« サニーサニーハンバート! in LIQUIDROOM | トップページ | 土産物レビューその16:月ヶ瀬の「葵 黄味しぐれ」 »

2012.06.02

ゲームレビュー:その再現っぷりに脱帽「Steins;Gate 変移空間のオクテット」

Windows用として発売されている「Steins;Gate 変移空間のオクテット」をクリアしました。
これは傑作と名高いシュタインズ・ゲートのスピンオフ作品であり、「シュタインズ・ゲート8bit」とも呼ばれてます。


↓の画像は、ゲーム中の画面。
上の比較的きれいなモノがFM-7(富士通)版
真ん中の「いつの時代ですかコレ」がMZ-2000(SHARP)版。
下のファミコンみたいなヤツが、PC-6001mkII(NEC)版です。
なお、ゲームだと機種名を微妙に変えてますが、正しい表記(笑)に直して書いてます。

本作では、プレイするパソコンの機種(もちろん当時のもの)を選ぶ事ができて、それに応じて画面や音楽がその機種用にアレンジされる仕組み。

FM-7版

MZ-2000版

PC6001版

ちなみにコレは秋葉原の中央通り・総武線ガード下付近。
「21世紀なのにこの絵はないだろう!」って思うヒトには、このゲームはオススメできません。
本作は、かつての8bitパソコン用アドベンチャーゲームの雰囲気を限りなく再現しているのが特徴なんですから。
そんなわけで、全てにおいて「今から30年ほど前に作られたゲーム」の体裁が取られています。

ちなみに上の画面を表示されるのに、FM-7版で約16秒かかりました(苦笑)
(さすがに何かキーを押せば一瞬で表示してくれる)
描画や色の塗り方の順番にもこだわりが感じられ、この辺りの再現性もバッチリです。
X1(SHARP)版だと描画に引きずられてBGMのテンポが狂うのも素晴らしい!ってか呆れた(笑)


ゲームのジャンルはもちろんアドベンチャー。
「Steins;Gate」および「比翼恋理のだーりん」はほとんど読み進めていくだけでしたが、本作では自分でコマンド入力しないと何も始まりません。
コマンドも、「look」とか「ride train」のように、「動詞のみ」or「動詞+名詞」の形式で入力します。
この辺りも、昔のアドベンチャーゲームそのまま。
ヒントを教えてくれるコマンドもありますが、それも最小限。
思いついた単語を片っ端から入力して、自ら道を開く必要があります。
悩み苦しむ時間も、プレイ時間のうちですから(笑)

最初、秋葉原駅から出るのにものすごく苦労しましたが、悩んでるうちに当時のプレイ感覚が蘇ってきました。
その後は、ほぼ迷う事無く最後まで到達。
できることも行ける場所も限られているので、(当時の)アドベンチャーゲームとしてはそんなに難しい部類ではありません。
ただし、「デゼニランド」や「サラダの国のトマト姫」でさんざん悩んだ遊んだ事が無いとかなり苦労すると思われます。
せっかくだから、柱も磨ければよかったのに!(謎)

シュタインズゲートのスピンオフ作品として、シナリオもよくできてました。
これまでとは異なる世界線で、IBN5100を探すお話。
主要なキャラクターは全員登場するし、中でも助手が大活躍!(パシリ的な意味で)


オススメ度:★★★★★

ただ上にも書いたように、激しくヒトを選ぶゲームです。
シュタインズゲート関連作品だからって理由だけで手を出すと、全く満足できないかも…
パッケージの絵柄や質感や煽り文句(笑)を見て、懐かしいと思えるかどうかが評価の分かれ目ぢゃないかなぁ。

ゲームのヴォリュームは少なめだけど、当時のゲームとして捉えれば妥当かと。

また定価は5040円と少々高いですが、本編2500円+サントラ1500円+装丁1000円と考えれば納得。
(初回版にはサントラCDが付属してる)
そうそう、ゲーム中に使われている音楽は、「シュタインズ・ゲート」で使われていた楽曲の8bit版。
機種を切り換える事で、「88SR版よりP6mkII版の方が音がまろやかだなぁ」とか聞き比べることもできます(笑)
ゲーム中、ちゃんと絶妙なタイミングで「スカイクラッドの観測者」が流れるのも◎。

追加ディスクでワイヤーフレームのMZ-80B版とか、にじんだ画面が特徴的なAppleII版とか出してくれないかしら・・・


---
関連記事:
2011/10/28 Steins;Gate 8bitと昔のPCゲームの思い出
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2011/10/steinsgate-8bit.html

|

« サニーサニーハンバート! in LIQUIDROOM | トップページ | 土産物レビューその16:月ヶ瀬の「葵 黄味しぐれ」 »

コメント

8ビットか。どうしよう買おうかな?

投稿: | 2012.07.12 09:07

シュタゲが好きで、昔のアドベンチャーゲームも知ってるなら買い!
そうでなかったら、パッケージの実物を見ることをオススメします。手にとってピンと来たらレジへゴー!

投稿: らきどら | 2012.07.13 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/54780266

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームレビュー:その再現っぷりに脱帽「Steins;Gate 変移空間のオクテット」:

« サニーサニーハンバート! in LIQUIDROOM | トップページ | 土産物レビューその16:月ヶ瀬の「葵 黄味しぐれ」 »