« Robotics;Notes 発売記念イベント in ゲームズマーヤ | トップページ | ワクワクを返せ~ »

2012.06.30

Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2012 -FEEL FEARY WEL- in 日本青年館 大ホール

霜月はるか(シモツキン)のコンサートに行ってきました。
会場は日本青年館大ホール

日本青年館

座席は2階席右方向。D列なのに3列目なのがラッキー。
座ったときの目線は、ステージ最上部の壁との境目あたり。
段差があって見やすく、ステージまでの距離も割と近かったです(演者の表情がギリギリ分かるくらい)。
おかげで持って行った双眼鏡は一度も使わず。

チケットは一般発売で購入したのですが、1階後方の席と迷った末にこちらを選んで正解だったようです。


シモツキンはサンホラ(Sound Horizon)のライヴでは何度も見ていますが、本人主催のコンサートに来るのは今日が初めて。
サンホラ絡みの曲をのぞけば殆ど知らないんですが(瑠璃の鳥くらい)、公式サイトに「「前知識なしでも楽しめるよう尽力していますので」」書かれていたので観に来てみました。

うん、確かに予備知識無しでも充分楽しめる内容でしたね。看板に偽りなし。


コンサートは二部構成で、こんな感じになってました。

 第一部:グリオットの眠り姫
 休憩
 第二部:零れる砂のアリア
 アンコール

サポートメンバーの面々:
 Guitar:渡邉"nabeken"賢一
 Drums:矢吹正則
 Bass:河瀬英樹
 Keyboard:矢吹卓
 Violin:kanaco

一部&二部は、それぞれ同タイトルのコンセプトアルバムに収録された全曲を披露。
共にストーリー仕立てになっており、セリフと曲で物語が進行したり、曲間に語りが入ったりします。
こういった形式はサンホラのストーリーコンサートで見慣れているので、違和感は全然ありませんでした。
ちょうど、普通のコンサートとサンホラのコンサートの中間みたいな雰囲気でしたね。
いきなりサンホラのコンサートを観ると色んな意味で度肝を抜かれますが(笑)、シモツキンのは普通のコンサートに近い感じです。

二部には、ゲストも登場(岩垂徳行/なるけみちこ/弘田佳孝/MANYO)。
アルバムへの曲提供&共同製作されたコンポーザーの皆様です。
それぞれの担当曲では、楽器演奏で参加。
なるけさんが登場した第一楽章で、笛を奏でる彼女のシルエットがステージに映し出された背景画とうま~く融合。
それがまるで絵の中で演奏しているようで、すごく幻想的でした。
(多分演出では無くて偶然だと思う)


コンサートを観ていて思いましたが、楽曲に漂う雰囲気とか、Revo(サンホラの主宰者)の描く世界と通じるものがありますね。
なんか世界観がすごく近い感じ。
両方のアーティストのファンが多いのも頷けます。

あと、シモツキンは、青が良く似合うなぁ。
(今回、第一部の衣装やペンライトの指定色が青だった)
サンホラでも舞台衣装(役のモノではないヤツ)は青い衣装だったし、これがイメージカラーなのかしら。

アンコールではまさかの「schwarzweiβ~霧の向こうに繋がる世界~」も聴けたし、もう大満足。
サンホラのライヴ以外でこの曲が聴けるなんて、来て良かったわ~。
かなり盛り上がってたから、こちらでもこれは定番曲なのね。

|

« Robotics;Notes 発売記念イベント in ゲームズマーヤ | トップページ | ワクワクを返せ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/55070373

この記事へのトラックバック一覧です: Haruka Shimotsuki Original Fantasy Concert 2012 -FEEL FEARY WEL- in 日本青年館 大ホール:

« Robotics;Notes 発売記念イベント in ゲームズマーヤ | トップページ | ワクワクを返せ~ »