« 手嶌葵コンサート ~心揺さぶる天使の歌声をあなたに~ in 町田市民ホール | トップページ | かつや、時空を越えて »

2012.07.30

無料本、あなどりがたし

ドラマの脚本家・木皿泉が紀伊國屋の季刊誌「scripta」で連載を始めたって聞いたので、昨日コンサートの前に相模大野の紀伊國屋書店でもらってきました。
ついでに、新潮社の「1Q84のここが好き!」もゲット。
どちらも無料です。

scriptaと1Q84読本

木皿泉の連載「ぱくりぱくられし」は、夫婦(木皿泉は合作のペンネーム)の会話形式になっている、3頁の読み物。
以前、BSプレミアムで放送していた特集番組(しあわせのかたち~脚本家・木皿泉 創作の世界~)で二人の生活ぶりを拝見しているので、様子が想像できてなかなか面白い(笑)

他にも読み応えのありそうな文章がたくさん載っていて、全52頁。
これ無料で配ってるんだからスゴイ。さすが紀伊國屋書店。
また3ヶ月後にもらいにいくのを忘れないようにしないと・・・


「1Q84のここが好き!」は、文庫版の発売を記念して作られた小冊子です・・・たぶん。
著名人が村上春樹の「1Q84」について語ってるわけですが、中でも秀逸だったのが安西水丸×綿矢りさの「1Q84めぐり」。
二人が1Q84の舞台となった場所を歩き、文章(綿矢りさ)と絵(安西水丸)で紹介する内容。
このスタイルがなんだか村上朝日堂(村上春樹のエッセイ集 安西水丸がイラストを担当)みたいで懐かし~。

また、各国版1Q84の表紙がずらりと並んだページもあって、国によってずいぶんデザインが違うのが分かります。


いやぁ、無料本でこんなに楽しめるとわ。
これからは本屋に行ったら、配布物を置いてあるコーナーをチェックせねばっ。

|

« 手嶌葵コンサート ~心揺さぶる天使の歌声をあなたに~ in 町田市民ホール | トップページ | かつや、時空を越えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/55324347

この記事へのトラックバック一覧です: 無料本、あなどりがたし:

« 手嶌葵コンサート ~心揺さぶる天使の歌声をあなたに~ in 町田市民ホール | トップページ | かつや、時空を越えて »