« The Acoustic vol.3 in 赤坂天竺 | トップページ | 向井潤吉 陸奥への旅 in 向井潤吉アトリエ館 »

2012.07.25

WILLCOMのPORTUSレビュー

ウィルコムの「話せるWi-Fiルーター」ことPORTUS(WX02S)を使い始めてまもなく1ヶ月。
ここまでの使用感などをレビューしてみます。
なお、比較対象は同じくウィルコムの京ぽん(AH-K3001V)。

◆気づいたこと
・ブルーの本体は、店頭にあるモックアップよりも断然発色が良い
・初期設定のままWi-Fi使えて便利だなぁって思ったら、オープン(誰でも使える)状態だった(苦笑)
※速攻でセキュリティ設定をOpenSystemからWPA/WPA2-PSKに変更


◆良いところ
・スライドキーでWi-Fiオン/オフが切り替えできる
・Wi-Fiオン/オフの切り替えがスムーズ
・充電完了までが速い
・電源投入→使えるようになるまでの時間が速い

Wi-Fiは電源投入後の初回使用時こそ時間がかかりますが(初代Pocket Wi-Fiと同じくらい)、それ以外は数秒で済むので手軽にオン/オフできます。
また本体横のスライドキーで操作するため、現在表示している画面がそのままなのが◎
(電話機表面のキーを押さなくていいから)

充電は、電源を切った状態よりも入れたままの方が速い・・・気がする。


◆良くないところ
・エンターキー(方向キーの中央にあるヤツ)が押しづらい
・メールの受信に少し時間がかかる(手動で受信する時に、ちょっと気になる)
・充電/着信ランプの位置がよくない

エンターキーは、なぜか左手よりも右手の方が操作しやすい(でも押しにくいことに変わりなし)。
頻繁に使うキーだけに、これが押しづらいのはちょっと勘弁…

ランプは本体上部の斜めになった位置にあるため、机の上に縦置きしてると見えにくい。


◆改善して欲しいところ
・キーロックが軽い 気がつくとはずれてる
・メールの着信ランプが分かりづらい
・Wi-Fiが地下だと全然繋がらないよ~

キーロックもスライドキーでオン/オフするんですが、ちょっとスライドしただけでロックが外れます。
だからロック状態でバッグに入れておいて、取り出したら解除状態なんてことがザラ。
何秒スライドしたらロックする、って設定を追加して欲しい。
(Wi-Fiに関しては、スライドキーを押す時間の長さを調整可能)

メールの着信ランプは5秒に1回くらいしか点滅しないため、一瞥しただけではメールの有無が分からないのが不便。
これも時間設定できればいいのに。

Wi-Fiに関しては、地下で繋がらないってのは事前に知ってたけどここまでとわ・・・(苦笑)
(Wi-Fiは、ソフトバンクのULTRA SPEED
↓に、これまで試した場所を列挙。逆に繋がる場所を知りたい(笑)
あ、PHS(通話)は地下でも普通に繋がるので念のため。Wi-Fiだけが×
 都営新宿線の新宿駅 ×
 外苑前駅 ×
 表参道駅(銀座線・半蔵門線) ×
 九段下駅(東西線・半蔵門線) ×
 大手町駅(東西線・千代田線) ×
 東京駅(京葉線地下ホーム~他路線への乗り換えに向かう通路) ×


まぁこんな感じ。
満足度で言えば、★★★★☆といったところ。
やっぱり、Wi-Fiルーターとして気軽に使えるのは便利ですね。荷物にもならないし。

ところでこのPORTUS。
どうやらウィルコムが思ったほどには売れていないようで、まだ3ヶ月しか経っていないのに基本料金(プラン)の割引まで始まってます。
まぁ、本体価格やおまけタブレットの有無なども考慮すれば、以前とそんなにお得度は変わらないんですが。
恐らくこれからも色々な展開があるでしょうから、これ買うときに一番難しいのは「買い時」だと思います。

まぁ買ったら端末に関する情報を一切見ないのが賢いわけだけど、ウィルコム自ら「基本料金値下げするよ!(でもこれから買うヒトだけね!)」とかメール送ってくるからなぁ(苦笑)


(2012/11/26追記)
プロフィール画面の編集に四苦八苦。

プロフィールにPCのメールアドレスを追加しようとしたら、何度やってもできず。
「戻る」って機能しか無くて、それだと編集内容が破棄されちゃうんだよね。
説明書読んでも、特に記述無いし。

さんざん悩んだ結果、「名前」を入力することで「登録」機能が表示されることが判明。
「名前」の内容を消去すると、「登録」機能も消えるステキ仕様(苦笑)
つまり「名前」に何か入力されていないと、他の情報はいっさい登録できない、と。
名前なんて、登録する側が分かりやすいように変えるんだから最初っから空欄でもいいぢゃん!って考えは通じないのね。
・・・なんか納得いかないなぁ。

---
関連記事:
2012/06/25 はじめての機種変更
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2012/06/post-38b3.html

|

« The Acoustic vol.3 in 赤坂天竺 | トップページ | 向井潤吉 陸奥への旅 in 向井潤吉アトリエ館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/55059284

この記事へのトラックバック一覧です: WILLCOMのPORTUSレビュー:

« The Acoustic vol.3 in 赤坂天竺 | トップページ | 向井潤吉 陸奥への旅 in 向井潤吉アトリエ館 »