« ASH&D ライブ vol.3 in 前進座劇場 | トップページ | ゴミはゴミを呼ぶ »

2012.04.23

blue construction 野又穫展 in 佐賀町アーカイブ

先日、東京オペラシティ アートギャラリーに展示があって興味を惹かれた画家、野又穫
彼の個展が開かれていたので、観に行ってきました。会場は佐賀町アーカイブ

佐賀町アーカイブは、東京メトロ銀座線・末広町駅の近くにある「3331 Arts Chiyoda」の中にあります。
ここは以前中学校(千代田区立練成中学校)だった建物を改修し、アートスペースとして利用しているモノ。
「学校」の雰囲気がそのまま残っていて、暖かみのある独特の空間になってました。
↓は正面入り口の写真。まさに学校ですな。

3331 Arts Chiyoda

中はかなり混雑していてびっくりしたんですが、現在「大友克洋GENGA展」開催中なんですね。
まぁそっちは興味ないのでスルーしましたが(笑)

ちなみに「佐賀町アーカイブ」という名前は、かつて江東区佐賀にあった「佐賀町エキジビット・スペース」(1983~2000)での活動を検証する、という所から来ているそうです。
入場料はドネーションとなっており、金額は任意。
集まったお金が、この佐賀町アーカイブの運営に充てられるとのこと。


会場はこぢんまりとしたスペース。普通の教室よりも小さいです。
そこに21点の作品が展示されていました。
殆どの作品がキャンヴァスのまま壁に掛けられており、おかげで絵がはっきり見えて絵の具の質感なども良く見て取れました。
(額縁に入っていない=表面がガラスで覆われてないから)

「震災で作風が大きく変わった」って作品リストに書いてありましたが、なるほど震災後に制作された作品は雰囲気が異なります。
「建物+風景」って構図は同じでも、2011年以降のものは抽象的・・・茫漠とした感じがするものが多く見受けられました。
今後、作風はどう変化していくんだろう?
「いかにも空想世界にあるような建物が登場する絵」が大好きなので、またそんな作品を描いて欲しいデス。


会場に置いてあった画集がすごく素敵だったんですが、残念ながら売り切れ。
26日には再入荷するってことなので(しかもサイン入り!)、もう一回訪れようかなぁ。

ちなみに会期は4/29まで。月/火/水は閉まってるので注意。

|

« ASH&D ライブ vol.3 in 前進座劇場 | トップページ | ゴミはゴミを呼ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/54537193

この記事へのトラックバック一覧です: blue construction 野又穫展 in 佐賀町アーカイブ:

« ASH&D ライブ vol.3 in 前進座劇場 | トップページ | ゴミはゴミを呼ぶ »