« ゲームレビュー:圧倒的なる傑作「ゼノブレイド」 | トップページ | ロリポップチェーンソー体験会&須田剛一トークイベント in ゲームズマーヤ »

2012.05.23

ボストン美術館 日本美術の至宝 in 東京国立博物館 平成館

東京国立博物館の特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」を観てきました。
ボストン美術館が収集した日本美術作品の中から、選りすぐられたモノが里帰りして一堂に公開されるとゆう贅沢な美術展です。

ボストン美術館展

14時頃に会場に着いたんですが、平日なのに20分待ちのアナウンス。
昨日が天気悪かったから、みんな今日来たんだろうなぁ…自分もその一人だけど(苦笑)
実際に並んでた時間は、ほぼアナウンスどおり。

入場制限してることもあってか、会場内は猛烈に混雑してるってわけでも無し。
タイミングを見計らえば、どの作品でもじっくり鑑賞することができました。
ただし、絵巻物をのぞく(ここだけはずーっと混雑しっぱなしだった)。


ここ平成館は左右で大きく二つの会場に分かれているんですが(どちらも出入り自由)、展示の区分けはこんな感じ。
 第1会場:神仏の絵画や木像、絵巻物に水墨画など。
 第2会場:刀剣や着物に近代絵画。

第1会場は、そんなに興味を惹かれる作品なし。
目に留まったのは、リスが可愛い「枇杷に栗鼠図」くらい。

そうそう、地蔵(お地蔵様)が菩薩の仲間だってことを今日初めて知りました。


第2会場は、まずは豪華な着物に目を奪われました。特に良かったのは、
 藤のデザインが素敵で透き通るような薄さの「長絹 紫地扇藤流水模様」
 黒地に花の模様が美しい「振袖 黒縮緬地桜楓模様
の二点。

近世絵画で最初に目を惹いたのは、長谷川等伯の「龍虎図屏風」。
等伯の描く龍や虎は、品があっていいですねぇ。

そして伊藤若冲の、「鸚鵡図」と「十六羅漢図」。
品があって、しかもユーモアも感じられる作品です。

最後に、一人の画家だけで1コーナー独占していた曽我蕭白の「雲龍図」と「商山四皓図屏風」。
蕭白の絵ってクセがあるからあんまり好きぢゃないんですが、前者は圧倒的なスケールで描かれた龍が、後者はぞんざい感あふれる人物描写が素晴らしかった。


・・・結局、有名どころばかりが目に付いたって気がしないでもないですが(苦笑)、刀剣や着物なんて普段観に来る機会ないし、色んな時代の様々な美術品を見ることができて良かった、良かった。
なお、この美術展は6/10まで開催中。

↓は平成館と本館の間から見えた、スカイツリー。
写真だと小さく見えますが、なかなかの迫力でした。

東京国立博物館から見たスカイツリー

|

« ゲームレビュー:圧倒的なる傑作「ゼノブレイド」 | トップページ | ロリポップチェーンソー体験会&須田剛一トークイベント in ゲームズマーヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/54783284

この記事へのトラックバック一覧です: ボストン美術館 日本美術の至宝 in 東京国立博物館 平成館:

« ゲームレビュー:圧倒的なる傑作「ゼノブレイド」 | トップページ | ロリポップチェーンソー体験会&須田剛一トークイベント in ゲームズマーヤ »