« 内国勧業博覧会 -明治美術の幕開け in 宮内庁三の丸尚蔵館 | トップページ | はじめての機種変更 »

2012.06.24

三谷版「桜の園」 in パルコ劇場

チェーホフの原作を三谷幸喜が翻案・演出した、三谷版「桜の園」をパルコ劇場で観てきました。

原作の内容は全然知らなかったので、直前にWikipediaで予習。
・・・ああ、学生がいっぱい出てくる話ぢゃないのか(笑)
(※それは映画の「櫻の園」)

筋立てを読む限りでは、没落していく貴族の哀しい物語ですね。
チェーホフはこの戯曲を喜劇として書いたそうなのですが、ロシアでの初演からしてシリアスな内容だったので、以後もそれをベースに上演され続けているそうです。
それを三谷幸喜が作者の意図を推し量りつつ「喜劇」として作り上げたのが、今回の三谷版「桜の園」。

出演は、浅丘ルリ子/市川しんぺー/神野三鈴/大和田美帆/藤井隆/青木さやか/瀬戸カトリーヌ/高木渉/迫田孝也/阿南健治/藤木孝/江幡高志。
ピアノ演奏の荻野清子も、ちょっとだけ出演シーンあり。

上演時間は2時間10分ほど。
途中休憩なしの一幕物ですが、途中に暗転が三回あって4つのシーンに分かれます。
舞台は「桜の園」にある屋敷の子供部屋で、終始この部屋で話が展開。
つまり舞台転換なし。三谷幸喜お得意のパターンですな。

ところでこれから劇場でご覧になる方は、15分前くらいに着席してるとイイモノが見られるかもしれません(謎)


やはりこの芝居で特筆すべきは、浅丘ルリ子。
凛としたかと思えば次の瞬間にはチャーミングだったりして、とにかく圧倒的な存在感。
彼女が舞台上にいるときは、空気が引き締まって感じられました。
ちょっと浮き世離れしたような役どころなんですが、そんなところも彼女の持つ独特の雰囲気とすごくマッチしてると思います。
たぶん、この芝居で彼女の代役が務まるとすれば、黒柳徹子か美輪明宏くらいぢゃないでしょうか。

そして青木さやか。
彼女の怪演(笑)も、なかなか凄かったデス。
時に場の雰囲気をバーッと自分の方に持っていっちゃう辺り、とても本格的な舞台が初めてとは思えません。

あと、市川しんぺーが演じるロパーヒン(農奴出身の商人)が村上ショージに見えてしょうがなかった(笑)


ところでこの芝居は登場人物が多く、しかも似たような名前が多いから、劇中で名前が出てくると誰が誰やらサッパリ(苦笑)
そこで服装や容姿に特徴を持たせて、各人の区別をつけやすくしているようでした。

また、今回は「原作あり」ってこともあって、いつもの三谷幸喜の芝居とはちょっと違う雰囲気が漂ってました。
いつもならどんなに登場人物が多くても一人ひとりにスポットが当たる工夫がなされているんですが、今作では脇役はあくまでも脇役。
ストーリーは原作に忠実らしいので、原作という制約の中でいかに三谷らしさを出すか、「どこまで喜劇にしていいのか」「原作に忠実にしつつも、どこまで崩せるか」そんなことを楽しんで(苦しんで?)作られたような気がします。
そんなわけで三谷幸喜の芝居としてはちょっと異色な感じでしたが、なかなか面白かったデス。
浅丘ルリ子の芝居を生で観ることができたし。

原作を読んでから、もう一回芝居が見たいなぁ。

|

« 内国勧業博覧会 -明治美術の幕開け in 宮内庁三の丸尚蔵館 | トップページ | はじめての機種変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/55032696

この記事へのトラックバック一覧です: 三谷版「桜の園」 in パルコ劇場:

« 内国勧業博覧会 -明治美術の幕開け in 宮内庁三の丸尚蔵館 | トップページ | はじめての機種変更 »