« WILLCOMのPORTUSレビュー | トップページ | 手嶌葵コンサート ~心揺さぶる天使の歌声をあなたに~ in 町田市民ホール »

2012.07.26

向井潤吉 陸奥への旅 in 向井潤吉アトリエ館

「向井潤吉 陸奥への旅」展を観に行ってきました。
以前どこかの美術館でこの展示のチラシをもらい、そこに載っていた絵(↓の写真のヤツ)の美しさに実物を見たくなった次第です。

向井潤吉 陸奥への旅

駒沢大学駅(東急田園都市線)で下車、住宅街を10分ほど歩いて行くと会場である向井潤吉アトリエ館に辿り着きます。
看板が出てなかったら、とても美術館とは思えない佇まい。
入り口からして、こんなんだし。

向井潤吉アトリエ館

ここは向井潤吉が住宅兼アトリエとして利用していた建物を、そのまま美術館として利用したモノだそうです。
なるほど、だから住宅街のど真ん中にあるわけね、納得。

展示されていたのは、東北地方の家々の風景画が32点と関連の資料8点。
出品目録の裏に作品を描いた場所を示した東北の地図が載っていて、それを見ながらの鑑賞。

展示室は1階と2階にあって、そんなに広くありません。
いずれも生活感の感じられる部屋で、床にこぼれた絵の具がそのまま残っていたり、酒の徳利が置かれていたり。
なお、展示を見る際にはスリッパに履き替えます。だから、普通に家に上がる感覚。

いやぁ、今まで見た風景画の中で1、2位を争う美しさ。
まるで写真のようにリアルだけど、絵としての暖かみがあって、ものすごく素敵でした。
「緑を描くのが不得手」だと本人はおっしゃっていたようですが、いやいやとんでもない!
樹木や草の緑が、まるでそこに息づいているようでした。見事すぎる・・・

特に気に入った作品をピックアップ。

六月の田園
↑の写真の絵がコレ。チラシで見たときは水彩画かと思ったけど、油彩でした。
この構図、いいよねぇ。

水辺の曲がり家
この絵に人物は登場しないけど、生活感の感じられる家の感じが好き。

春映
特に緑が印象に残った作品。


美術館自体も素晴らしかったし、絵も文句なし。
そしておまけに入場料が安い(大人200円)。
次の企画展(8/7から開催)も、是非観に行くつもりです。

|

« WILLCOMのPORTUSレビュー | トップページ | 手嶌葵コンサート ~心揺さぶる天使の歌声をあなたに~ in 町田市民ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/55290109

この記事へのトラックバック一覧です: 向井潤吉 陸奥への旅 in 向井潤吉アトリエ館:

« WILLCOMのPORTUSレビュー | トップページ | 手嶌葵コンサート ~心揺さぶる天使の歌声をあなたに~ in 町田市民ホール »