« どうぶつの森、すさまじす | トップページ | プリンは歯ごたえないとね »

2012.12.03

フォトン再入院

うちではここ数年、冬の暖房器具はフォトン(遠赤外線ヒーター)を使用しています。
電気だから換気不要で部屋をじんわり暖めてくれるので、これ無しではいられない必須アイテム。

先日、この冬初めて使用したところ、30分くらいで電源が落ちました。
これ、プラグに安全装置がついていて、一定の温度を超えると自動的に落ちる仕組み。
過去にも年に1~2回は発生してたんですが、今回は電源を入れ直すたびに30分程で落ちる繰り返し。

さすがにこのまま使い続けるのは危険だと判断して、販売元のカタログハウス(通販生活)に連絡。
すると、問題は安全装置にあるらしいことが判明。
この装置は買った当時は付いていなくて、後から無償でプラグ交換されたものなんですが、初期に交換したモノは安全装置が働く温度が低すぎた、とのこと。
「このまま使い続けても問題ない」って言われましたが、頻繁に電源を入れ直すのが面倒なので、プラグ交換を依頼。

もちろん今回も無償。代替機(同じメーカーのアングレイヤーって名前の遠赤外線ヒーター)もタダで貸してくれました。
フォトンを宅配業者が引き取りに来たときに(梱包材を持ってきてくれて、梱包もお任せ)、代替機と交換。
(連絡してから引き取りまでは、約10日)

さすがカタログハウス、この辺りのサポートは手厚いですね。
購入から10年近く経ってるけど、まだまだ使い続けられそうです。
早く退院して戻ってこないかしら。

---
関連記事:
2013/01/22 フォトン帰還す
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2013/01/post-1340.html

|

« どうぶつの森、すさまじす | トップページ | プリンは歯ごたえないとね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/56254226

この記事へのトラックバック一覧です: フォトン再入院:

« どうぶつの森、すさまじす | トップページ | プリンは歯ごたえないとね »