« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012.04.30

comic1☆6に行ってきた

つくもたんの新作画集が発売されるって事で、東京ビッグサイトで開催されたイベント「comic1」に行ってきました。
現地到着~入場まではこんな感じ。

0923 駅に到着
0930 東ホール手前の待機列に並ぶ
1030 開場!でも待機したまま動かず
1047 移動開始~東1ホール入場

「東ホール手前」ってのは、動く歩道のある連絡ブリッジのところ。
前から6列目くらいだったので、おそらく9時半を境に待機場所を分けたんだと思います。
(これ以前は、駐車場方面に待機列形成)

会場はそれなりに混雑してましたが、コミケに比べれば快適そのもの。
あちらでは購入までに長時間を要する企業やサークルも、10分ほど並んだだけで購入できました(自分が行った範囲の話ですが)。
そんなわけで、1時間ほどで買い物完了、そして撤収!

画集も無事にゲット。

つくもたん画集2

前作は「TSUKUMO&LABI ILLUSTRATIONS」ってタイトルでしたが、それが「TSUKUMO SISTERS ILLUSTRATIONS」に変更に。
「じゃんくたん」が加わったからか・・・って彼女は姉妹だったのか(笑)

紙質とページ数は、画集1.1とほぼ同じ。
こうしてみると、画集1.0はいかにお金がかかっていたかがよく分かります(苦笑)

下の写真は、つくもたんの中の人イラストを描いている、おーじさんのサークル「noantica」で購入した一汁三菜ごはんマット。
うん、これもなかなか素敵なアイテムだ。
この二つが買えただけでも、有明まで出かけた甲斐があったってもんです。

一汁三菜ごはんマット


---
関連記事
2011/07/15 つくもたん画集
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2011/07/post-e43a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.28

PLAY PARK 2012 -日本短編舞台フェス- in CBGKシブゲキ!!

PLAY PARK 2012 -日本短編舞台フェス-」ってイベントを観に行ってきました。
目当ては、中村有志と鳥肌実(笑)

会場はCBGKシブゲキ!!
ユニクロが入ってるビルの6階です。ライヴハウス「SHIBUYA PLEASURE PLEASURE」と同じフロアでした。
渋谷駅(半蔵門線/田園都市線)の1番出口直結で、非常に便利。
これまで何度も渋谷は訪れていますが、一度も地上に出なかったのは初めての経験ナリ(笑)

250席弱のホールですが、席数の割に広く感じられました。
天井が高いからかも。ちなみにアーチ状になってます。
椅子も立派で、座り心地もまずまず。
ただし座席番号が背もたれの下方に書かれているため(後ろの席に座らないと見づらい位置にある)、席が埋まってると自分の座る場所が探しづらいです。

舞台の高さは、腰のあたりくらい。
なかなか広くて、奥行きもありました。
今日は2列目右方向から見てましたが、列ごとに段差があってすごく見やすかったです。


で、本日の演目。
出演順に、感想を書き連ねていきます。
※以下のリンクは、すべてPLAY PARK 2012特設サイト内の出演者情報に飛びます。

ホナガヨウコ企画 × d.v.d 『リアル感電‼ /2012版(また会いたいし、笑いたい)』
タイトルからして出演者が手を繋いで電気を流す・・・んだと思ったら全然違いました(笑)
舞台後方のスクリーンに抽象的な映像を映しつつ、舞踏。
なんだか現代アートみたいな感じでした。
最後に「ありがとうございました」って言われないといつ終わりなのか分からないですねこれは。

動物電気 『動物電気2012ハッピーホーム』
割と出オチが多い感じのコント。
客いじりは反則だと思います(笑)

中村有志 『「着物芸」「パントマイムアラカルト」「ベルサイユのバラ」』
寸劇の合間のトークで、(渋谷ってことで)道頓堀劇場の思い出を語ってました。杉兵助が師匠だったのか!
パントマイムは、着物や傘を使ったモノ。相変わらず、お見事です。
そして久々に見た一人ベルばら。やっぱりこれは傑作!DVDとか発売して欲しい。
配役は、アンドレ:笠智衆 オスカル:美輪明宏 マリーアントワネット:原節子 フェルゼン:中村伸郎
・・・古いなぁ(笑)
芝居が進むと、オスカルの美輪明宏っぽさが薄まっていきますね。一人四役だと自分でも混乱するのかしら。

珍しいキノコ舞踊団 『キノコース』
アセロラ体操を踊ってるのは彼女たちだったのかぁ(今、リンク先を見て気づいた)
一組目が日常の延長っぽい踊りだったのに対し、珍しいキノコ舞踊団はバレエっぽい感じでした。
かなりしなやかな踊り。
薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」に合わせて踊るシーンが印象に残ってます。

鳥肌実 『玉砕演説』
「耳寄り」ならぬ「右寄りな」内容がお届けされました(苦笑)
そりゃあテレビには出られないし、放送もできないよね(笑)
でももっとトンデモナイのかと思ったけど、意外と普通だったなぁ。

花組芝居 『海神別荘』
古典のようだけど、音楽は現代風だし、なんか不思議な感じ…これ「ネオかぶき」って言うのね。
今日観た中では、一番演劇っぽい内容でした。
黒の着物に山吹色の袴。そして小道具の白い扇子。これらの色のコントラストが見事。
また、落語家のように扇子を色々なものに見立てて使うのが巧かった。


全部で3時間半超(休憩時間含む)、さすがに終わったらグッタリ。
家に帰って公演スケジュールを確認したところ、全プログラム中最長でした(苦笑)
まぁでも、ライヴイベントなんかでもそうですが、色んなヒトをいっぺんに観られるのはいいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.26

U-1グランプリ case04 『宇宙船』 in 赤坂RED/THEATER

元ジョビジョバのマギーと福田雄一が脚本&演出を手がけるコントユニット、U-1グランプリに行ってきました。
2007年/2008年/2010年に続いて、これが4度目の公演です。

U-1グランプリはワンシチュエーションコント(同じ舞台装置の中で、色々なコントを繰り広げる)が特徴で、今回の舞台は宇宙船(スペースシップ)。
ステージにはいかにも宇宙船内といったセットが組まれてましたが、割とシンプルな造り。
小道具などはほとんど使わず、ステージを広く使ってまさに演技勝負で笑わせてくれました。

出演者は、マギー/福田雄一/池谷のぶえ/高橋真唯/ジューシーズ/坂田聡、の面々。

放送作家として有名な福田雄一(最近は「勇者ヨシヒコと魔王の城」や「コドモ警察」を手がけてる)、この舞台では役者としても頑張ってます。
活躍は・・・しているか微妙だけど(笑)、文字どおり体を張った演技を披露してくれました。

そして今回は、case02の長谷川朝晴、03の六角慎司に続いて、元ジョビジョバの坂田聡が出演。
リーダーだったマギーとの共演は10年ぶりとのことですが、冒頭から二人の息はピッタリ。
往年のジョビジョバを彷彿とさせるフレーズも登場したりして、すごく懐かしかったなぁ。
なんだか、10年の刻を一気にワープしたような気分になりました(宇宙船だけに(笑))。

池谷のぶえの存在感はさすがだし、ジューシーズの面々も自分たちの演ずる役をキッチリこなしてました。
高橋真唯は初めて名前を知りましたが、色んな役に成りきるのがすごく上手かった。
(博多弁がやたら迫力あると思ったら、福岡出身なのね)


今回一番面白かったのが、宇宙船の様子を生中継するコント。
いやぁ、まさかステージ上で無重力状態を作り出すなんて!
ファンタスティック(笑)でアクロバティックな展開は、まさに必見。
観客の反応や共演者の演技に対する、マギーの的確なツッコミも絶妙でした。
これだけでも、充分観に行く価値アリ。

そして(毎回恒例となっている)、かぶり物で登場する福田雄一と、マギーのフリーダムなコントも絶品。
今回は、鉄腕アトム姿(もちろん虫プロ無許可)で登場。
インパクトありすぎて明らかに出オチなんだけど、オッサンの出で立ちなアトムがステージ上を動き回る姿はかなり不気味デス。

他にも、博多弁の宇宙人が出てくる話、テレビドラマの撮影現場、宇宙を放浪する一家の大作ドラマなど、シチュエーションを生かした様々なコントが登場。
どれも疾走感に溢れる洒落た内容で(コント間の暗転も殆どゼロ)、これはまさにジョビジョバの系譜。

そんなわけで、松ちゃんやシティボーイズとはひと味もふた味も異なるわけですが、こうゆう勢いのあるコントってのはやっぱりイイですね!

今回はリピーター割引制度があるので(半券があれば当日券6000円が3000円になる)、連休中にもう一度観に行こうかと思ってます。


そうそう、公式サイトにある、福田雄一×マギーの対談がすごく面白いので、オススメ。

↓の記事は、イープラスによる観劇レポート(ネタバレも含んでるので注意)。
生の笑いにこだわる二人のユニット!『U-1グランプリcase04「宇宙船<スペースシップ>」』初日観劇レポート![観劇レポート]
http://etheatrix01.eplus2.jp/article/267057448.html


---
関連記事:
U-1グランプリ case02 『厨房』 in THEATER/TOPS
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2008/06/621.html

U-1グランプリ case03 『職員室』 in 赤坂RED/THEATER
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2010/04/u-1-case03-in-r.html

U-1グランプリ case03 『職員室』 in 赤坂RED/THEATER(二回目)
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2010/04/u-1-case03-in-1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.25

印象に残っている風景

ここ何年かで、自分が見た中で印象に残っている風景のご紹介。

・豊洲の飛行機雲(2010/02)
劇場版「東のエデン」を鑑賞後、外に出てふと見上げると、ビル群の上空にかかる飛行機雲。
それが劇中に登場するミサイルのようで、強烈に印象に残りました。
場所が豊洲ってのも、ね(作品の舞台が、まさにココ)

・犀川沿いの桜並木(2007/04)
思いがけず訪れた金沢は、ちょうど桜が見頃。
おかげで年に二回も満開の桜を拝む事ができました。
少し汗ばむような陽気の中、青空の下に咲き誇る桜。あれは実に綺麗だったなぁ。

・ユッケの夕焼け(2006/05)
ユッケとは、ニッケコルトンプラザの事。朋友がユッケ、ユッケって言ってたからそっちで覚える羽目に(苦笑)
そこで夕陽が沈んでいくサマを眺めてたんですが、それはそれは美しかった・・・
当時の思い出とともに、ずっと大切にしたい光景です。

・静岡駅コンコース(2011/04)
ありきたりな日常の風景ですが、震災後の薄暗い駅を見慣れていた目には、ものすごく明るかった!
当たり前の事が当たり前と感じられる事こそ、しあわせなんだとつくづく思わされましたね。


上に挙げた風景には、写真がありません。
大半がデジカメ持ってなかった時期ってのもありますが、(持ってたとしても)写真として残さなくて良かったなぁ、と今では思います。
カメラがあると、写真に収めることに気が行ってしまって、風景に対して真摯に向き合えない気がするんだよねぇ。
でも頭の中にその風景を焼き付けておけば、それはどんな場合でも「最高の一枚」なわけで。
・・・カメラの腕なんてないから、あとでみてガッカリするってのもありますが(笑)

そんなわけで本当に素敵な風景に出会ったら、ジーッと目に焼き付けて記憶に残すよう心がけたいと思う次第です。
カメラは、あくまでも記録を残すためのモノとして使えばいいんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.24

ゴミはゴミを呼ぶ

近所のゴミ捨て場に置かれていた、14インチくらいのブラウン管テレビ。
当然回収してくれないので(家電リサイクル法の対象だから)、そのまま放置されてました。
管理人と思われるヒトが「出した方は持ち帰ってください!」ってな貼り紙をしたけど、当然効果なし。

それから半年以上経過。
テレビ、増えてました(苦笑)
同じくらいの大きさのヤツです。

「木の葉を隠すなら森の中」ぢゃないけど、心理的に捨てやすいんでしょうね。

先日見たら、きれいに無くなってました。
さすがにまずいと思って回収を依頼したのか、業者が勝手に持って行ったのか・・・
あのまま放置したら、今後も増え続けたんだろうなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.04.23

blue construction 野又穫展 in 佐賀町アーカイブ

先日、東京オペラシティ アートギャラリーに展示があって興味を惹かれた画家、野又穫
彼の個展が開かれていたので、観に行ってきました。会場は佐賀町アーカイブ

佐賀町アーカイブは、東京メトロ銀座線・末広町駅の近くにある「3331 Arts Chiyoda」の中にあります。
ここは以前中学校(千代田区立練成中学校)だった建物を改修し、アートスペースとして利用しているモノ。
「学校」の雰囲気がそのまま残っていて、暖かみのある独特の空間になってました。
↓は正面入り口の写真。まさに学校ですな。

3331 Arts Chiyoda

中はかなり混雑していてびっくりしたんですが、現在「大友克洋GENGA展」開催中なんですね。
まぁそっちは興味ないのでスルーしましたが(笑)

ちなみに「佐賀町アーカイブ」という名前は、かつて江東区佐賀にあった「佐賀町エキジビット・スペース」(1983~2000)での活動を検証する、という所から来ているそうです。
入場料はドネーションとなっており、金額は任意。
集まったお金が、この佐賀町アーカイブの運営に充てられるとのこと。


会場はこぢんまりとしたスペース。普通の教室よりも小さいです。
そこに21点の作品が展示されていました。
殆どの作品がキャンヴァスのまま壁に掛けられており、おかげで絵がはっきり見えて絵の具の質感なども良く見て取れました。
(額縁に入っていない=表面がガラスで覆われてないから)

「震災で作風が大きく変わった」って作品リストに書いてありましたが、なるほど震災後に制作された作品は雰囲気が異なります。
「建物+風景」って構図は同じでも、2011年以降のものは抽象的・・・茫漠とした感じがするものが多く見受けられました。
今後、作風はどう変化していくんだろう?
「いかにも空想世界にあるような建物が登場する絵」が大好きなので、またそんな作品を描いて欲しいデス。


会場に置いてあった画集がすごく素敵だったんですが、残念ながら売り切れ。
26日には再入荷するってことなので(しかもサイン入り!)、もう一回訪れようかなぁ。

ちなみに会期は4/29まで。月/火/水は閉まってるので注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.22

ASH&D ライブ vol.3 in 前進座劇場

シティボーイズが所属する事務所、ASH&Dのライヴを見てきました。
場所は吉祥寺にある前進座劇場

吉祥寺を歩いたのは、ものすごく久しぶり。
学生の頃、この街で上映していた「ファンタジア」を静岡から観に来たことがあります。
(これ、アニメ映画の最高傑作だと思う)
たしかモスでスパイシーモスバーガーの発売が始まった頃の話。あの頃は店によって辛さが全然違ったんだよね(苦笑)


本日の出演者は、こちらの面々。
シティボーイズ(大竹まこと/きたろう/斉木しげる)、中村有志、久本朋子、ムロツヨシ、ザ・ギース、ラブレターズ、阿佐ヶ谷姉妹
以下、登場順に雑感など。

ザ・ギース 「英会話」
彼らは前にもライヴで見たけど、やっぱり面白い。テンポ良くて勢いがあるのが巧いと思う。

ラブレターズ 「サイコパス・テスト」
ちょっとブラックなコントでした。
彼らは前にも(以下略)、なんかノリきれて無いような気がします。つまらないわけでは、ないんだけど。

阿佐ヶ谷姉妹 「阿佐ヶ谷姉妹コンサート in 吉祥寺」
本日の大穴(笑)
名前も知らない人たちでしたが、物凄く面白かった!
歌謡漫談とでも言えばいいのか、昔からあるカタチですが、歌も合いの手も無駄に巧くて(笑)そしてきっちり笑わせてくれます。
また見たいなぁ。

久本朋子 「申し上げます」
久本雅美の妹。しゃべり方とか似てますね。
近況報告と挨拶での登場でした(笑)

・中村有志
まるで美輪明宏のような出で立ちでネガティヴな発言を繰り返す、ネガティブオーラ夫人を披露。
これは以前、シティボーイズミックスのライヴにあったネタ。まさか再び見られる日が来るとわ・・・感無量。


この後は、全員出演で「ニュー喜劇」なるコントが三本(ムロツヨシとシティボーイズは、こちらのみ参加)。
「○○の主張」と称して、ザ・ギースの尾関、ラブレターズの塚本、そしてシティボーイズが何かを主張する内容。
最初の二本は、モノローグから始まって実話まじり?のコントへ。
シティボーイズはインディアンポーカーの末に一人だけ(もちろん負けたヒト)が主張させられる話。
最後のは、全編アドリブな気が・・・なんだか楽屋トークを聞いてるみたいでした(笑)

コントが終わり、シティボーイズが出演者を呼び込んで、終幕。
と、ここでサプライズ。
これまで「預かり」扱いだった阿佐ヶ谷姉妹が、この場で正式採用に(きたろうが賞状を読み上げた)。
それを聞いて泣き崩れる二人、ホントにうれしかったんでしょうね。
そんなわけで、なんだか感動的なシーンで終了。
しかしこの二人、てっきり本当の姉妹だと思ったら違うか~(まるで双子のようにソックリ)

正味二時間弱の舞台でしたが、密度が濃くて楽しい時間でした。
これ、定期的にやってほしいなぁ。


関連記事:
ASH&D LIVE EXTRA「灰とダイヤモンド」 in 築地本願寺ブディストホール
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2009/07/ashd-live-extra.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.20

アマノフーズの「おみそ汁お試しセット」

マルコメのフリーズドライ味噌汁がなかなか旨かったので、今度はアマノフーズのヤツを買ってみました。
通販でお試しセット20食入り(10種×2)、1995円ナリ。
(※現在は、18食入りを同じ値段で販売中 減っていたのは、もずく汁)

うん、これもマルコメに負けず劣らず旨い。
ちゃんと、おかずになる味噌汁です。

マルコメとアマノフーズの味噌汁

↑の写真、左がマルコメ、右がアマノフーズ。

あえて両者を比較するならば、味噌はマルコメ、具はアマノフーズってところでしょうか。
後者には味噌汁の定番、なめこがあるのもポイント高し。

これで味噌汁のストックが増えたので、しばらくは晩ご飯に困りません(笑)


関連記事:
おかずになる味噌汁 マルコメの「京懐石」
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2012/02/post-2751.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.18

ギリギリに依頼した当日再配達はいつ到着するか

家に帰るとヤマト運輸の不在通知票が入ってました。
いつもなら記載されてるドライバーの携帯番号に連絡して持ってきてもらうんだけど、試しにネット経由で再配達を依頼。

インターネットによる当日中の再配達受付は、19時40分まで。
ドライバーに電話する場合の再配達依頼は、20時まで。

依頼したのは19時半。

荷物が到着したのは、23分後でした。
1時間くらいはかかると思ってたのに、この早さ。
ネット経由でも直接電話しても、到着までの時間はほとんど変わらないのね。
クロネコヤマト、さすがです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.04.17

LPガス会社の変更

少し前にアパートの管理会社から、LPガス会社の変更のお知らせを受け取りました。
(便宜上、変更前をA社、変更後をB社とします)
そこで気になったのが保証金の扱い。
開栓時に保証金を預けてあるんですが、これは通常退去する際に返却されるモノ。
でわ、途中で会社が変更になる場合は?

管理会社に連絡したところ、(そうゆう質問は想定されてなかったようで)切換先のガス会社(B社)への確認を促されました。
さっそくB社へ問い合わせ。
すると「A社には最終の請求書が届いたあたりで連絡してみては?」とのアドバイス。

切換が無事に終わってしばらくすると、A社から封書が到着。
最終月の料金は前月分と同時に引き落とすよってお知らせと共に、保証金の返金についても記載がありました。
で、お金を預けた時の「保険金預かり証」に返金希望口座を記入して返送。
先頃、無事に保証金が戻ってきてミッション完了。

ちなみにB社には預かり金の制度なし。

そうそう、ガス料金は切換前後で劇的に下がりました。
なんか半額くらいなんですけど(もちろん同じ使用量で比較)・・・ガス料金って会社によってこんなにも違うモノなのか~。
これが変更の理由なんだろうな、たぶん。
(どことは書かないけど、共に千葉のガス会社です)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012.04.16

アイスは溶けかかってるのが旨いんぢゃん

固いアイスもすぐに食べられる専用スプーンが売れている
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120406/1040365/

工工エエエエエ(´Д`)エエエエエ工工
固いままだと美味しくないぢゃん。それに冷たいから味覚が麻痺して旨いんだかよく分かんないし。

アイスはちょっと溶けかかったトコロを食べるのがいいのに~。
入浴前に冷凍庫から冷蔵庫に移しておいて、それを風呂上がりに食べる。これぞ至高!

だいたい固いアイスを食べるなんて、新幹線で降車直前に車内販売で買っちゃった時くらいしか思い浮かばないんですけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.15

問題はバッテリーの保ち具合

ウィルコム、Wi-FiルーターとPHSが1つになった「PORTUS」
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20120412_524192.html

お~、これはなかなか良いかも。
現在PHSとPocket Wi-Fiを併用している身としては、まさに最適解な感じ。
6年ぶりくらいにケータイを買い替えたくなりました(笑)

メリットは2つ。
・2台持ち歩いていたのが、1台で済む
・料金が今よりも割安になる(1500円/月くらい?)


ただ、唯一にして最大の問題はコレ。

バッテリーは1700mAhで、PHSとしては待受時間が1200時間(50日)となり、3Gでの通信時間が最大4時間、PHSでの通話時間は最大14時間となる。

Pocket Wi-Fiも連続通信時間が4時間なので、ほぼ同じ。
マメに通信オフにしてやれば割と保ちますが、思いがけず3台同時にWi-Fiに繋がっちゃったりすると、あっちゅー間にバッテリー残量が減ってくんだよね(苦笑)


来週には発売されるから、しばらくは情報収集に努めることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.13

ティッシュと紙ナプキン

定食屋に行くと、大抵の店に紙ナプキンかティッシュが置いてあります。
でも両方置いてある店ってほとんど見かけません。
(自分の中では、チェーン店は紙ナプキンで個人経営の店はティッシュってイメージ)

紙ナプキンは口元を拭ったり机をふいたりするには便利だけど、鼻をかむにはツルツルして全然立たないのが困りもの。
温かいモノを食べていると鼻をかみたくなってくるので、カレーやラーメンなんかを扱ってる店は、絶対にティッシュを置くべきだと思う・・・ってか置いて下さいお願いします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.11

完璧なタイミング

久々に「時をかける少女」(2006:アニメのヤツね)を視聴。
何度見ても面白いなぁ、これは。
テンポが良くて、切なくて。
同じ監督の「サマーウォーズ」もいい作品だけど、やっぱりこっちの方が好き。
これで修復士の叔母さんの声が原田知世だったから良かったのに(笑)

この映画の一番スゴイと思うところは、終盤に奥華子の「変わらないもの」が流れるシーン。
「うわ~ここでこれが流れちゃうんだ」、ってゆう正に完璧なタイミング。
映像と共に、もう強烈に印象に残りますね。タマシイ持ってかれそうになるくらい。
おかげで、エンディングに流れる「ガーネット」が全然印象に残らないのが困ります(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.10

千鳥ヶ淵の桜

九段下まで出かけたので、ついでに千鳥ヶ淵の桜を見てきました。
ちょっと満開は過ぎてましたが、それでもすごかった・・・この辺りを歩くのは初めてだけど、こんなに桜の樹があるのね。まさに圧巻。
「桜花乱舞」とは、まさにこの事か。

しかしこんだけ咲いてると、ちょっと有り難みがない気がします(笑)


下の写真は、皇居の北桔梗門から乾門方向を撮った一枚。
まぁこのくらいが、風情があっていいですね。

北桔梗門から見た桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.09

実にFFらしい音ゲーの傑作「シアトリズム ファイナルファンタジー」

発売日から遊んでいた3DSの「シアトリズム ファイナルファンタジー」(以下シアトリズムFFと略)。
(※リンク先は音が鳴るので注意)
クリスタルの欠片を全部集めて、ボスも全て倒したのでようやく一段落。
2ヶ月近く毎日欠かさずプレイしたわけですが、正直ここまで遊べるゲームだとは思ってませんでした。
そんなシアトリズムFFのレビューをば。


◆良かったところ
・ゲームが分かりやすい
歴代FFに登場する楽曲を使った音ゲーな本作。
ゲームモードはいくつかあるけど、基本操作は「タッチ/押しっぱなし/矢印の向きにスライド」の三つ。
タッチペン操作なので、直感的で分かりやすいです。
3DSをほとんど触った事無いヒトでも、少し説明しただけですんなり遊んでました。

・幅広い難易度
難易度は、基本/熟練/究極の3種類。
「基本の譜面」は初見でもクリアできるくらい簡単だけど、「究極の譜面」は歯ごたえ充分。
なかには矢印がクルクル回転する譜面もあったりして、色々楽しめます。
最初の頃は「究極の譜面なんて無理ムリ」って思ってたのが、今ではこれで普通に遊んでるわけで、このあたりの自然にステップアップできる感じがなかなか絶妙かと。

・遊んでいてすごくFFっぽい
曲をクリアすれば経験値がもらえ、貯まればレベルアップ。
時々覚えるアビリティ(ちゃんとキャラごとに特徴付けられている)を装着すればゲームが有利に。
・・・こうした仕組みが、実にFFらしい。
だから音ゲーなのに、RPGでキャラを育ててるような感覚で遊べます。
また、カオス神殿のボスに神竜やオメガ(共にFF5に登場する強敵 倒さなくてもクリアできる)なんかが出てくるあたりに製作者のこだわりが感じられますね。

・カオス神殿が面白い
ランダムに生成される闇の楽譜で遊ぶカオス神殿。
仲間を集めるためのクリスタルの欠片やレアアイテムを手に入れたり、ここでしか登場しないボスを倒す場所。
これが無かったら、こんなに遊び続けなかったと思います。
出てくるボスやもらえるアイテムが、「ライブラ」のアビリティを使うと事前に分かる(一部だけど)ってのも、実にFFらしい(笑)


◆少々不満なところ
・操作がタッチペンのみ
タッチペンだと画面のスクロールがなかなかうまくできないので、操作画面ではボタンやスライドパッドも併用できればよかった。
(カオス神殿で闇の楽譜を選ぶとき、スクロールがもどかしかった)

・カオス神殿のボス2に行きづらい あれ、あんまり存在意義ないんぢゃ…
コレ遊んでいてずっと思ってたんですが、でもちゃんと法則があったんですね つい最近知りました。
だからFMSの途中に看板があったり、BMSで「ボス3だよ」って教えてくれたのね~、納得。
画面見て無くても音だけでどのボスと対面するか分かるようになってるのは、実に親切なり。


とまぁこんな感じで、不満な点はほとんど無し。
取っつきやすくて奥が深い、なかなかの傑作だと思います。
これまでのFF作品に触れた事のあるヒトなら、買って損無し!

オススメ度:★★★★★


◆遊んでいて気に入った曲
・FF8のEMS映像(イベントムービー)
8は未プレイですが、このダンスシーンは見応えあり 見とれてミス連発です(笑)

・FF9のEMS映像
他のシリーズと比べて、作品の流れが2分ほどの映像の中でよくまとまってる

・プレリュード/オープニング・テーマ(FF1)
やはりFFと言えばこの2曲! 何度聴いても素晴らしい

・反乱軍のテーマ(FF2)
FF2で一番印象に残ってる曲 勇ましいけど物悲しい感じは、ファミコン音源特有な感じ

・ザナルカンドにて/素敵だね(FF10)
ザナルカンドも、FF屈指の名曲かと 「素敵だね」はちゃんとRIKKIのヴォーカル入りなのが◎
FF10で遊んだ記憶って、9や12よりもはっきり残ってるのは音楽がいいからか~ また遊んでみたい


最後に、自力で出したオズマとカオスの譜面の画像を貼っておきます。
全く同じ譜面でもトリガーの配置やボスは異なるので全然参考にはなりませんが、90番で出るよってことで。
(91番以降の譜面は回転する矢印が登場するので難易度が跳ね上がる たまに回転しない譜面もあるけど出現率が低い)
パーティに一人だけ「ライブラ」使いを入れて、EXP集中の書でレベル上がらないようにしつつ90番譜面を遊び続けた苦労の結果です(苦笑)
「EXP集中の書」は、カオス神殿で一つ、シリーズモードの究極の譜面(FF7だったかな)で一つゲットしました。

オズマ カオス


関連記事:
「シアトリズム ファイナルファンタジー」ファーストインプレッション
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2012/02/post-5b65.html

「シアトリズム ファイナルファンタジー」~その後
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2012/03/post-5b65.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.08

ラウンジゲームの結果(2012/03)

リネージュ、3月のラウンジゲームの結果。

宝箱(10パール) ×3
ビンゴ(50パール) ×0
計30パール

過去最低タイ記録キター(苦笑)
じゃんけんは勝てないわ、ビンゴのマスも全然埋まらないわ(6マス)、さんざんな1ヶ月でした。

公式トップページのイラストが変わって何ヶ月か経ちましたが、エルフがアホの子に見えてしかたありません(笑)
プリは可愛いのにな~。


これまでの結果はこちら。

2009/05 宝箱:7  ビンゴ:2  合計:170
2009/06 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2009/07 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2009/08 宝箱:8  ビンゴ:1  合計:130
2009/09 宝箱:7  ビンゴ:3  合計:220
2009/10 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2009/11 宝箱:7  ビンゴ:0  合計: 70
2009/12 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/01 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/02 宝箱:4  ビンゴ:1  合計: 90
2010/03 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/04 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/05 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/06 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2010/07 宝箱:7  ビンゴ:0  合計: 70
2010/08 宝箱:8  ビンゴ:0  合計: 80
2010/09 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2010/10 宝箱:3  ビンゴ:2  合計:130
2010/11 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/12 宝箱:4  ビンゴ:1  合計: 90
2011/01 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 50
2011/02 宝箱:6  ビンゴ:0  合計: 60
2011/03 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2011/04 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2011/05 宝箱:8  ビンゴ:1  合計:130
2011/06 宝箱:3  ビンゴ:2  合計:130
2011/07 宝箱:5  ビンゴ:0  合計: 50
2011/08 宝箱:9  ビンゴ:1  合計:140
2011/09 宝箱:7  ビンゴ:1  合計:120
2011/10 宝箱:6  ビンゴ:6  合計:360
2011/11 宝箱:3  ビンゴ:2  合計:130
2011/12 宝箱:5  ビンゴ:0  合計: 50
2012/01 宝箱:6  ビンゴ:5  合計:310
2012/02 宝箱:5  ビンゴ:2  合計:150

2011/10 宝箱獲得:12,340人 ビンゴ成立:3,198人
2011/11 宝箱獲得:12,687人 ビンゴ成立:3,030人
2011/12 宝箱獲得:14,091人 ビンゴ成立:3,047人
2012/01 宝箱獲得: 9,622人 ビンゴ成立:2,815人
2012/02 宝箱獲得: 9,996人 ビンゴ成立:2,722人
2012/03 宝箱獲得: 9,246人 ビンゴ成立:2,879人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.07

中野斗愛初ワンマン『星屑を集めて』 in 渋谷gee-ge

中野斗愛のワンマンライヴに行ってきました。
会場は渋谷gee-ge。チェルシーホテルと同じ通りにある、ライヴハウスです。
整理番号順の入場でしたが、「今から開場するから、番号順に入ってね~」みたいな感じでした(お客さん同士で番号確認しあって入場)。
まぁ、並んでるヒトが多くなかったから全然オッケーだけど(笑)

会場内には椅子が50席くらいあって、所々にテーブルも。
キャパ100の割にはかなり広く感じられました。
ステージは段が低くて(20cmくらいかな)、客席と一体化してる感じ。
壁に絵や写真が飾ってあるのが、ライヴハウスにしては珍しいかな、と。
あと、フードメニューが充実してました。各テーブルにメニューが置いてあり、待ち時間にそれ見てるとお腹が空いてきて困ります(笑)


さて本日のライヴ。
先月、渋谷LOOPで聴いたときにも思ったけど、表情豊かに歌い上げる姿がとても素敵です。
心を込めて歌ってるのがすごく伝わってきますね。

前回は弾き語りでしたが、今日はバンド編成。
同じ曲を聴いても、印象が違って聞こえるのが、いとをかし。
音に厚みが出るし、本人もとても楽しそうに歌ってました。

途中で披露された昔の曲(みずほ名義のモノ)は、CDで聴いたのとは段違い。
みずほのCDを初めて聴いたときに「曲はすごく良いのに、歌が全然ついていってないな~」と思ったわけですが(苦笑)・・・すごく上達したんだなぁ。

そうそう、歌っている姿がライヴの前半と後半で別人みたいに見えました。
照明の加減かもしれないけど、途中で覚醒したようにも思えたし、なんだか不思議な感じ。


セットリスト(帰りにもらったフライヤーより)
01.透明人間
02.ワンダーワンダー
03.夜明け
04.ひとりじゃないから
05.Starting over
06.不器用ピエロ
07.泣かないで
08.モノクロ
09.Go!!
10.終わらないうた
11.7th Color
12.アイのうた
13.虹色の街
14.スターゲイザー
Enc.スマイルライフ


本日発売のCD(REALIZE)も買ってきたので、後でこれを聴くのが楽しみです。
7月に再びこの会場でワンマンやるそうなので、これも観に来ようか検討中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.04

アニメ番組レビュー(2012年3月終了分)

今月で終了したアニメのレビューです。
独断と偏見によるモノなので、あしからず。

以下、面白かった順に寸評。


ちはやふる(2クール)
頭一つ抜けて、今期No.1の作品。これ見てるときは、時間の流れがゆっくりに感じられました。
先に進むほどに面白くなっていった、熱いストーリー。
主役の3人以外の登場人物も、みんな魅力的に描かれていて◎
なぜかこれ見てるとカルドセプトで遊びたくなります(笑)

ラストエグザイル-銀翼のファム-(2クール)
黒石ひとみの音楽(ED曲含む)がすごく印象に残った作品。
空賊モノだと思って見始めたら話のスケールがどんどんでかくなっていったわけですが、丁寧に描かれているので無問題。
艦隊戦も迫力ありました、ちょっと銀英伝を思い出したなぁ。

妖狐×僕SS
凜々蝶サマを愛でるアニメかと思いきや、話もしっかりしてたし脇役達も個性豊かで面白かった。
ムックが歌う「ニルヴァーナ」は、今期屈指の名OP曲(毛むくじゃらの赤い生き物ではありませんゾ)。
そしてキャラ毎のED曲が色んな意味で狂っていたとおもいます(笑)

夏目友人帳 肆
バツグンの安定感。
タキちゃんの出番が少なかった以外は概ね満足です(笑)
ニャンコ先生はどんどん芸達者になってゆくなぁ。

バクマン。2(2クール)
ストーリーに緊張感があって、1期よりも面白かった。
今秋予定されている、3期にも期待!

テルマエ・ロマエ
今期のダークホース(笑)
まさかFROGMANが手がけるとは・・・いやでも面白かったデス、満足!
今期のノイタミナは今作が傑作だったゆえ、他の2作品がイマイチだったんですね!(苦笑)
こっちを8話やれば良かったのに・・・

偽物語
原作に忠実なのは分かるけど、色々と冗長すぎ。
話数を削って、テンポ良くすればいいのに…って見ながら何度も思いまみた。

ペルソナ4
ゲームが原作なわけですが、見ていてどんなゲームなのかさっぱり分からず(笑)
(アドベンチャーパート+RPGなのかしら)
でも終盤の展開はすごくゲームっぽかった。そのうち、遊んでみたい。

男子高校生の日常
「日常」より内容にムラが無くてよかったけど、割と惰性でみてました、スミマセン。
見ていて「スクールランブル」の雰囲気が感じられたのは、監督が同じヒトだからですね、きっと。


21本見始めて(継続含む)、終わってみれば完走9本+継続1本(HUNTER×HUNTER)。
1月スタートの作品よりも、2クールものが印象に残りました。


前回に続き、アニメ作品評価アンケート調査ブログ「アニメ調査室(仮)」のアンケートに参加します。
評価基準は、以下のとおり。

S : とても良い
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)


2012春調査(2012/1-3月期、終了アニメ、49+1作品)

01,偽物語,B
02,BLEACH,x
03,Another,F
04,BRAVE10,F
05,未来日記,F

06,ペルソナ4,B
07,へうげもの,F
08,銀魂 (2期),x
09,欠番(削除不可),x
10,べるぜバブ,x

11,ちはやふる,S
12,妖狐×僕SS,A

13,HIGH SCORE,x
14,バクマン。2,A
15,ちび☆デビ!,x

16,毎日かあさん,x
17,夏目友人帳 肆,A
18,ゼロの使い魔F,x
19,灼眼のシャナIII,x
20,ギルティクラウン,F

21,テルマエ・ロマエ,A
22,キルミーベイベー,F
23,アマガミSS+ plus,x
24,あの夏で待ってる,F
25,新テニスの王子様,x

26,ハイスクールD×D,F
27,男子高校生の日常,C
28,スイートプリキュア,x
29,輪廻のラグランジェ,F
30,イナズマイレブンGO,x

31,戦国☆パラダイス 極,x
32,戦姫絶唱シンフォギア,F
33,リコーダーとランドセル ド,x
34,ブラック★ロックシューター,F
35,ジュエルペット サンシャイン,x

36,ファイ・ブレイン 神のパズル,F
37,パパのいうことを聞きなさい!,F

38,カードファイト!! ヴァンガード,x
39,ラストエグザイル 銀翼のファム,A
40,メタルファイト ベイブレード 4D,x

41,ソッキーズ フロンティアクエスト,x
42,デュエル・マスターズ ビクトリー,x
43,プリティーリズムオーロラドリーム,x
44,探偵オペラミルキィホームズ 第2幕,x
45,秘密結社 鷹の爪外伝 むかしの吉田くん,x

46,爆丸バトルブローラーズ ガンダリアンインベーダーズ,x
47,デジモンクロスウォーズ 時を駆ける少年ハンターたち,x
48,ひめチェン! おとぎちっくアイドル リルぷりっ (のりスタ版),x
49,ゴクジョッ。極楽院女子高寮物語 (ネット版),x
50,ゴクジョッ。極楽院女子高寮物語 (TV版),x


---
関連記事:
アニメ番組レビュー(2011年12月終了分)
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2011/12/post-a32b.html

アニメ番組レビュー(2011年9月終了分)
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2011/09/20119-4b9b.html

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012.04.03

Wiiに見る任天堂の矜恃

任天堂のWiiって、スタンバイモード(電源ランプがオレンジ色)でイジェクトボタン押すと、そのままの状態で中のディスクを排出します。
これ、電源入れないとイジェクトできない or イジェクトすると電源オンになる、ってのが普通だと思うわけです。

でも、ゲーム終わって電源切った後で「あ、ゲームディスク取り出すの忘れた!」ってことはよくある事なので、そこまで考えてこの仕様にしてるんだったら任天堂スゲー。

ちなみに、スタンバイモードでディスクを入れると、ちゃんと電源オンになります。
これも「ディスク入れる=これから遊ぶ」って考えてこの仕様に・・・以下略。


Wiiと言えば、ゲームディスクはDVD規格なのに普通のDVDを入れても再生できません。
(その分コストが上がるからってのが非対応の理由)
これも普通の企業なら間違いなくDVD再生に対応させるだろうに、ゲーム機ゆえにそれを行わないのも任天堂スタイル。


あと、Wiiはゲームキューブと互換性があるため、8cmディスクにも対応してます。
Wiiよりも少し前に発売されたMac miniは、同じスロットローディングだけど8cmディスクには非対応。
昔のiMacでは対応してたから、需要がない&コスト削減でこうしたんでしょうが、裏を返せば任天堂はそれを必要なコストだと考えたわけで。
安価な汎用ドライブ(ボタン押すとトレイが出てくるヤツ)使う手もあったと思うんだけど、本体が厚くなるとかディスクが入れづらいって理由で見送ったんだろうな、きっと。


こうして見ると、ゲームを生業とした任天堂の矜恃が感じられるなぁ、と思う次第です。
この辺りの揺るがない姿勢、流石だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.02

秀丸の検索で

秀丸エディタ(テキストエディタ)の検索って、カーソルが一番下にあるとヒットしないのか。

正確に言うと、「検索窓に文字列を入力した後でEnterキーを押した場合」ってことになりますが。
Enter押した時のデフォルトの動作が「下検索」(カーソル位置から下方向に検索)なので。

「上検索」ってヤツを選べばいいんだけど、そのボタンをクリックするのが面倒(だいたい、文字入力してるときにマウスは使いたくない)。
それに、いちいちカーソル位置の上か下かを考えて検索するなんて有り得ないわけで。
あ~上方向も下方向も同時に検索してくれればいいのに・・・と思ってヘルプを見たら、検索窓の「一周する」ってトコにチェック入れればいいのか。

・・・そう言えば、だいぶ前にも同じ事で悩んだような(苦笑)
Grep検索ばかり使ってるから、通常の検索って使う機会があんまりないのよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.04.01

土産物レビューその14:雅正庵の「鞠福」

本日の土産物レビューは、静岡の和菓子屋「雅正庵」の鞠福(まりふく)。

鞠福

商品名:鞠福(濃い抹茶)
製造:雅正庵
価格:税込890円(6個入り)
購入場所:グランドショップ静岡
消費期限:3日間

モンドセレクション2011年金賞受賞だそうです(↑の写真にも右上にマークあり)。
全然関係ないですが、この賞の名前で思い出すのは「バターココナツ」。あれは旨かったな~。

鞠福は、いわゆる生クリーム大福です。
大福の中に入ってるのは、甘さ控えめなこしあんと抹茶クリーム。
この、クリームと抹茶の相性が絶妙。名前の如く、抹茶の味がハッキリ出ていて(゚д゚)ウマー。
餅もしっかりとした食べ応えでした。

購入時は冷凍状態だったので、冷蔵庫にて自然解凍。
(保存方法も、要冷蔵)
ひんやりした食感も◎。夏のデザートにいいかも。

オススメ度:★★★★☆


他の「土産物レビュー」はこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »