« U-1グランプリ case04 『宇宙船』 in 赤坂RED/THEATER | トップページ | comic1☆6に行ってきた »

2012.04.28

PLAY PARK 2012 -日本短編舞台フェス- in CBGKシブゲキ!!

PLAY PARK 2012 -日本短編舞台フェス-」ってイベントを観に行ってきました。
目当ては、中村有志と鳥肌実(笑)

会場はCBGKシブゲキ!!
ユニクロが入ってるビルの6階です。ライヴハウス「SHIBUYA PLEASURE PLEASURE」と同じフロアでした。
渋谷駅(半蔵門線/田園都市線)の1番出口直結で、非常に便利。
これまで何度も渋谷は訪れていますが、一度も地上に出なかったのは初めての経験ナリ(笑)

250席弱のホールですが、席数の割に広く感じられました。
天井が高いからかも。ちなみにアーチ状になってます。
椅子も立派で、座り心地もまずまず。
ただし座席番号が背もたれの下方に書かれているため(後ろの席に座らないと見づらい位置にある)、席が埋まってると自分の座る場所が探しづらいです。

舞台の高さは、腰のあたりくらい。
なかなか広くて、奥行きもありました。
今日は2列目右方向から見てましたが、列ごとに段差があってすごく見やすかったです。


で、本日の演目。
出演順に、感想を書き連ねていきます。
※以下のリンクは、すべてPLAY PARK 2012特設サイト内の出演者情報に飛びます。

ホナガヨウコ企画 × d.v.d 『リアル感電‼ /2012版(また会いたいし、笑いたい)』
タイトルからして出演者が手を繋いで電気を流す・・・んだと思ったら全然違いました(笑)
舞台後方のスクリーンに抽象的な映像を映しつつ、舞踏。
なんだか現代アートみたいな感じでした。
最後に「ありがとうございました」って言われないといつ終わりなのか分からないですねこれは。

動物電気 『動物電気2012ハッピーホーム』
割と出オチが多い感じのコント。
客いじりは反則だと思います(笑)

中村有志 『「着物芸」「パントマイムアラカルト」「ベルサイユのバラ」』
寸劇の合間のトークで、(渋谷ってことで)道頓堀劇場の思い出を語ってました。杉兵助が師匠だったのか!
パントマイムは、着物や傘を使ったモノ。相変わらず、お見事です。
そして久々に見た一人ベルばら。やっぱりこれは傑作!DVDとか発売して欲しい。
配役は、アンドレ:笠智衆 オスカル:美輪明宏 マリーアントワネット:原節子 フェルゼン:中村伸郎
・・・古いなぁ(笑)
芝居が進むと、オスカルの美輪明宏っぽさが薄まっていきますね。一人四役だと自分でも混乱するのかしら。

珍しいキノコ舞踊団 『キノコース』
アセロラ体操を踊ってるのは彼女たちだったのかぁ(今、リンク先を見て気づいた)
一組目が日常の延長っぽい踊りだったのに対し、珍しいキノコ舞踊団はバレエっぽい感じでした。
かなりしなやかな踊り。
薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」に合わせて踊るシーンが印象に残ってます。

鳥肌実 『玉砕演説』
「耳寄り」ならぬ「右寄りな」内容がお届けされました(苦笑)
そりゃあテレビには出られないし、放送もできないよね(笑)
でももっとトンデモナイのかと思ったけど、意外と普通だったなぁ。

花組芝居 『海神別荘』
古典のようだけど、音楽は現代風だし、なんか不思議な感じ…これ「ネオかぶき」って言うのね。
今日観た中では、一番演劇っぽい内容でした。
黒の着物に山吹色の袴。そして小道具の白い扇子。これらの色のコントラストが見事。
また、落語家のように扇子を色々なものに見立てて使うのが巧かった。


全部で3時間半超(休憩時間含む)、さすがに終わったらグッタリ。
家に帰って公演スケジュールを確認したところ、全プログラム中最長でした(苦笑)
まぁでも、ライヴイベントなんかでもそうですが、色んなヒトをいっぺんに観られるのはいいですな。

|

« U-1グランプリ case04 『宇宙船』 in 赤坂RED/THEATER | トップページ | comic1☆6に行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/54527072

この記事へのトラックバック一覧です: PLAY PARK 2012 -日本短編舞台フェス- in CBGKシブゲキ!!:

« U-1グランプリ case04 『宇宙船』 in 赤坂RED/THEATER | トップページ | comic1☆6に行ってきた »