« アマノフーズの「おみそ汁お試しセット」 | トップページ | blue construction 野又穫展 in 佐賀町アーカイブ »

2012.04.22

ASH&D ライブ vol.3 in 前進座劇場

シティボーイズが所属する事務所、ASH&Dのライヴを見てきました。
場所は吉祥寺にある前進座劇場

吉祥寺を歩いたのは、ものすごく久しぶり。
学生の頃、この街で上映していた「ファンタジア」を静岡から観に来たことがあります。
(これ、アニメ映画の最高傑作だと思う)
たしかモスでスパイシーモスバーガーの発売が始まった頃の話。あの頃は店によって辛さが全然違ったんだよね(苦笑)


本日の出演者は、こちらの面々。
シティボーイズ(大竹まこと/きたろう/斉木しげる)、中村有志、久本朋子、ムロツヨシ、ザ・ギース、ラブレターズ、阿佐ヶ谷姉妹
以下、登場順に雑感など。

ザ・ギース 「英会話」
彼らは前にもライヴで見たけど、やっぱり面白い。テンポ良くて勢いがあるのが巧いと思う。

ラブレターズ 「サイコパス・テスト」
ちょっとブラックなコントでした。
彼らは前にも(以下略)、なんかノリきれて無いような気がします。つまらないわけでは、ないんだけど。

阿佐ヶ谷姉妹 「阿佐ヶ谷姉妹コンサート in 吉祥寺」
本日の大穴(笑)
名前も知らない人たちでしたが、物凄く面白かった!
歌謡漫談とでも言えばいいのか、昔からあるカタチですが、歌も合いの手も無駄に巧くて(笑)そしてきっちり笑わせてくれます。
また見たいなぁ。

久本朋子 「申し上げます」
久本雅美の妹。しゃべり方とか似てますね。
近況報告と挨拶での登場でした(笑)

・中村有志
まるで美輪明宏のような出で立ちでネガティヴな発言を繰り返す、ネガティブオーラ夫人を披露。
これは以前、シティボーイズミックスのライヴにあったネタ。まさか再び見られる日が来るとわ・・・感無量。


この後は、全員出演で「ニュー喜劇」なるコントが三本(ムロツヨシとシティボーイズは、こちらのみ参加)。
「○○の主張」と称して、ザ・ギースの尾関、ラブレターズの塚本、そしてシティボーイズが何かを主張する内容。
最初の二本は、モノローグから始まって実話まじり?のコントへ。
シティボーイズはインディアンポーカーの末に一人だけ(もちろん負けたヒト)が主張させられる話。
最後のは、全編アドリブな気が・・・なんだか楽屋トークを聞いてるみたいでした(笑)

コントが終わり、シティボーイズが出演者を呼び込んで、終幕。
と、ここでサプライズ。
これまで「預かり」扱いだった阿佐ヶ谷姉妹が、この場で正式採用に(きたろうが賞状を読み上げた)。
それを聞いて泣き崩れる二人、ホントにうれしかったんでしょうね。
そんなわけで、なんだか感動的なシーンで終了。
しかしこの二人、てっきり本当の姉妹だと思ったら違うか~(まるで双子のようにソックリ)

正味二時間弱の舞台でしたが、密度が濃くて楽しい時間でした。
これ、定期的にやってほしいなぁ。


関連記事:
ASH&D LIVE EXTRA「灰とダイヤモンド」 in 築地本願寺ブディストホール
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2009/07/ashd-live-extra.html

|

« アマノフーズの「おみそ汁お試しセット」 | トップページ | blue construction 野又穫展 in 佐賀町アーカイブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/54527017

この記事へのトラックバック一覧です: ASH&D ライブ vol.3 in 前進座劇場:

« アマノフーズの「おみそ汁お試しセット」 | トップページ | blue construction 野又穫展 in 佐賀町アーカイブ »