« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012.08.30

すうねるところ in シアタートラム

三軒茶屋のシアタートラムにて、「すうねるところ」を観てきました。
これは、脚本家の木皿泉が初めて手がけた舞台作品で、演出が内藤裕敬。
出演は、薬師丸ひろ子/篠井英介/村井良大/萩原聖人。

すうねるところ

シアタートラムはこれが2回目。
すぐ近くの世田谷パブリックシアターが客席数約600なのに対し、こちらは約200。
こぢんまりとした、いい雰囲気の劇場です。
客席には肘掛けが無いので、ベンチに等間隔でクッションを敷いたような座席になってます。
(座り心地は、悪くない)
列ごとに段差もあって、かなり見やすいですね。

平日の昼公演でしたが、立ち見も出て大盛況でした。

座席はH列(A列が無いので7列目)中央付近。
ステージがかなり近く感じられ、演者の表情もはっきり見える距離。
この劇場なら、最後列からでもかなり見やすいと思います。縦長だから、左右でもほとんど見切れないと思うし。


さて、本日の芝居。
家族として(そして人間として)暮らしている3人のヴァンパイアと、幼い頃彼らに拾われた一人の高校生のおはなし。

一風変わったホームドラマ・・・と言ったところでしょうか。
芸達者なヴァンパイア達が右往左往するサマは必見です(笑)

なんだかラジオドラマを見ているような感じでした(ちょっと変な表現だけど)。
劇中に登場する「音」が印象的。
控えめだけど印象に残る音楽も良かった。

そしてこの芝居、セリフがすごく印象に残ります。
深いことをサラッと言わせるあたり、さすが木皿泉。
また、独特の台詞回しは世相を良く捉えてますね。

雑然として、小道具が所狭しと並べられたセットも素敵な雰囲気。
年季の入った色合いは、劇中の表現を借りれば全体的に「茶色っぽい」。
扇風機とテレビが3台ずつあったのは、ヴァンパイア一人一台なのかしら?(笑)

前半と後半でのマリオ(村井良大)の態度の変わりっぷりがほんの少し気になったけど、それ以外は大満足。
繰り返し見たいから、映像化してくれないかなぁ。。。

それぞれの役者の雑感ひと言。

薬師丸ひろ子:「Q10」を思い出す そして声が素晴らしい! 
篠井英介:怪しい年齢&性別不詳な不思議な雰囲気がサスガ
萩原聖人:頼りなさげな演技が上手い 途中の気まずいシーンが、ものすごくリアルに感じられた
村井良大 初めて見たけど、若くて真っ直ぐな感じがよく出てた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.29

ロキノンナイト vol.10 in 立川BABEL

野坂ひかりが出演するライヴイベントを観に行ってきました。
会場は立川BABEL
JR立川駅から徒歩数分、繁華街の中にあるライヴハウスです。

ロキノンナイト vol.10

中はけっこう広くて(キャパ300以上)、下北沢にあるようなライヴハウスの雰囲気。
舞台も広めでした。
ロビーからホールに至るまでには扉が2ヶ所あって、いずれも自動ドア。
この部分って防音用のイカツイ扉の場合が多いんだけど、両方自動ドアって初めてだわ。
開け閉め楽だし、音も静かだからいいですね。

フロアはスタンディング形式で、壁際にいくつかベンチが置かれてました。

本日は、立川BABEL4周年記念の一環として行われたライヴだそうです。
以下、見た順にアーティストの雑感。

シラノドベルジュラック
 ・3ピースのロックバンド
 ・曲はいい
 ・ヴォーカルの声が高くて絶叫系なのがあんまり合ってない気が

Curtain Call
 ・4ピースのロックバンド(明日からはベースが抜けて3ピースに)
 ・今日見たバンドの中では一番良かった
 ・骨太で、ヴォーカルの声がいい

Pygmalion
 ・4ピースロックバンド
 ・バンドとして、音がまとまってる感じ

HOLLOW ORANGE
 ・4ピースロックバンド
 ・まとまりがあって、それなりに聴きやすい

と、ここまで全部バリバリのロックバンド。
自分が到着前に出演した2組も多分同じなんでしょう。
そこにトリで登場したのが、野坂ひかり。
彼女はキーボード弾き語りなので、ここまでとのギャップがスゴイ(笑)
ロックの嵐の後に静寂のピアノってゆう流れは、Fantasia(ディズニー映画)の終盤「はげ山の一夜」から「アヴェ・マリア」に続く展開みたいでした(笑)

いいかげん耳が爆音で痛くなってきたところに、彼女のピアノでずいぶん耳が癒されたなぁ。
(実際、会場を出たら耳は普通になってた)

その、野坂ひかり。

冒頭から最後までの流れが、ものすごく綺麗にまとまってました。今まで聴いた中で一番かも。
聞き惚れていたら、あっという間に出番が終わった感じ。

そのセットリスト。
1.I say hello,You say hello.(新曲)
2.SECRET GARDEN
3.初恋
4.傷
5.願い

「傷」と「願い」が対になってる曲のように聞こえたのが印象的。
このセットリストでCD作って欲しい、と思っちゃうような完成度の高さです。
地元(立川)でのライヴってことで、気合いを入れて臨んだ面もあるんぢゃないかなぁ、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.28

珍品ものがたり in 宮内庁三の丸尚蔵館

宮内庁三の丸尚蔵館で美術展「珍品ものがたり」を観てきました。

「作品そのものの珍しさに加えて、作品の成立や今日までの伝来に、伝承も含めて様々な“ものがたり”があるもの」(パンフレットより引用)だそうです。

珍品ものがたり


以下、興味を惹いた作品。

象墜(小島彤山)
コレ目当てに観に行ったんですが、実物は予想以上に小さかった。
ゲンコツ握った手よりも小さなサイズの中に、800人以上の人物が彫られているんだからスゴイ。
拡大鏡も備え付けてあったけど、それで見ても、まだ小さい(苦笑)
よくこんなもの作ったなぁ。

蒙古襲来絵詞
鎌倉時代に描かれた、元寇の様子を伝える絵詞。
歴史の教科書なんかで、見たことある方も多いはず。
ああ前期の展示を観に来れば良かった・・・(今は後期で、その有名な部分は出てない)

・旧諸大名槍雛形(山田幾右衛門)
↑の写真の下方に写ってるヤツ。ミニチュアサイズの槍。
この槍は大名家ごとに異なるそうで、槍を見ればどの大名かが分かったとか。
展示されていたのはごく一部だったけど、これ全部並べたところを見てみたい・・・


皇居東御苑を散策がてら行ってきたんですが、さすがに昼過ぎだと暑すぎて御苑内はヒトが少なかったですね。
こんなに空いてたのは、初めてかも。
でも尚蔵館は比較的混んでました。ここ涼しいからね~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.26

みたに×数馬 2マンライブ ~なんでやろ。2マン~ in 横浜BAYSIS

みたにが出演するライヴイベントに行ってきました。会場は横浜BAYSIS
本日は、そのみたにと数馬の2マンライヴ。

なんでやろ。2マン

タイトルの「なんでやろ。」は、石川県にあるラーメン屋「8番らーめん」のCMから取ったそうです。
(二人とも、石川県出身)
YouTubeでそのCMを視聴しましたが…これ初めて見たなぁ。ローカルCMだよね?

横浜BAYSISを訪れたのは、今日が2回目。
前回は椅子がなかったので今日もきっと…と思ったら、ちゃんと椅子が用意されてました(約60席)。
ドリンクを持ってるから、やっぱり椅子の存在はありがたい。

ライブは、みたに → 数馬、の順。
二人とも、最初は弾き語りで、その後サポートメンバーをいれての演奏、最後はまた一人って流れでした。
最後には二人のセッションもあり。

みたにのセットリスト(公式ブログから、その部分を抜粋して引用)。

―弾き語り―
1.ワンルーム
2.ウエンディ
3.そばにあったもの
4.夜明け

―三人―
5.Y字路
6.デジャブ
7.空の向こう
8.しあわせの唄

―弾き語り―
9.nontitle

いつもだいたい4曲くらいなので、今日はたくさん聴けて大満足!
シンプルであるが故にココロにすっと沁みこんできて、心と共鳴する、そんな演奏でした。
普段どおりでしたが、途中で少し感極まってたかも。

「三人」の部分は、ギターとベースのサポート。
弾き語りとは、雰囲気が変わりますね。
みたにのCDの1枚目と2枚目に入ってる「Y字路」が、同一曲なのに印象が異なるのと同じ感じ。


数馬も、ギター弾き語り。
本人も、そして歌も爽やかでした。
一所懸命さが伝わってくる、そんな演奏。

最後のセッションは、未来へ(kiroro)と永遠(高田エージ)。
「永遠」はいい曲だなぁ。シンプルなサビが、未だに耳から離れません(この記事書いてるのはライヴの二日後)。


ココロがあったかくなるような、すごくいいイベントでした。
開演前後にハンバート ハンバートがかかってたのも、良かった(笑)
意図的に流したんだと思うけど(何度かリピートしたし)、今日の雰囲気にぴったり合ってましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

傷むのが早すぎるよ!

(窓開けっ放しなのに)室温が37度を超えた本日、冷蔵庫に入れておいた牛乳が酸っぱくなりました・・・

(前に10分ほど外に放置したら速攻で傷んだことがあったから)
それ以来飲んだらすぐ冷蔵庫に入れるようにしてるのに。
昨日は全然問題なかったのに。
賞味期限があと5日も残ってるのに。

まさか冷蔵庫の開け閉めだけで傷むとわ(苦笑)
猛暑、恐るべし。


室温が36度を超えると、体調っておかしくなるよね。
室温が体温に達すると、カラダが警告を発するってことかしら。
皆様も気をつけましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.24

access 20th Anniversary TOUR 2012 MEGA cluster(追加公演) in 中野サンプラザ

accessのライヴツアー、中野サンプラザでの追加公演に行ってきました。
7月もここで見ているので、これで6年連続8回目。
とりあえず、MOONSHINE DANCEの振りを覚えました(笑)

本日の座席は1階18列目中央付近。
ここからだとステージの様子ははっきり見えるし、もちろん表情もバッチリ。
列ごとに段差もあるため、前のヒトもそんなに気になりません。
前回は1階後方で(天井が近いため)音が籠もるのが気になりましたが、この席だと無問題。
やっぱり天井の高さは重要ですね。
上の方にミラーボールが吊ってあったけど、あれどうゆう場合に使うんだろ?


ライヴは前回と(たぶん)同じ内容だったので、新たに気づいた事などを簡単にまとめ。

・男子トイレが減ってた
1階のトイレが女性専用に・・・今回、男子トイレは1ヶ所だけだったんぢゃないでしょうか。
まぁ、観客の男女比考えれば当然か。

・(MEGA)LEDスゲー
光が透過するので、後ろに設置されたライトがLED越しにバンバン光を放つのが圧巻。
昨年の3Dプロジェクションマッピングもそうだったけど、最新の技術をライヴにふんだんに盛り込んでくれるのは、すごく楽しい。

・「Beyond the Second-D」の冒頭、ライトの当て方が巧み
二人それぞれに強い白色光をあてることで、左右の壁に一人ずつシルエットがきれいに映し出されてました。

・暗転の時間が短くなった気がする
場所移動などの関係で曲間が一拍空くことがあるんですが、7月の時よりもその時間が短くなった気がします。
おかげで間延びせずにスピーディな展開が楽しめました。

・「地球を護る者」と「火星(ホルストの惑星の一曲)」が聴けて大満足!
大ちゃんソロ曲は変更があってもおかしくないなぁと思ってましたが、同じ曲で一安心。
今日は、この二曲を再び聴くために来ました。
ここに一番期待してたのって、多分自分だけだろうね(苦笑)


前回の公演を見てから1ヶ月と少し。
同じ内容なのに、こんなに楽しめるとは思いませんでした。
それだけライヴの完成度が高いってことだと思います。

しかしここ数年、毎年ヒロの動きが激しくなってる気が・・・
よくあんだけ歌い踊りながら動き回れるな、と

また来年も、楽しみにしてます!

---
関連記事:
2012/07/21 access 20th Anniversary TOUR 2012 MEGA cluster in 中野サンプラザ
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2012/07/access-20th-ann.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.22

渋谷の混雑っぷり

最近週末に渋谷に行くたびに思うんだけど、スクランブル交差点を渡るヒトの数が減ってる気がします。
渋谷TSUTAYAの前なんて大混雑で、すれ違うのも一苦労って感じだったのが、今は普通に歩けるし。

でも、井の頭通り(西武の横~ハンズに向かう道)は、前よりも混んでる気がする・・・


マークシティを通り抜けて道玄坂に至る通路は、明らかにヒトが減ってますね。
「美登利寿司」の行列は、半分くらいになってるし。
(ここに並ぶんだったら梅丘まで行けばいいのに…)

この辺りを利用してた人々は、ヒカリエに流れてるんだろうか?
あそこはまだ行ったことが無いので(渋谷のあっち側には、めったに行かない)、ヒカリエの混雑っぷりは分かりませんが。


まぁそんなわけで、渋谷ですらもヒトの流れはけっこう変わるもんだな、と。
こうゆうのを定点的にウオッチすると面白そう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.20

たかがでされどな2mg

キリンビバレッジのソルティライチ
今年も無事に店頭に並んでいて、ああ去年だけで終わらなくてよかった!と思ったわけですが。
・・・微妙に味が変わってますね。

相変わらず旨いし、氷入れて飲んだら暑いときにはサイコー!なのは昨年同様。
ぢゃあ何が違うかと言えば、それは一口目のインパクト。
去年感じた「あ、しょっぱい!」ってのが今年は全然無いんだよね~。
例えて言うなら、グラスに塩がまぶされていないソルティ・ドッグを飲んでるような感じ。

そんな話をTwitterでつぶやいたら、昨年とはナトリウムの配合量が違うって教えてもらいました。
昨年は100mlあたり45mgだったのが、今年は43mg。
微妙な差だけど、けっこう分かるもんなのね。

おかげで飲みやすくなったとは思いますが、これぢゃあ只のライチジュース。
あの(一口目の)強烈な塩味があったからこそ好きになったのに・・・
去年のを★★★★★とすれば、今年は★★★☆☆って感じ。
初めて飲んだのが今年のヤツだったら、この飲み物にそんなにハマらなかったと思います。

買い置きのヤツを飲み終わったら、もう買わないだろうな。


昨年と今年の発売時のニュースリリースにリンクしておきます。

2011年
http://www.beverage.co.jp/company/news/page/news2011060901.html

2012年
http://www.beverage.co.jp/company/news/page/news2012051503.html


---
関連記事:
2016/08/17 違いがわからぬ1mg
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2016/08/post-a4b5.html

2011/08/16 ソルティ・ライチが旨すぎる
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2011/08/post-a4b5.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.19

三谷文楽「其礼成心中」 in パルコ劇場

三谷幸喜が作・演出を手がけた「其礼成心中」を観に行ってきました。場所は渋谷・パルコ劇場

2006年の歌舞伎(決闘! 高田馬場)に続き、今回はなんと文楽。
最近、何かと話題になってる文楽ですが(苦笑)、見るのは今日が初めてです。


舞台には黒、柿、萌黄の三色(歌舞伎なんかでお馴染みの色)の引き幕がかかっており、なんだかいつものパルコ劇場とは違う雰囲気。
開演直前に三谷幸喜本人(っぽい何か(笑))が登場し、簡単な解説をした後に幕がサッと引かれて、はじまりはじまり。

舞台は上下二段になっていて、「決闘! 高田馬場」の時と同じ構造。
上の段に太夫(語り)と三味線が陣取り、下の段で話が繰り広げられます。
人形一体を三人の黒衣が動かしてるんですが、見ているうちに彼らのことは気にならなくなりました。
すると本当に人形が自分で動いているように見えてくるから不思議。
文楽って人形の表情は変わらないんだけど(変わるのは人形浄瑠璃)、セリフに合わせて腕や手が動く様子を見ていると、表情も変化するように思えてきます。
優雅に動いたかと思えば、激しい動きもあったりして、これって黒衣の息がピッタリ合ってないとできないよなぁ。


タイトルの「其礼成心中」は、近松門左衛門の「曾根崎心中」のもじりで、曾根崎心中の裏にこんな話があったかも・・・とゆう内容でした。
劇中には、その近松門左衛門も登場します。ケンカを売られる相手として(笑)

最初と最後こそ文楽ならでは、って感じでしたが、途中は何でもアリって感じで非常に分かりやすくなってました。
まるで人形劇の新・三銃士(あれも三谷幸喜が手がけた)が吉本新喜劇を演じてるみたい、とでも言えばいいでしょうか。
もちろん現代用語もバンバン登場するし、果ては本物のミラーボールまで(笑)

「決闘! 高田馬場」は元の話を知らないと展開について行けない部分がありましたが、「其礼成心中」は曾根崎心中を知らなくても無問題。
ちなみに会場では、床本(太夫の語る内容が記載された本)がパンフレットとセット販売されてます。
開演中、客席に薄明かりが灯っていたのは、これを見ながら観劇できるようにってことかしら。

上演は二時間。
現代劇を見慣れてる身としては時間も内容もごく普通の分量に思えましたが、これ元来の文楽のテンポで上演すると4~5時間になるんだとか(床本のまえがきより)。
それだけ「巻き」で話が展開してるってことですが、そんな風には全く感じられず。


そんなわけで色々と現代的な文楽である今作。内容も親しみやすくて非常に面白かったです。
機会があれば、本物の文楽の曾根崎心中も見てみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.17

Loollipop Music ~榎本くるみ × 野上智子~ in 渋谷LOOP ANNEX

渋谷LOOP ANNEXでライヴイベントを観てきました。
今日も入場は整理番号順(会場への予約→各アーティストへの予約、の順に入場)。
会場には丸テーブルが置いてあったりして、これまでと比べて気持ちゆったりな椅子の配置でした。

以下、出演順に感想など。

東木ヒトミ
・ヴォーカル キーボードのサポートあり
・曲が良いし、声も悪くない
・でも何かが足りない気がする…


やないけいこ
・ヴォーカル兼ヴァイオリン サポートはキーボードとパーカッション
・会場でもらったチラシと全然印象が違うのでビックリ
・MCがとても面白かった
・物販にCDを買いに行って「あたしいくつに見えますか」って聞かれたのは初めて(笑)
(※MCでそんな話をしていたので)
・声が力強く、アップテンポの曲が似合う感じ
・「東京の空」と最後の曲が良かった


野上智子
・本人の歌+キーボードとギターのサポート
・5月に吉祥寺で見て以来2回目
・赤い衣装と黒のバックの対比が美しかった
・前に見たときはピアノと二人だったけど、ギターが入ると曲に奥行きが増すように思える
・「ピントを合わせて」って曲がすごく良かった
・時折見せる、はにかんだような表情が素敵


榎本くるみ
今宵のセットリスト
 01.打ち上げ花火
 02.Feel
 03.螺旋の記憶
 04.東京
 05.ぼくのうた
 EN.あなたに伝えたい

季節感あふれる「打ち上げ花火」でスタート。
新曲を挟んで、「螺旋の記憶」。ライヴで聴いたのは初めてかも。
最初に曲名言ってくれなかったら、演奏中「これなんて曲だっけ?」って必死に思い出そうとしたはず(苦笑)

本日のサポートは、コントラバス+ギター。
「ぼくのうた」が、原曲のもつ独特の雰囲気をこの構成でうまく表現していて、聴き応えありました。
編成や曲の組み立てなど、先日の青山でのライヴに似てる印象。

近々うれしい発表があるらしいので(MCで言ってた)、期待して待ちたいと思います。
やっぱりアルバム発売かしら?
気持ちよさそうに歌うのはいつもと同じですが、なんとなく楽しそうに見えたのはこの「次に控える何か」の所以かもしれないと思ってみたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.16

ドラクエ10、その後

ドラクエ10を初めて1週間。
オンラインもすごく楽しかった!
とりあえずここまでの雑感など。

ゲーム自体は、ドラクエ8と9が合わさったかのような感じ。
画面構成や移動は8、ゲームに登場する要素(クエストや素材、転職関連)は9。
オンラインゲームにはなったけれど、普通に「ドラクエ」でした。

ただし、レベルアップはしづらい。
その街の最強の装備を集めたら次へ…というセオリーも通用しません(笑)
強い敵に挑んで経験値をどかんと稼ぐより、弱いけど数を稼げる敵を倒す方が効率的。
このあたりは、ネトゲっぽい(マップがスゲー広いところも)。


そしてネトゲなのにネトゲっぽくないのが、パーティ編成。
「サポート仲間」とゆう仕組みがあって、自分がログアウト中に他の冒険者に雇ってもらうことができます。
(経験値やゴールドも一部もらえる)
この仕組みのおかげで、「パーティを組む面子を揃える」苦労がゼロ。
人が集まらなければサポート仲間を入れればいいし、もちろんソロ+サポート3人でも全く問題なし。
ソロなのにパーティプレイができる!ってのが素晴らしい。


他の誰かと冒険する場合も、手軽に遊べるような仕組みになってます。
仲間に誘われるときは、その場でシステムメールが届くので(ドラキーが運んでくる)、それに対して返信するだけ。
この返信も、行く/30分だけ/1時間だけ/ごめんなさい…などの中から選ぶだけなので簡単。

また、誰かとパーティ組んでる間は経験値/ゴールド/アイテムは平等に各メンバーが入手できるから、いわゆる「分配」作業が不要。
おかげで途中でパーティから抜けるのも簡単。「回復役がいなくなっちゃったよ!」って場合でも、サポート仲間の中に僧侶がいれば、それを出せばOKだし。

とまぁこんな感じで、パーティを組むことによる煩雑な部分を最小限にして、遊びやすくする工夫が盛りだくさん。
そして、ソロでも誰かと一緒でも、全く同じ遊び方ができる。
いやぁ、これは画期的ですね。

そんなわけで、ドラクエが好きなヒトにもネトゲが好きなヒトにもオススメ!
正直、ここまで手軽に遊べるとは思ってませんでした。


自分は現在、魔法使いを職業にしてプレイ中。
今まで色んなRPGで遊んできたけど、主人公をいわゆる後衛職にしたのはこれが初めて。
まぁドラクエだから転職すれば職業をガラリと変えられるわけですが、せっかくなので他職でスキルを覚える際にも後々魔法使いで有効なものをチョイスする所存。

現在の状況はこちら。これ、リアルタイムで更新されるのがスゴイと思う。
http://hiroba.dqx.jp/sc/character/13231745585/

最後に写真を一枚。
夜になると、あちこちで気持ちよさそうに眠り始めるスライムベス。
こんな遊び心あふれる光景があちこちに広がってる世界へ、ぜひ皆様もドゾー。

おねむなスライムベス


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。
当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.08.15

東京の地下鉄、好きな順

独断と偏見による、東京の地下鉄好きな順。


●東西線
一番よく利用
新型車輌はドアが広くて快適
東葉高速車輌のドア横の手すり(半円みたいなヤツ)が嫌い
他の路線に比べて、冷房が効きすぎてる気がする

●半蔵門線
最近、利用することが増えた路線(渋谷や三軒茶屋に行くとき使う)
綺麗な車輌が多いイメージ
6ドアだとガッカリ

●都営新宿線
新宿に行くときに利用
強風で東西線が止まっても普通に走ってるのがイイ!
京王線車輌のドアに貼ってあるキティちゃんのシールが好き(笑)
最近、急行に乗ってないなぁ…

●銀座線
運行感覚間隔が短いから、あんまり待たされないのが◎
割と乗るのに、未だ新型車輌に遭遇できずorz

●千代田線
原宿/下北沢に行くときに利用
「電車が来ます」ランプが点くのが、ほかの路線よりも早い気がする
寝過ごすとどこまで連れて行かれるか分からないのが怖い路線

●有楽町線
新木場方面に行くときにお世話になる
車輌間の透明なドアが好き あれ、ほかの路線でも採用すればいいのに
ケロロのマナー広告が秀逸
早く延伸して豊洲-東陽町を結ぶんだ!

●都営大江戸線
門前仲町からの乗り換えで利用
車輌が狭いから、混雑時には乗りたくない路線

●南北線
あんまり利用しない(目黒から乗るくらい)
路線として新しいので、駅がみんな綺麗
ホームドアもちゃんと作られていて◎

●都営浅草線
品川方面に行くときに利用
京急に乗ってるって感覚なので、都営線に乗ってる感じは全然しない
駅で電車待ってると、たまに京急車輌が電子ホーンを鳴らしてくれるのがイイ!

●丸ノ内線
池袋に行くときに利用
途中で少しだけ地上に出るのが好き

●副都心線
一回しか乗ったことない
東西線と交わらない唯一の路線だから、馴染みも薄い
最後発だからとは言え、ホームが地下すぎる…

●都営三田線
目黒から南北線に乗ったつもりが三田線でびっくり!
あれは巧妙なトラップだと思う 利用したのはその時だけ(苦笑)

●日比谷線
横浜方面から戻ってくるときに、よく利用
車内のアナウンスが聴き取りづらいイメージ
車輌がみんな古いと思う
5ドアだとガッカリ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.08.13

ラウンジゲームの結果(2012/07)

リネージュ、7月のラウンジゲームの結果。

宝箱(10パール) ×9
ビンゴ(50パール) ×0
計90パール

宝箱9回開けた(=サイコロで宝箱のマスに止まった)のは過去最高タイか。
それならジャンケンで5回しか勝てなかったのも仕方ないねっ!(苦笑)


これまでの結果はこちら。

2009/05 宝箱:7  ビンゴ:2  合計:170
2009/06 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2009/07 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2009/08 宝箱:8  ビンゴ:1  合計:130
2009/09 宝箱:7  ビンゴ:3  合計:220
2009/10 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2009/11 宝箱:7  ビンゴ:0  合計: 70
2009/12 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/01 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/02 宝箱:4  ビンゴ:1  合計: 90
2010/03 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/04 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/05 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/06 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2010/07 宝箱:7  ビンゴ:0  合計: 70
2010/08 宝箱:8  ビンゴ:0  合計: 80
2010/09 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2010/10 宝箱:3  ビンゴ:2  合計:130
2010/11 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/12 宝箱:4  ビンゴ:1  合計: 90
2011/01 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 50
2011/02 宝箱:6  ビンゴ:0  合計: 60
2011/03 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2011/04 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2011/05 宝箱:8  ビンゴ:1  合計:130
2011/06 宝箱:3  ビンゴ:2  合計:130
2011/07 宝箱:5  ビンゴ:0  合計: 50
2011/08 宝箱:9  ビンゴ:1  合計:140
2011/09 宝箱:7  ビンゴ:1  合計:120
2011/10 宝箱:6  ビンゴ:6  合計:360
2011/11 宝箱:3  ビンゴ:2  合計:130
2011/12 宝箱:5  ビンゴ:0  合計: 50
2012/01 宝箱:6  ビンゴ:5  合計:310
2012/02 宝箱:5  ビンゴ:2  合計:150
2012/03 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2012/04 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2012/05 宝箱:8  ビンゴ:1  合計:130
2012/06 宝箱:5  ビンゴ:0  合計: 50

2011/10 宝箱獲得:12,340人 ビンゴ成立:3,198人
2011/11 宝箱獲得:12,687人 ビンゴ成立:3,030人
2011/12 宝箱獲得:14,091人 ビンゴ成立:3,047人
2012/01 宝箱獲得: 9,622人 ビンゴ成立:2,815人
2012/02 宝箱獲得: 9,996人 ビンゴ成立:2,722人
2012/03 宝箱獲得: 9,246人 ビンゴ成立:2,879人
2012/04 宝箱獲得: 8,937人 ビンゴ成立:2,558人
2012/05 宝箱獲得: 8,706人 ビンゴ成立:2,615人
2012/06 宝箱獲得: 8,207人 ビンゴ成立:2,382人
2012/07 宝箱獲得: 7,800人 ビンゴ成立:2,410人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.12

四回目のコミケ

今夏もコミックマーケットに一般参加してきました。
これで2010年冬(C79)から4回連続です。
以下、今後のための自分用覚え書き。

◆二日目
国際展示場駅に着いたときには陽射しが出ていて暑かったけど、その後曇ってきて、適度に風もあって快適。
昨年の灼熱地獄がウソみたい。
前回(C81)よりも20分早く到着して、東館への入場は10分早かった。
首や腕を冷やすために持参したクールボディミストが大活躍。
ボールペンを忘れたことに気づいて途中で買う羽目に。
タオルも忘れたけど、ハンカチで代用が利く程度の暑さなり。

0840 国際展示場駅に到着
0901 東待機列最後尾に並ぶ
1016 列圧縮
1034 列移動開始
1042 東館へ入場
1200 西館へ移動開始
1221 西館到着
1300頃 買い物終了
1325 電車に乗る

東館→西館と移動してサークル回り。
買いたいモノもほとんど買えたので満足。
帰りの国際展示場駅、改札が封鎖されていてびっくり(5分ほど待たされた)。
ホームに人多杉だったのかしら。


◆三日目
昨日よりも涼しかったので、西に並ぶ予定を変更して東へ。
三日目に東に並んだのはこれが初。
ほとんど陽射しも無く、本日も快適なり。
昨日と今日では到着時間は2時間ほど異なれど、並んだ場所はほぼ同じあたり。

0716 国際展示場駅に到着
0736 東待機列最後尾に並ぶ
1011 列圧縮
1022 列移動開始
1034 東館へ入場
1245頃 買い物完了
1310 電車に乗る

最初の買い物を終えて外をまわって移動しようとしたら、まさかの豪雨(苦笑)
15分ほどで止んだけど、最初に西館へ行ってたら外でこの雨に遭遇したハズ。
おかげで最も混雑の激しいエリアを通り抜ける羽目に(AとCの間)。カオスの深淵を見た気がする・・・

今日は東館→西館→東館、と移動。どちらに向かう場合も、あんまり混雑してなかった印象。
自分がコミケの混雑っぷりに耐性ついたのかもしれない(笑)
買い物は、1ヶ所だけ売り切れ(長蛇の列だったので、並ぶの止めて他にまわった)。


結局、二日で500mlペットボトルを3本しか消費せず。
去年は1日4本余裕だったから、やっぱり今年は涼しかった。

↓はビッグサイトから国際展示場駅に向かう途中にある自販機。
コミケ仕様の品揃えとなっております(笑)
ポカリが飲みたい!と思ってもこの付近一帯コカコーラの自販機しかないのが残念至極。

コミケ仕様な自販機

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.10

舞台「銀河英雄伝説」DVD上映イベント 2部「銀河英雄伝説 第二章 自由惑星同盟篇」 in 天王洲銀河劇場

舞台「銀河英雄伝説」のDVD上映イベントに行ってきました。
1部で「第一章 銀河帝国篇」を、2部で「第二章 自由惑星同盟篇」を上映したので(料金は別)、未見の後者をチョイス。
2部にはトークショーがあるってのもポイントです。
会場は天王洲 銀河劇場

自由席だったので開場20分前くらいに劇場に到着したら、すでに50人ほどの列が。しかもほぼ全て女性。
並んでいたら「これトークショーの列ですか」って聞かれたので、みんなきっとソレ目当てかぁ。

開演前にざっと客席を見渡したところ、だいたい3~4割の入りでした。
現在この劇場では「銀河英雄伝説 撃墜王」を上演していて、本日は休演日。
劇場の有効活用って意味では、成功なんぢゃないでしょうか。

客席はD列(4列目)まではフラットで、E列(5列目)以降は列ごとに段差あり。
2階&3階席は使ってませんでした。
椅子はゴージャスな感じだけど、座り心地はあんまり良くない・・・あと背もたれがちょっと低い。


DVD上映に先立ち、まずはトークショーから。
ゲストは川隅美慎(ビクトル・フォン・クラフト役)とニコラス・エドワーズ(ラインハルト・フォン・ローエングラム役)、そして原作者の田中芳樹。
司会は田中芳樹事務所のヒトでした(いかにも田中芳樹の小説に出てくるような、ちょっとシニカルな司会で面白かった)。
役者の二人は、「撃墜王」に出演している面々。
・・・あれ、ラインハルト役って「銀河帝国篇」では松坂桃李が演じてたけど変えたのね(今回は外伝だからから?)。
皇帝ラインハルト、と言うよりは、金髪の孺子って感じの風貌でした。どちらかと言えばキルヒアイスの方が似合う感じ。
川隅美慎は、受け答えもしっかりしていて良かった。
ニコラスがしゃべってる時、それを見守るように聞いていて、ちょっと保護者みたい(笑)

トークショーで覚えている内容を列挙。

・田中芳樹はこのトークショーのために軽井沢から来た
・クラフトは原作では一行しか登場しない人物
・(現在NHK FMで放送中の)「月蝕島の魔物」をもし舞台化するとしたら、ぜひニコラス・エドワーズにやってほしいと思っている
・最初に銀英伝舞台化の話を聞いたとき、艦隊戦をどうするんだろう/女性の登場人物が少ないけど大丈夫なのか、と思った
・河村隆一が演じたヤン・ウェンリーはあまりにも似ていたので、「イタコ」と呼ばれていた
・(河村隆一が演じている)ヤンなら、フレデリカが惚れるのも納得


そしてトークショーに続いてDVD上映。
緞帳だと思っていた幕がスクリーンだったので、かなり巨大。
5列目に座ったことを後悔しました(苦笑) おかげでかなり見上げる形に。

DVDの映像を流しているため、巨大なスクリーンで見ると鮮明さは今ひとつ。
それでも役者がアップになってるときは気にならないけど、全体を写そうとすると映像がボケて見えました。
あと、演出上仕方ない面もあるでしょうが、ちょっと観客席が映り込みすぎな気が・・・

以下に、独断と偏見によるDVDの感想をば。

・冒頭でアーレ・ハイネセンと思われる人物が登場するけど、フード被っていてなんだか地球教徒みたい
・それに続くシーンでなぜかラップにのせた音楽が・・・劇団EXILEを見に来たのかと思った(苦笑)
・河村ヤンは、見ているうちにだんだん似ているように思えてきた ため息をつく仕草とかそっくりだね!
・ゼークト(伊藤哲哉)は原作イメージどおり(オーベルシュタイン篇に出てたときもやっぱり似てた)
・たぶんビュコックも同じヒトが演じてるんだろうけど、こっちは全然似てない…ってかゼークトにしか見えなかった(笑)
・ムライ(大澄賢也)がなんだかバグダッシュみたいだった 
・ジェシカ(馬渕英俚可)の服がずっと白なのが気になった 追悼関連の時は黒服にすべきなんぢゃ…
・トリューニヒト(井田國彦)の風貌が、つんく♂に似てた
・シトレ統合作戦本部長が、人間味溢れるすごくいい味を出していた さすが西岡徳馬

・(銀河帝国篇にもあったけど)わざとらしく笑いを取るシーンはいらない
・銀河帝国篇もそうだけど、フェザーンが全く出てこないことに違和感
・現在と過去のシーンが一瞬で変わるので、あれあれ?って思う(アニメだと色合いや音楽が変わるからすぐそれと分かるけど、舞台だとそれができないから突然だと戸惑う)
・もう少し色んな事がキリよく終わるかと思ったら、色々含みを持たせたまま続きが気になる状態で終了
(銀河帝国篇ほど、切りよく終わってない感がある)

まぁこんな感じ。
ツッコミどころは多々ありましたが、全体を通してよくできてると思います。
なかなか見応えのある芝居でした。これなら劇場で観ても良かったなぁ。
しかし盛りだくさんな内容なので、これ原作知らないとかなり( ゚д゚)ポカンとなる超展開であります(笑)


↓は入場時にくれたプロジェクターキーホルダー
ボタンを押すと光るんですが、自由惑星同盟の紋章が光の中に浮かび上がります。なかなかオシャレ。
でも1000円で買うとすると、ちょっと高いか。

銀河英雄伝説プロジェクターキーホルダー

DVD上映を見てトークショーも聴けて、そしてお土産まで。
これで1400円は安い!
とても有意義なイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.09

ドラクエ10を少しプレイ

WiiをPCモニターに接続して、その他諸々テレビから繋ぎ替え。

一応ネトゲなので、LAN接続を無線→有線に変更。
これに伴いWiiのUSBポートが足りなくなったため(2ポートしか無い)、部屋に転がっていた超小型のUSBハブを使用。
バスパワー(電源供給をしないタイプ)のヤツだけど、問題なく動作してます。
USBポートには、他にUSBメモリー(ドラクエのデータをインストールする)とキーボードを接続。

そうそう、PS/2→USB変換ケーブルが問題なく使えたので、大昔のキーボードを使用中。
変換ケーブルはサンワサプライのUSB-CVPS1って代物。ヨドバシで980円ナリ。

キーボードに関しては、ドリームキャスト用のを変換コネクタ(PCツナイデント1.2.3)経由で繋げてみたところ、これは動作しませんでした。
こっちのキーボードの方がコンパクトだから、できればこれを使いたかったんだけど…
まぁ、PCに繋いでも動作してなかったから、ゲームパッド以外は対象外なんでしょう。


これで環境が整ったので、少しプレイ。
・・・いや~ドラクエ以外の何者でもないですね!って最初はオフラインモードだから当たり前なんだけど(笑)
ここが簡単なチュートリアルも兼ねているので、そのあたりは流石によくできてますね。

しかし主人公が頭花君みたいな帽子をかぶったり、亀が崇められていたり・・・ここはまるでメルヘンの世界!
そんなわけで主人公の名前を「コジコジ」に変えようかと思ったら(オンラインモードが始まる直前に名前の変更が可能)、すでに16人いるって言われて断念。
みんな考える事は同じか(笑)

主人公の種族はプクリポにしました。
「好奇心旺盛で、楽しいことが大好き」・・・ってまさにコジコジそのものだし、風貌もちょっと似てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.08

で、まぁ結局

ドラクエ10関連アイテム

こうなりました(笑)

クラシックコントローラPROは、以前クラブニンテンドーの景品で交換したモノ。
今まで全然使ってなかったけど、ついに出番がやってきた!

コンポーネントAVケーブルは、WiiをテレビからPCモニタに繋ぎ直すために購入。
42インチのテレビではネトゲやりたくないし、何より部屋が暑くなる(苦笑)
ちなみに、コンポーネント端子とD端子は端子の形状が違うだけで、全く同じモノ。
海外では、こっちが主流・・・ってか、D端子って繋げづらいから嫌いなんだよね~。
アナログ信号のくせにデジタルっぽい名前で紛らわしいのもイヤ(名前の由来は端子の形状が「D」に見えるからとか)。

PS/2→USB変換ケーブルは、家に転がってる昔のキーボードを有効活用するため。
ただし相性などでうまく動かないこともあるようなので、一番安いヤツにしました(笑)
・・・ちゃんと動作しなかったら、Macのキーボードを流用するからイイや。

そしてドラクエ10のソフト。
USBメモリー同梱版です。
やけにパッケージが重いと思ったら、ディスク二枚組だったのね
(ゲームはUSBにインストールするので、プレイ中はディスク不要らしい)
しかし説明書に種族や職業の説明が載ってないとわ・・・それ見て色々悩もうと思ったのに。


さて、これで準備が整った。
まぁのんびり始めるとしますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.07

ビックカメラ新宿東口新店に行ってきた

先月、新宿の三越アルコット店の跡地にオープンしたビックカメラ新宿東口新店に行ってきました。

地下鉄の通路(A5出口)と直結していて、建物に入るとそこは地下2階。
正面に巨大なApple売り場が広がっているのが、今の時代を象徴している感じ。
そしてここが底かと思いきや、地下3階も売り場でした。深いなぁ。

地下2階&地下3階、そして4階を見て回りましたが、とにかく店員が多い印象。
そりゃ少ないよりはいいんだけど、あんまり多いのも・・・慢性的にレジが混雑してる有楽町店にヒトを回せばいいのに(苦笑)
(平日でもレジが混んでるんだよねぇ、だからあの店ではなるべく買い物をしたくない)

店の雰囲気は、他のビックの巨大店舗(有楽町店、小田急ハルク店)とも異なりますね。
ってか、ビックは店によって全然違う。これをその場の雰囲気に合わせてると取るか、まとまりが無いと取るかでだいぶ印象は変わりますが。
ヨドバシの巨大店舗は、どの店に行ってもほとんど同じなのと好対照です。


これからこの店に物見遊山に来られる方は、秋まで待った方がいいかも。
1~3階にテナントとして入るユニクロがまだ工事中なので(今秋オープン予定)。
他のフロアは明るくて華やいだ雰囲気なのに、ここをエスカレーターで通過するときには殺風景な光景が広がっていて、とてもカオス。
ちなみに、ビックカメラ自体は地下3階~地上1階と、4階~8階に入ってます。つまりユニクロによって分断されている、と。
これならユニクロを最上部に持ってくればいいと思うんだけど、最近はシャワー効果って期待できないのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.05

土産物レビューその18:春華堂の「田舎みそまん」

土産物レビュー、本日はうなぎパイで有名な春華堂の「田舎みそまん」をご紹介。

春華堂のみそまん

商品名:田舎みそまん
製造:春華堂
価格:税込1160円(10個入り)
購入場所:グランドショップ静岡
賞味期限:2週間くらい

味噌味の皮はしょっぱくて、中のこしあんはねっとりと密度の濃い甘さ。
一緒に食べれば甘辛い、正に「味噌まん」以外の何者でもない味。

オススメ度:★★★☆☆


うなぎパイとどちらか選べって言われたら、うなぎパイを選ぶと思う。
ところでこの商品、紹介ページだと商品名が「みそまん」になってるけど、通販ページだと「田舎みそまん」。
正しいのはどっちだ?(笑)


他の「土産物レビュー」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.03

暑いんですけど

今年初めて、エアコンを使いました。

窓を全開にしてるのに室温が36℃を越えると、直射日光を浴びてるわけでも無いのに肌がジリジリするんですね。
ちと生命の危険を感じたので(苦笑)、エアコンのスイッチオン。
暑いのは割と平気な方だけど、さすがにアレは無理・・・

とりあえず、32℃なら快適、33~34℃だと少し暑い、35℃ならだいぶ暑い、36℃で無理ゲーってことで(笑)

でもこの暑さに慣れたせいか、少し冷房が強いところにいくとかなり寒く感じます。
ってか、去年よりも冷房が強い場所が増えたよね。
この夏はあんまり「でんき予報」も目立たないし。

喉元過ぎれば熱さを忘れる・・・のかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.02

買うべきか否か

今日はドラゴンクエスト10の発売日ですが・・・買ってません。
このシリーズ、ナンバリングタイトルは全部遊んでクリアしてるから当然今作も、と言いたいところですが、今回はオンラインゲームなのがネック。

今作は「ドラゴンクエストオンライン」みたいな名前にして、DQ10はオフライン専用として3DSで出してくれれば良かったのに・・・

別にオンラインが嫌いなわけぢゃなくて、ハマると際限なくなるから手を出したくないのが本音です、積みゲーが山ほどあるし(苦笑)
そんなわけでベータテストも華麗にスルーしたわけですが、この発売前後の盛り上がりをみるとやっぱり気になるわけで。
しかも他のネトゲとは一線を画した「ドラクエらしさ」に溢れてるとか聞いちゃうと、う~んどうしたもんかと。

しばらくは悩む日々が続きそう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »