« ボストン美術館 日本美術の至宝 in 東京国立博物館 平成館 | トップページ | カラーリミックス in 静岡県立美術館 »

2012.05.24

ロリポップチェーンソー体験会&須田剛一トークイベント in ゲームズマーヤ

ロリポップチェーンソーの体験会と須田剛一トークイベントが同時に開催されるってことで行ってきました。
場所は江戸川区が誇る全国区のゲーム店、ゲームズマーヤ

ロリポップチェーンソー須田剛一トークイベント


まずはトークイベント。
本作のディレクターを務めた須田剛一(開発元であるグラスホッパー・マニファクチュアのCEOでもある)と、プロデューサー設樂昌宏(角川ゲームス)のクロストークで進行。
お二人とも饒舌で、和気藹々としたイベントでした。
参加者は30名ほど。

・PVの鑑賞
・ちょっとした裏話なども交えつつ、ロリポップチェーンソーの紹介
・実際のプレイを見ながら、お二人によるゲームの解説

と言った内容の、1時間ほどのイベントでした。
ステージ毎のボスキャラに合わせて音楽も異なるようなのが面白そう(パンク、ロック、バイキングメタルなど)。
日本版(プレミアムエディション)は、海外版のコスチュームやヴォイスなども全て収録された太っ腹仕様だそうです。
須田さんがちょっと間違ったこと言うと舞台裏から的確なツッコミが入るのが、見ていて楽しかった(笑)

イベントの最後に、一緒に写真撮影できる権利をかけて須田さんとジャンケン大会。
・・・まさか勝ち残れるとは思わなんだ!(笑)

とゆうわけで、チェキで一緒に写真撮ってサインしてもらいました!
「花と太陽と雨と」や「NO MORE HEROES」とか大好きなので、少し話もできて握手もしてもらって感無量。
いやぁ、いいイベントだったなぁ。

須田さんは話も面白くて、凄く気さくな方でした。


そして体験会(360とPS3が1台ずつ)。
コスチュームがほぼ全て使えるようになっているヴァージョンは本日の特別仕様とか。

グラスホッパーのゲームって割とクセのあるタイトルが多いんですが、これは凄く遊びやすかったです。
このゲームは、チェーンソーでゾンビをなぎ倒していくTPS。
こうゆうゲームって割と単調になりがちだけど、本作では多彩な仕掛けがあちこちに施されていて、その心配は無さそう。

予想以上に面白かったので、発売を楽しみに待ちたいと思います。

|

« ボストン美術館 日本美術の至宝 in 東京国立博物館 平成館 | トップページ | カラーリミックス in 静岡県立美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/54790965

この記事へのトラックバック一覧です: ロリポップチェーンソー体験会&須田剛一トークイベント in ゲームズマーヤ:

« ボストン美術館 日本美術の至宝 in 東京国立博物館 平成館 | トップページ | カラーリミックス in 静岡県立美術館 »