヌカレーをよく見かけるんですが、あれに近いモノがあります。

↑の写真の絵が、その時期の作品(1961年「自己とのたたかいの日々」)。

その後は、宇宙や海など、描くテーマによって色遣いが「赤→青→黒」と、だいぶ変化してました。
要は色調がどんどん暗くなってるわけですが、事故に遭わなかったらその後はどんな色合いの作品にしたんだろう?


上のフロアで開催していた収蔵品展も、なかなか見応えありました。
一番気に入ったのは、野又穫ってヒトの作品。
現実にありそうであり得ない不思議な絵は、思わず引き込まれてしまうチカラが働いていたように思えます。
個展とかあったら行ってみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.18

土産物レビューその13:あきず屋の「きんつば」

半月ほど前に記事にした、かつて静岡市にあって今は移転した、きんつば屋に行ってきました。

商品名:金つば
製造:あきず屋
価格:120円(税込)
購入場所:あきず屋(静岡県焼津市)
賞味期限:当日

JR西焼津駅から徒歩10分ほどの場所にある、あきず屋。
店の近くまで来ると目に入る、黄色い看板に見覚えがありました。
ああ、これは間違いなく近所にあったきんつば屋だわ!

扱っている商品は、きんつばのみ。
温かい状態で渡してくれます。
↓は袋ときんつば。
写真を拡大すると、きんつばの入れ物に水滴が付いてるのが見えるはず。
この袋と入れ物も懐かしい・・・

きんつばと袋

皿に載せてみました。
このちょっといびつな丸さが、味わい深い。
少し緑がかってるのは、ヨモギが入ってるからだと思います。

皿に盛ったきんつば

温かい状態のまま食べると、至高の旨さ。
(冷えたら温め直せばOK)。
ホクホクの粒あんと、薄めの衣が絶妙でございます。
味は昔とまったく変わってないですね。
よく記憶が美化されて・・・ってことがあるけど、今回は全くそんなことありませんでした。

自分にとっての最高のきんつばが、これ。

オススメ度:★★★★★


関連記事:
きんつば考
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2012/03/post-f86f.html


他の「土産物レビュー」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.16

Yuki Kajiura LIVE vol.#8 "Spring 2012" in 渋谷公会堂

梶浦由記のライヴに行ってきました。
2008年にRevo(Sound Horizon)と共演したDream Port以来です。

会場は、渋谷公会堂
昨年10月に「渋谷C.C.Lemonホール」の名称から元に戻ったわけですが、前の名残はほとんど残ってませんね。
ゴミ箱が黄色と緑のツートンカラーのままだった事くらいか(笑)

座席は2階席12列目左方向。
てっきり真ん中くらいかと思ったら、前から2列目でした(渋公の2階は左右が張り出してるから中央部分は抉れてる)。
段差があるから前のヒトは気にならないし、ステージ全体が見渡せるいい席でした。
ここからだと、演者の顔がギリギリ分かるくらい(さすがにバンドメンバーの顔はよく見えないけど)。
そして、意外と女性客が多くてビックリです(4割くらいは女性だったんぢゃなかろーか)。

さて本日のライヴ。
歌うのはFictionJunctionの歌姫(WAKANA、KAORI、YURIKO、KEIKO)+ゲストの方々(伊東えり、戸丸華江)。
梶浦さんはキーボードです。
以前Kalafinaのライヴに行ったら梶浦さんが出てないのが少々物足りなかったので(関係者席でライヴ見てた)、今日は大満足。
やっぱり梶浦さんがいないとね!
キーボードを弾く姿がすごく格好良かったデス。

楽曲は、Fate/Zeroに始まって歴史秘話ヒストリア、ツバサ・クロニクル、まどかマギカといった作品の歌入り劇伴曲や、シングル曲「stone cold」など。
いやぁ、Kalafinaの時も思ったけど、美しい歌声のハーモニーってのは、まさに芸術ですな。
もう圧倒されまくりです。
時折はいるフルート(奏者:赤木りえ)も凄かった。あんなに軽快に横笛みたい吹くフルートの音色って初めて聴きました。

そして今日は音響がすごく良かった!
音が籠もらず、綺麗に抜けてく感じ。拍手の響き方もいつもの渋公とは違って聞こえました。
最近改修はしてないはずだけど、座った場所が良かったんだろうか? それともPA技術のなせるワザ?

MCで梶浦さんが熱く語っていた木製カレースプーン(ライヴグッズ)が開演前に売り切れて買えなかったのが少々心残りでしたが、ライヴ自体は大満足。
秋にもライヴがあるようなので、またぜひ足を運んでみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.15

冬来たりなば

最近になって、ようやく日中は暖かくなってきました。
が、日が暮れると寒風吹きすさんで真冬の如し。

三寒四温って言葉があるように寒暖を繰り返しながら春に向かっていくわけですが、一日の中でこうも落差があるとイヤになるよなぁ。
なんだか体調もおかしくなるし。
(花粉が飛び始めると、風邪か花粉症か分かりづらいのもツライ・・・)

今年は桜の開花も例年より遅くなりそうだし、春はまだ少し先のようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.13

ERA presents「ニッシーイナズマ!!!」 in 下北沢ERA

友人がドラムを叩いているバンド、PROTOTYPEのライヴを観に行ってきました。
彼らを見るのは、約半年ぶり。
会場は下北沢ERA。ラムコークが旨いライヴハウスです。

中に入ったら、ちょうどPlat Home Nineの演奏が始まる直前。
一体感があって、ギターがなかなか聴かせるバンドでした。


そしてPROTOTYPEの登場。
いきなりステージからバナナが飛んできて驚く(笑)

ライヴ中に観客が足を踏みならす音はよく聞くけど、演奏者のソレは初めて聞いた気がします・・・ヴォーカルのやんちゃっぷりは健在なのね。
出で立ちが(前よりも)おとなしめだったからイメチェンしたのかと思ったけど、そんなことは無かったようで。

バンドの一体感も健在でした。
ギターやベースの掻き鳴らす音の洪水に負けないドラムは、以前よりも安定感が増した…ような気がします。
なんだか腕が太くなったなぁ、と感心していたら、どうやら腕だけではなかったようで(苦笑)

彼らの演奏を聴いてると、やっぱり思い出すのはSpiral Life。
あの「限りなく洋楽に近い邦楽」な雰囲気が近いんだよね。
ステージにスモークが焚かれていて、そこに射し込む光に映し出される姿がサマになってました。

本日は2nd mini Albumの発売日でもありました(6曲入り500円)。
ライヴで聴き慣れた曲も入ってるけど、同じ曲でも感じが違って聞こえるのが、いとをかし。
なかなか完成度高いなぁ、これで500円はお買い得。


彼らの後に登場したのは、kooreruongaku
独特な曲調&歌声と、少々冗長なMC。
でも最後に演奏した曲は、なかなかでした。


今日聴いた3組とも、男性三人+女性一人の組み合わせ。
それぞれバンドでの立ち位置は違うけど、やっぱり華があって良いですね。
華だけにとどまらず、ちゃんと存在感もあるところも素敵ステキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.12

ラウンジゲームの結果(2012/02)

リネージュ、2月のラウンジゲームの結果。

宝箱(10パール) ×5
ビンゴ(50パール) ×2
計150パール

まぁ日数の少ない2月にしては悪くない結果かな、と。

今年で10周年を迎えたリネージュ(何を基準にした10周年なのかよくワカランのだけど…)。
年内にはFF11やラグナロクも10周年ってことで、2012年はネトゲ節目の年と言えるんではないでしょうか。


これまでの結果はこちら。

2009/05 宝箱:7  ビンゴ:2  合計:170
2009/06 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2009/07 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2009/08 宝箱:8  ビンゴ:1  合計:130
2009/09 宝箱:7  ビンゴ:3  合計:220
2009/10 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2009/11 宝箱:7  ビンゴ:0  合計: 70
2009/12 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/01 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/02 宝箱:4  ビンゴ:1  合計: 90
2010/03 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/04 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/05 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/06 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2010/07 宝箱:7  ビンゴ:0  合計: 70
2010/08 宝箱:8  ビンゴ:0  合計: 80
2010/09 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2010/10 宝箱:3  ビンゴ:2  合計:130
2010/11 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/12 宝箱:4  ビンゴ:1  合計: 90
2011/01 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 50
2011/02 宝箱:6  ビンゴ:0  合計: 60
2011/03 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2011/04 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2011/05 宝箱:8  ビンゴ:1  合計:130
2011/06 宝箱:3  ビンゴ:2  合計:130
2011/07 宝箱:5  ビンゴ:0  合計: 50
2011/08 宝箱:9  ビンゴ:1  合計:140
2011/09 宝箱:7  ビンゴ:1  合計:120
2011/10 宝箱:6  ビンゴ:6  合計:360
2011/11 宝箱:3  ビンゴ:2  合計:130
2011/12 宝箱:5  ビンゴ:0  合計: 50
2012/01 宝箱:6  ビンゴ:5  合計:310

2011/10 宝箱獲得:12,340人 ビンゴ成立:3,198人
2011/11 宝箱獲得:12,687人 ビンゴ成立:3,030人
2011/12 宝箱獲得:14,091人 ビンゴ成立:3,047人
2012/01 宝箱獲得: 9,622人 ビンゴ成立:2,815人
2012/02 宝箱獲得: 9,996人 ビンゴ成立:2,722人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.11

さすがの佐川

佐川急便から「佐川配達予定案内」なるメールが初めて届く。
これ、荷物の到着予定日の連絡&配達日と配達時間帯の指定変更ができるモノ。

ヤマト運輸は数年前から始めてるサービスなので、ようやく追いついたか~。
ためしに配達時間帯を午前中に指定してみました。
変更用のURLにメールからダイレクトアクセスできるのはいいね(当然ヤマトもできる)。

で、配達日当日。
12時少し前にドライバーから電話あり。

「荷物を持って出るの忘れちゃったから午前中に配達できなくてゴメンね、夕方以降のお届けになります」

・・・・・・ええっと、さすが佐川クオリティ(失笑)
配達予定時間帯の中で連絡があっただけでも上出来か。
電話で指定した時間にはちゃんと持ってきたしね。

もう佐川はヤマトとは別のベクトルで勝負することを考えた方がいいんぢゃないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.10

「シアトリズム ファイナルファンタジー」~その後

シアトリズム ファイナルファンタジー」、毎日欠かさず遊んでます。
(※リンク先は音が鳴るので注意)

現在の状況。
 ・シリーズモード:基本と熟練はクリア、究極の譜面を順次攻略中
 ・チャレンジモード:究極の譜面クリアまで、あと残り5曲
 ・楽曲は全部出現した…と思う
 ・新しい仲間:4人増えた

シアトリズムの状況20120309

熟練の譜面で遊んでいる時、なかなかクリアできない状態に陥りましたが、2つの工夫で乗り越えました。
 ・3DSの置き方を変更
 ・タッチ成功音をオフに

まずは置き方。普通に机の上に置いていたのを、傾斜をつけてタッチしやすいように変更。
これで自然な角度でタッチ可能に。
パルテナに付属するスタンドが使いやすそうなので、発売を心待ちにしてます(今はメガネケースの傾斜を利用してる)。

次に成功音(ちゃんと押せたときに鳴る音)。
このゲームの成功音は遊んでいて全然気にならなかったんですが、これオフにしたらスコアが伸びました(笑)
知らず知らずのうちにプレイに影響してたのね。


最初のうちは熟練でも苦戦してましたが、今では普通に究極の譜面で遊んでます。
久々に基本の譜面で遊んだところ、ゆっくりすぎて逆にツライ・・・
いやぁ、慣れってスゴイわ!


ここ数日は、カオス神殿にハマってます。
最初のうちはケアル系や「いのり」のアビリティを使って「途中でゲームオーバーにならない」ことに腐心してましたが、現在では攻撃魔法のアビリティを多用。

ここに通う主な目的は、クリスタル集め。
仲間を集めるために同じ色のクリスタルが8個必要なんですが、ここに来れば手っ取り早く集められるので。
使用キャラによっては対ボス専用魔法が覚えるから、これを何人かに装備させればボスは瞬殺。
楽譜によっては一度のプレイでボスを3回倒せるから、これでクリスタルも3つゲット!
とは言え、ボスからもらえるクリスタルの色は決まってるので、同じ楽譜ばかり遊んでいても効率悪し。
(すでに8つ集まった色のクリスタルは重複入手できないし、他の色をもらえることも無い)
また、ザコ敵が固いとボスまで辿り着けない事があるので、対ボス魔法ばかり装備するわけにもいかず、どのアビリティを装備するかが悩みどころ。

なおカオス神殿に登場するモンスターは、楽譜&ボスNoで固定されてるようなので、同じ相手と戦うことが可能。
これを利用して、マジックポットを倒して経験値の荒稼ぎもできます。
手持ちの楽譜は、クリアすると経験値を9800ももらえて、(゚д゚)ウマー
試しにミラテテ様言行録(もらえる経験値が大幅アップするアイテム)を使ったら16000もらえました(笑)

カオス神殿をクリアすると新しい楽譜がもらえるわけですが、これってどうやらパーティのレベルと関係あるんですね(昨日気づいた)。
だから楽譜がどんどん難しくなっていったのか・・・
そんなわけで、現在では低レベルのパーティでクリアして楽な楽譜をもらう→高レベルパーティで攻略、って手順を踏んでます。

シアトリズム、まだまだ遊べそうだなぁ。
目下の目標は、キャラを全部使える状態にすることデス。

関連記事:
「シアトリズム ファイナルファンタジー」ファーストインプレッション
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2012/02/post-5b65.html

実にFFらしい音ゲーの傑作「シアトリズム ファイナルファンタジー」
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2012/04/post-5b65.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.08

iPad(名無しさん)登場

アップル、Retina Display/4G対応の第3世代iPad -2,048×1,536ドット液晶搭載。1080p撮影対応
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120308_517270.html

昨晩の新iPad発表イベント、ニコ生の基調講演同時通訳とEngadget(US)のリアルタイム更新で視聴してました。
ほぼタイムラグなしで状況が手に取るように分かって大助かり。
ホントはアップルが生中継してくれればいいんだけど。

そこで発表された、新しいiPad。
アップルのホームページでも「新しいiPad」って書いてあるのがなんとも・・・
いわゆる第三世代なわけですが、既存製品が「iPad 2」だからややこしい。
iMacやMac miniはそのまま製品名になってるから、それに合わせたってとこでしょうか。

一番の目玉は、液晶が高精度になったこと。
あとはカメラが高性能になったり、音声入力可能になったり。
まぁ、真っ当な正常進化版って感じですね。

発表会の写真で見たときにはすごく薄く見えたんだけど、実際は現行製品よりも微妙に厚くなってる…
相変わらず、アップルは製品の見せ方が巧い(笑)


「思わず買い替えたくなる」程ではないので一安心な反面、「うわ~、これ絶対欲しい!」と身悶えちゃうような衝撃的な機能が欲しかったのも事実。
・・・既存ユーザーの気分は複雑デス(苦笑)

7インチ版が出たら、今使ってるiPod touchの代替製品として購入したんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.06

カテゴリーを3つ追加

榎本くるみ:21回
谷山浩子:30回
Sound Horizon:33回

↑はこれまでライヴに行った回数。

かつてDo As Infinityが解散した時、「22回も同じアーティストのライヴを観に来ることなんて、もうないだろうなぁ」としみじみ思ったもんですが、全然そんなこと無かったですね(苦笑)
(※Do As Infinityは2005年9月に解散し、2008年9月から再活動中)

そんなわけで上記3アーティストの記事が増えて参りましたので、カテゴリーを3つ追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.05

きんつば考

先日、きんつばのレビューをした時に思いました。
「なぜ、こいつらは四角いんだろう」。

自分にとってのきんつばは、平べったくて丸い形のモノ。
形からして刀の鍔にそっくりだから、あぁこれが名前の由来なんだろうなぁ、と。

以前、実家の近くにあったお店で売ってたヤツがその形だったから、ずっとそれが普通だと思ってました。
ヨモギが入っていて、ヨモギ饅頭みたいな感じ。できたてを食べると、旨かったなぁ。。。
おやつによく食べてました。

無性に懐かしくなって、「似たようなのをどこかで売ってないかしら」とググったところ、その店がまだ健在なことを発見!
てっきり店をたたんだものと思っていたら、市外に移転しただけだったのか~。
これは帰省した際に買いに行かねばっ!


ちなみにWikipediaによると、四角いヤツは明治時代になって考案されたモノだそうで。
やっぱり元は丸かったのね。


↓は検索していて見つけたサイト。
ここを見ると、丸い方が多いデス。こっちの形がメジャーなのかな?
しかしどれも旨そうだ(笑)

きんつば秘帖
http://www5f.biglobe.ne.jp/~tenugui/R6.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.04

Loollipop Music ~榎本くるみ × 高橋ちか~ in 渋谷LOOP ANNEX

渋谷LOOP ANNEXで榎本くるみが出演するライヴイベントを観てきました。
ここ、今まで行った中で渋谷駅に一番近い会場です(駅から徒歩約5分)。
場所は、クアトロやチェルシーホテルに向かう途中のビルの7階。
入場は並んだ順でした(Webで予約した時点で整理番号とか無かった)。

会場は・・・かなり狭いですね。
ステージと客席が同じくらいの広さでした。
スタンディング150名/座席60名ってことですが、そんなに入るかしら?
会場には30席ほど椅子が置かれていたので(所々にテーブルも)、座って鑑賞できたのが有り難かった。

内装は黒に統一されていて、シンプルで落ち着ける感じ。
まだ色々と真新しいのは、できたばかり(2011年10月オープン)だからでしょう。
なお、ドリンクカウンターとライブスペースは別室になってます。
キャパの割にトイレがすごく広かったのが、ポイント高し。

あと、すごく音が良いですね、ここ。
クリアな音が響き渡る、すてきな環境でした。

では出演順に、本日の感想など。

中野斗愛
・ギター弾き語り、サポートのヒトもギターで登場
・歌ってるときの表情がすごく豊かで、そして伸びのある声
・「夜明け」って曲がすごく良かった
・帰りに思わずCDとワンマンライヴのチケットを購入
(両方とも丁寧にサインしてくれました)

中島彩歌
・ギター弾き語り
・艶やかな声で歌う姿と、MCで畳み掛ける姿のギャップが面白かった
・歌声は、高音が切なげで聴いていて気持ちよかった

榎本くるみ
今宵のセットリスト。2曲目はユーミンのカヴァー。
 01.素晴らしい世界
 02.春よ、来い
 03.未来記念日
 04.ビューリフォー
 05.あなたに伝えたい

1曲目、イントロが流れる中で榎本くるみが舞台に登場。サポートのキーボードはいつものヒトです(阿部樹一
演奏は、いつもよりも力強く感じられました。
先月横浜で柴咲コウの今日をカヴァーしたときにも思いましたが、他のアーティストの曲を自分の持ち歌の如く聴かせちゃう、声のチカラがスゴイです。
最後の「あなたに伝えたい」は、圧巻! なんかちょっとソウルシンガーっぽく見えました。

そう言えば最近のライヴ、MCが増えてますね。
以前は殆どしゃべんなかったんだけど、最近はそんなこと無いです。まぁ心情ぶっちゃけトークが多いですが(笑)
これからも歌い続けてくれる限り、あの圧倒的な歌声を聴くためにライヴを観に行きます。

ところで次回ライヴは同じ会場で5/3に開催予定なんですが(フライヤーも置いてあった)、なんでこれ告知しなかったんだろ?


高橋ちか(※リンク先は音楽流れるので注意)
・ギター弾き語り パーカッションのサポートあり
・ボサノヴァ調の音楽
・曲がしっとりした感じで、今日のような天気にふさわしい
・アンコールで歌った「Wonderful World」って曲が良かった


最後の高橋ちかのMCのおかげで、今日のライヴが「ロリポップ ミュージック」ぢゃないことが分かりました(笑)
誤植ぢゃなさそうだし、Loollipopはなんて読むんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.02

土産物レビューその12:北上京だんご本舗の「ずんだ大福」

九段下駅で下車して武道館方面の出口に向かう通路。
ここはよく全国各地の名産品なんかを売ってるんですが、その日はずんだ餅&大福を販売中でした。
ずんだ関連のお菓子って、鮮度を保つために冷蔵or冷凍の場合が多く、昨年仙台を訪れた際もそれで苦労したんだよねぇ・・・
(帰り際に買おうとしたら、殆どの店が閉まってた)
そんなわけで、近所で買えるのは有り難いです。

商品名:ずんだ大福
製造:北上京だんご本舗
価格:157円(税込)
購入場所:東京メトロ九段下駅物販スペース
消費期限:解凍後常温で2日

ずんだ大福

購入したのが開店直後だったためか、大福はまだ冷凍状態。

餅の部分に厚みがあって食べ応えがあり、まさに大福餅といった感じ。
ずんだも旨い。
餅の表面には枝豆がついてます(写真でうっすら緑に見える部分)。

オススメ度:★★★☆☆

このずんだ大福のお店、先日西葛西の駅でも見かけました。
定期的に展開してるんでしょうか。
また見かけたら買おうっと。


関連記事:
土産物レビューその4:ずんだ茶寮の「ずんだ生クリーム大福」
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2011/10/post-6ec2.html


他の「土産物レビュー」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »