« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013.03.30

ドラゴンクエストX 春祭り in 秋葉原UDX

ドラゴンクエスト10のイベント「春祭り」に行ってきました。会場は秋葉原UDX2階のアキバ・スクエア

現地に着いたのは10時40分過ぎ。すでに700人ほどの列ができてました。
11時の開場時点では1000人を越え、気がつけば列形成中止に(12時にはもう並べなかったと思う)。
東側のデッキで並んでたんですが、気温は低いし風はあるしでなかなか過酷。
とても3月下旬とは思えない気候だったし、まさかこの時期にカイロ使うことになるとは(苦笑)

ここは会場のキャパが300だそうで、誰かが退出しないと次の人が入れないような仕組みを取ってました。
(かなり厳密にやってた気がする)
会場内でイベントが始まると退出する人が減るから、時間帯によって入場できる人数がマチマチ。

13時半に会場前に移動。ここで整理券もらいました。

入場整理券

そこから待つこと45分。ようやく14時15分頃に中へ。

会場の様子

入場者制限かけてるおかげで、中はかなり快適。自由に回遊できました。
トークイベントも間近で観られたし(堀井雄二が目の前にいるってのは、感動だなあ)。
でもこれならあと50人くらい入場者増やしても問題ない気が・・・

会場を回りながら他のプレイヤーとのすれちがい通信をしつつ(100人以上余裕ですれ違った)、イベントキャラとのすれ違いにも成功。

「魔法の迷宮」にも挑戦してきました。
これはドラクエ10内のコンテンツをそのままプレイできるもので、クリアすると特別なアイテム「ネコひげ」がもらえます。
ちょうどあと一人メンバーを募集している人たちがいたので、そこに加わって4人で並んでました。
(一人の場合は、回復役か攻撃役いずれかの列に並び、ゲーム開始直前に即席で4人パーティ組む)
これは2時間待ちでしたが、トークイベントも普通に見られるから退屈せず。
チャット用にキーボードが置いてあって、それがメタルスライムキーボードってところがポイント高し(笑)

迷宮のボスは弱かったので(参加すれば誰でも勝てるようにしたんだろうなあ)、無事にネコひげゲット!

ネコひげつけて記念撮影

迷宮をクリアしたときは、ちょうどバトルトライアルイベントの真っ最中。
いやあ、上手いプレイヤーの動きは見ていて楽しい!
これ見てたら自分も強いボスモンスターと戦いたくなってきたなあ。
キャラクターのレベル上げを加速しないとっ。

アキバでイベントって言うと男性ばかりってイメージですが、さすがドラクエ。
家族連れやお年寄りのご夫婦など、幅広い層の人たちが集まってました。
とても楽しかったから、またやって欲しいな。今度はもう少し広い会場で(笑)



このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。
当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.29

Acoustic Garden ~榎本くるみ × 湯澤かよこ~ in 渋谷LOOP ANNEX

榎本くるみが出演するライヴイベントに行ってきました。
会場は渋谷LOOP ANNEX
3/22に移転してから初めて訪れました。

前は渋谷駅から5分ほどだったけど、今度の場所は10分くらい。
東急ハンズや渋谷チェルシーホテルの近くです。
前よりもだいぶ狭くなりましたが(半分くらい?)、雰囲気は前と全く変わらず。


アーティスト出演順に、雑感など。

Murphy
・ヴォーカルとギターの二人組
・歌声に張りがあって良く通る
・バラードよりノリのいい曲が似合ってる気がした

まつもとななみ
・キーボード弾き語り ギターとシンセのサポートあり
・どの曲も聞きやすくて◎(特に最後の曲が良かった)
・シンセが楽曲に厚みを与えていた

友香
・本人ヴォーカル キーボードとパーカッションのサポートあり
・耳心地のよい曲で、まったり聴けた(ちょっと眠くなった…)

湯澤かよこ
・本人ヴォーカル ギター、キーボード、パーカッションのサポートあり
・歌声が力強くて伸びがある(声がMetisに似てると思った)
・曲とMCの繋ぎがラジオ番組を聴いているかのように流暢だった

榎本くるみ
今宵のセットリスト。なんだか珍しい曲が多かったなぁ。
 01.one of them
 02.みんな元気
 03.心のカタチ
 04.未来はとっくに始まってんだ
 05.イエスタデイズ ~大切な贈りもの~
 06.あなたに伝えたい
 EN.雨降り小僧

サポートはキーボードのみ(阿部樹一)。
「心のカタチ」のそっと寄り添うように始まって少しずつ存在が大きくなっていく伴奏が絶品でした。
MCで「終電大丈夫ですか?」と語りかけてましたが、本人も割とギリギリだったようです。
まぁ、19時開始で5組出演ってのはちょっとつらいよねー(終演は22時半過ぎ)
演奏時間が減るのは味気ないから、3~4組が丁度良いんじゃなかろーか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.27

ドラクエ10:Wii U版のベータテストに参加

先日インストールとアップデートが無事に終わったので、Wii U版ドラクエ10のベータテストに参加してみました。

ゲーム自体はWii版と全く変わらないので、Wii U版で遊んでみて気づいた点を箇条書き。


・音楽がすごく良い
Wii版と違ってオーケストラ音源をそのまま使っているので、音楽が段違い。聴けばすぐ違いが分かります。
歴代の名曲が聴けるエリアとか、これから作ってくれないかなあ…

・グラフィックはそんなに変わらない
全体的にキリッとした印象を受けるけど、Wii版とはさほど変わらず。
キャラクターごとにちゃんと影がついたのが分かったくらい。

・表示能力が上がってる
キャラがたくさん集まっている場所に行くと、Wii版では(砂時計表示になって)見えないキャラがたくさんいましたが、Wii U版だとかなり改善されてます。
吹き出し(プレイヤーキャラクターが周りに向かってしゃべったもの)も同様。
「大勢いすぎて誰がしゃべってんだか分からないよ!」って事態がかなり改善されるかと。
Ver1.3で導入された借り物クエストも、これで楽になりそう。

・文字が小さくなった
解像度が上がったからか、表示される文字が小さくなりました。
Wii版は過去のドラクエみたいで違和感なかったけど、これは慣れるのに少し時間がかかるかも。
文字がゲーム画面の邪魔にならなくなった、とも言えます。

・GamePadの操作は慣れが必要かな
GamePad自体は決して重くないけど、長時間プレイを前提に考えるとちょっと…
ボタン配置なども、WiiのクラシックコントローラーPROに慣れてると色々戸惑います。
膝の上に置こうとすると、ZR/ZLボタンが机に触れて押されたことになっちゃうことも数度。
(ちゃんと机の上に置けばいいんだけどさ)
これもそのうち慣れるのかしら…

・GamePadでの文字入力はなかなか快適
GamePadの画面タッチで文字入力できるし、推測変換にも対応してるからなかなか便利。
簡単な会話なら、キーボード無くても十分いけますね。

・GamePad単体でのプレイ
アナログスティックのLR同時押しで画面の出力先をTVかGamePadに切り換えられます。
GamePadのみでのプレイも、違和感なく普通に遊べました。
キャラの周りに黒枠っぽく影が強調表示されるのが若干気になる以外は、TV画面に映すのと遜色なし。


Wii U版の発売日は3/30。
発売直後の様子を見ながら、Wii Uに移行しようと思います。
GamePadの充電池の保ちが約3時間~5時間ってことなので、USBで給電できるヤツ買ってこないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.26

お花見

気がつけば桜が満開ってことで、お花見に行ってきました。
千鳥ヶ淵に行こうと、九段下駅(地下鉄)の出口(武道館に一番近いトコロ)に向かったら、いつもは昇りのエスカレーターが逆向きになってる・・・
「ここ階段で全部上るのはしんどいなあ・・・」と思いながら地上に出ると、そこはものすごい人出。

武道館でライヴがあるときも混み合ってるけど、あの3倍以上いたかも(苦笑)
その武道館ではどこかの大学の卒業式やってたみたいですね(看板立ってた)。
桜と言えば入学式ってイメージだけど、今年は卒業シーズンだもんなあ。早すぎる…

千鳥ヶ淵に向かって歩いて行くと、混雑っぷりは増すばかり。
あちこちでヤクルトレディのおねいさんたちがジョアとか売ってました。
うまい商売だなぁ。ヤクルトのカゴは場所も取らなくていいよね。

みんな一所懸命ケイタイとかで写真撮ってるけど、こんだけ咲いてるんだから撮らずに見ればいいのに・・・
などと思いつつ、結局千鳥ヶ淵は断念。
靖国通り沿いも桜が綺麗だったから、それ見ながら市ヶ谷駅まで歩いて終了。

まだ2~3日はいけそうだから、しばらくは桜の樹がたくさんある道を通ってお花見するつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.22

Wii U買ったよ!

Wii U買いました(プレミアムセット)。
当面はドラクエ10専用機になりそうです(笑)

ドラクエは現在ベータテストが行われているので、ダウンロード&インストールしてみることに。


まずは噂の本体更新。
更新データのダウンロードに65分ほどかかりました(途中で試行錯誤した時間10分ほど含む)。
途中「サーバーに接続できません」エラーで4回ほど中断されましたが、なんとか終了。
ダウンロードは、中断したところから再開されるので助かります(都度最初からだったら、途中で断念したかも)。

ネットに再接続するたびに接続方法を聞かれるので、毎回「有線接続」を選んで設定したんだけど(デフォルトが無線になってる)、そのたびに接続設定が増えていくのね・・・
あらかじめ接続方法が設定されてる場合は、最初にそこから選ばせるようにすればいいのに・・・

更新自体は10分かからずに終了。
これで本体が最新に。


次はドラクエ10ベータ版のダウンロード。
eショップからのダウンロードはあっさり終了(10分くらい?)。
「ダウンロード管理」からインストール選んでね、と言われるも、その「ダウンロード管理」が見当たらない。
そんなアイコン無いじゃーん。eショップにもそんなメニュー無いし。

ググった結果、ホームボタンを押すと「ダウンロード管理」が表示されることが判明。
いやそんなの初見じゃ絶対ワカランでしょ。
接続方法の件もそうだけど、UI(User Interface)が全然洗練されてないよね。

ちなみに、ダウンロードが終わると画面切り替えるたびにしつこく「インストールしますか」って聞かれるから、そこで「はい」を選べば「ダウンロード管理」画面に行く必要はありません。
今回は「ダウンロード管理って何?」と疑問に思ったので、あえてそれを探してみた次第です。

インストールが無事終了すると、今度は更新データのダウンロード。
こちらは3時間強かかりました。


これでようやく遊べるようになるも、疲れ果てたので今日はここまでー(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.20

ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団 The First Live in 横浜BLITZ

ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団のファーストライヴに行ってきました。
先日は赤坂BLITZでしたが、本日の会場は横浜BLITZ。
みなとみらい線の新高島駅を出てすぐの場所にあります。
ここ、横浜駅(東口)からでも徒歩10分弱。
みなとみらい線に横浜-新高島の区間を乗車すると180円なので(一駅なのに!)、時間に余裕があるときは歩くのがオススメなり。

今日の座席は1階G列ど真ん中付近。
ステージが一望でき、しかも演者の表情まではっきり見えるベストポジションでした。
フラットな床だったけど、この距離なら全然気になりません。
ちなみに、赤坂よりも横浜の方がステージが大きかったです(横に長い)。
さっき調べたら、キャパも横浜の方が上でした(赤坂1147 横浜1400 ※スタンディング時)。


さて本日のライヴ。
オープニングアクト(吉澤嘉代子)が登場してから本編開始。
基本的な流れは、前回と同じでした(セットリストも多分同じだと思う)
ただし時間は今日の方が20分ほど長かった(笑)
赤坂の時はすごく時間を気にしてましたが、「今日は好きにやる!」と冒頭に宣言しての結果。
増えた分は、谷山さんとROLLYのトーク部分。
ROLLYのどこに着地するか予測つかない話に時折ツッコミ入れながら聞く谷山さん、相変わらずいいコンビでした。

以下、印象に残ったことを列挙。

・石井AQが時折弾いてたアコーディオン からくり人形楽団にはこの楽器がすごく似合ってる気がする

・「意味なしアリス」、弦楽器(チェロかな?)とROLLYのせつなげなギターの音色が絶品だった

・「KARA-KURI-BOY」から「ウミガメスープ」への曲の繋ぎが素晴らしかった 壊れかけたオルゴールのような音色がウミガメスープの旋律を奏で、そこから一転してロックチューン全開!

・「ハサミトギを追いかけて」でのROLLYの合いの手が耳から離れなくて困る これからこの曲を耳にするたびに聞こえてきそう(笑)

・谷山さんは喉の調子がだいぶ悪そうだった(それでも昨年6月のコンサートの時よりは声が出てた)


CDの第二弾を出す時には、是非「KARA-KURI-BOY」と「ウミガメスープ」をこの並びで収録して欲しい!
そしてSecond Liveも楽しみに待ってます。


---
関連記事:
2013/03/08 ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団 The First Live in 赤坂BLITZ
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2013/03/rolly-the-first.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壁と駅の消失

ここ一週間で大きく変わった鉄道駅を利用してみました。

◆東京メトロ九段下駅
半蔵門線と都営新宿線を隔てる壁が撤去。
ここって壁一枚を隔てて、それぞれのホームがあったのね~。
双方を乗り換える場合にはこれで便利になりそうだけど、東西線から乗り換える分にはメリット無し。

・・・ついでに改札も整理してくれないかなあ。
東西線、半蔵門線、都営新宿線それぞれの改札通らなくちゃいけないのが面倒なので。


◆東急東横線渋谷駅
駅の場所が移動になりました。
前は銀座線渋谷駅で降りて、連絡口の階段降りれば東横線の改札でしたが、この移動により300mほど歩くことに。
・・・これで乗り換えに銀座線使うメリットは無くなったなぁ。
これからは半蔵門線を利用します(改札通らずに東横線に乗り換えできるようになった)。

半蔵門線(東急田園都市線)の渋谷駅の近くにホームが移ったようで、こちらとの乗り換えはスムーズになりました。
でもホームが狭いし数も少ない。
前の始発駅特有の雰囲気が好きだったけど、これじゃ横浜から東横線に乗るのと同じ感覚になっちゃいましたね。

しかし東横線に副都心線の車輌が走るのは、すごく違和感が・・・
そのうち慣れるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.17

行徳名人会 in 行徳文化ホール

久々に落語を聴きに行って来ました。
場所は行徳文化ホール
東京メトロ東西線の行徳駅から徒歩5分ほどの場所です。

2004年に開館ってことで、まだ新しい建物でした。
3階建てで、1階は会議室、2階&3階にホールがあります。

そのホールもなかなか立派。
キャパ647(ちゃんと2階席もある)と小ぶりながら、ちゃんと緞帳もあり。
1階席は最前4列がパイプ椅子で段差なし、5列目からは普通の椅子で列ごとに段がある構造。
9列目の中央付近での鑑賞でしたが、舞台が近くて噺家の表情もはっきり見える距離でした。


本日の演目。

 三遊亭多ぼう「転失気」
 鈴々舎風車「代書屋」
 桃月庵白酒「佐々木政談」
 ~仲入り~
 三遊亭小円歌「~かっぽれ~」
 三遊亭圓歌「中沢家の人々」

それぞれの雑感。

・三遊亭多ぼう
見るのは三度目。前よりも上手くなってる気がします。
良く通る声は特徴があって覚えやすいですね。
今年6月に二つ目に昇進するみたい。

・鈴々舎風車
勢いを感じさせる話っぷり。
噺の内容が本人とマッチしてる印象。

・桃月庵白酒
淡々と自然な語り口が、うまいなあ。
丁々発止が面白い噺だった(一休さんみたい)

・三遊亭小円歌
見るのは三度目。立て板に水のような話っぷりはさすが。
三味線漫談は日本に二人しかいない天然記念物級だそうです(笑)

・三遊亭圓歌
1年半ぶりに見たけど、相変わらず面白い。
話の流れは同じでも、途中に今まで耳にしたことのないエピソードが随所に盛り込まれてた。
(今年の正月の話なども登場)
84歳になったそうですが、まだまだ元気そうなので安心。


やっぱり落語は、噺家が歳を重ねるにつれて話が深まっていくなあ、と思わせてくれる今日の名人会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.15

ドラクエ10:序盤の印象など

毎日たのしくドラクエ10生活。
まもなくWii U版も発売になるので、今更ではありますが序盤のプレイ感などを書いておこうかと。


最初はこれまでの作品同様、オフラインモードで始まります。
そしてしばらく話を進めると、オンラインモードへ。
ここからが、いわゆるネトゲ(オンラインゲーム)です。

オフラインモードには親切な説明がたくさんあって、オンラインでも役立つ知識を色々教えてくれます(冒険や戦闘の仕方など)。
この辺りの初めて遊んだヒトにも戸惑わせない仕組みは、さすがドラクエ。

で、ドキドキしながらオンラインの世界に飛び込むと・・・なんか放り出された感じ(笑)
ドラクエを以てしてもオフラインからオンラインへ違和感なく移行させるのは難しいのね・・・

それまでと違う場所にいるのはストーリーの流れとも合致するし、NPC(最初からゲーム内に配置されてる人物)に話を聞きつつやるべきことを探すのもオフライン同様。
でも他のプレイヤー(PC)と会話したり会話の相手を切り換えたり、PCの名前の横に表示されるマークの意味とか、色々分からないことだらけ。

もちろん遊んでいるうちに分かってくることばかりなんだけど、ここまで(そして過去の作品も)ものすごく親切に手取り足取り教えてくれたのに比べると、違和感ありまくりでした。
オフラインのうちに、擬似的にオンラインの体験ができると良かったんだけど。

ちなみにこれ、昨年8月のVer1.0の時の感想なので、今はもう少し親切なのかもしれません(現在はVer1.3)


とまあオンラインはじめの一歩には戸惑いはありつつも、ゲーム自体は、まさに普通のドラクエそのもの。
ソロで遊んでるときは、今オフラインなんぢゃないのって思うくらい、まったり自分のペースで遊べます。

一番ありがたいのは、サポート仲間システムのおかげでソロでも4人パーティが簡単に組めること。
これは他のPCが酒場に預けたキャラクターを手軽に雇える(最大48時間)仕組みです。
好きな職業を選べるから、狩場や目的に応じてチョイスできるのが大助かり。
自分のキャラクターを酒場に預けて誰かが使ってくれれば、遊んでいない間に経験値やゴールドを稼いでくれます。

また、野良パーティも組みやすいです。
マップ移動中に声かけられてそのまま一緒に狩りしたり、ボス戦の直前で声かけられて共闘したり、などなど。
気軽に誘い合える雰囲気になってるから、かなり遊びやすいなあ、と。
仲間が足りなければ酒場でサポート仲間借りればいいし、柔軟な編成が可能です。

あと、ドラクエ10はサーバー間の移動は自由なので(しかもゲーム中に切り替え可能)、気軽に知り合いに会いに行くことができます。
最初これ知ったときは衝撃だったなぁ(ネトゲ=サーバー固定だと思ってたから)。


ヴァージョンアップするごとに遊びやすくなっていくし、遊べるコンテンツも増えてます。
ドラクエ10が気になってる方は、Wii U版で新たに始めるのもいいんぢゃないでしょうか。
(Wii U版は、手元のGamePadだけで遊べるのがいいよねえ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.13

CDのカタチ

無料動画配信視聴が音楽購入のきっかけに。RIAJ調べ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130213_587493.html

これは自分も当てはまるなぁ。

・TV見ていて気になった曲があると、タイトルをメモしてYouTubeで聴いてみる
・「この曲いいぢゃん!」と改めて思ったら、iTunesStoreで曲orアルバム単位で購入
って流れ。

正直なところ、もうCDはあんまり買いたくない。
場所を取るし、最初にPCに取り込んだら円盤使わないから。


でもここ数年、CD買う枚数が前よりも増えているとゆう矛盾(苦笑)
そしてその購入場所の大半は、ライヴ会場だったりします(そしてその多くが対バン形式のイベント)。

対バン形式のライヴには当然お目当てのアーティストを見に行くんだけど、他のアーティストの音楽を聴く機会も多いわけで。
・・・ってか、そっちの時間の方が長い(苦笑)
中にはすごく自分好みな曲を奏でてくれるバンドがいたりして、何曲か気に入れば、終演後にCDを購入、とゆうパターン。

ほとんどがインディーズのアーティストだから、その場で買わないと次の機会が巡ってくるか分からないので。
購入時に直接感想を言えるってのも大きいかな(あんまりうまく伝えられないけど)。

そんなわけで、家のCDはどんどん増えていくことに・・・
でもそうやって購入したCDは、あとで手に取ってみたときにその時のことを思い出したりして、お店で買ったのとは違う感慨がありますね。
こういったカタチが続く限り、CDが無くなることはないんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.09

Bluecat Bomb BA-YE vol.5 in 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

榎本くるみが出演するライヴイベントに行ってきました。
会場は三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
三軒茶屋の駅から徒歩5分弱の場所にある、ごく普通のライヴハウスです。
キャパ300らしいけど、もっと小さい印象。

チケットに「オールスタンディング」と書いてありましたが、フロアには壁沿いにテーブルと椅子がいくつか。

以下、見た順に雑感など(※出演は4組だけど、1組目はほとんど見てないので割愛)

Tecimerico
・ヴォーカル&キーボード、ドラム、ギター&サックスの三人組
・環境音楽っぽい(無印良品の店でかかってるようなヤツ)
・歌よりも音楽が前面に出てる感じ

A Month of Sundays
・5人組
・ノリが良くて、メロディアス
・1曲目と2曲目がすごく良かった
・この2曲が収録されたアルバムが近々発売予定とのことなので、それは買ってもいいかも

榎本くるみ
今宵のセットリスト。季節感満載です(MCもそんな感じだった)。
 01.素晴らしい世界
 02.ビューリフォー
 03.春よ、来い(松任谷由実のカヴァー)
 04.EPISODE I
 05.エメラルド
 06.家族になろうよ(福山雅治のカヴァー)
 07.愛すべき人
 EN.未来記念日

サポートはアコースティックギターのみ。シンプルが故に味わい深く、歌声を引き立ててました。
今日はいつもにも増して歌声がすばらしく(なんだか澄み切った空みたいだった)、そして声量が圧倒的。
一曲目から全開で、そのまま一気に最後まで。

カヴァー2曲ってのは珍しいですね。
ちなみに、「春よ、来い」は昨年3月の渋谷LOOPでも披露されました。

彼女の歌声を聴くと、「あ~今日も聴きに来て良かった!」と心から思えます。
今月はあと2回ライヴがあるので(3/18恵比寿BATICA、3/29渋谷LOOP)、楽しみだなあ!
(両方行くかは未定だけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.08

ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団 The First Live in 赤坂BLITZ

ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団のファーストライヴに行ってきました。会場は赤坂BLITZ。

本日はオープニングアクトあり(吉澤嘉代子)。15分で3曲披露。
赤坂BLITZの1階が座席のパターンは久々でしたが、床がフラットだからちょっと見づらいですね。
真ん中付近の右端近くからの鑑賞でした。


昨年9月に異次元と不思議世界がコラボレーションしたCD「ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団」を発売。
(ダークメルヘンな世界とロックの取り合わせが絶妙で、聴くほどにますます聴きたくなる傑作アルバム)
そんな二人によるワンマンライヴがついに実現しました。

昨年の猫森集会でアルバム全曲が披露されたんですが(ROLLYがゲストの時)、今回は彼が率いるバンド「THE 卍」の面々(佐藤研二&高橋ロジャー和久)も参加した、まさに完全体。
アルバムに収録されていない曲も多数披露されました。

その中でも印象に残った曲を列挙。
 キャンディーヌ
 意味なしアリス
 ウミガメスープ
 ハサミトギを追いかけて
 王国
ハードロックから歌謡曲まで、多彩なアレンジが施されてました。やっぱりROLLYは凄い!
これはちょっとコラボCDの第二弾作ってもらうしかないよなぁ。
本人たちも乗り気みたいだし、ぜひ!


もちろんアルバムに入ってる曲もたくさん登場(でも全曲ぢゃなかった)。
こちらはライヴならではの迫力と共に、ROLLYのはっちゃけっぷりがアルバムよりも凄かったデス。

ライヴはいくつかのパートに分けて何曲がずつ演奏されましたが、「Elfin」~「王国」~「さよならDINO」と続く部分が圧巻でした。
(アルバムに入ってる大好きな2曲と、アルバムに入らなかったのがすごく残念だった1曲の組み合わせ)

そうそう、全くの新曲「KARA-KURI-BOY」も披露されました!

今日はトークの少ないライヴを目指したようですが、まぁいつものような感じで(笑)
終わってみればあっという間の2時間。
体感では2時間半くらいだったから、時計見てびっくり。それだけ密度が濃かったってことです。

ROLLYはリハーサル前日に初めて今回の曲を聴いたんだとか(笑)
きっと3/20の横浜公演では、更にパワーアップしたからくり人形楽団が見られるんぢゃないでしょうか。
ああ、楽しみだなぁ。


---
関連記事:
2013/03/20 ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団 The First Live in 横浜BLITZ
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2013/03/rolly-the-fir-1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.07

ホロヴィッツとの対話 in パルコ劇場

パルコ劇場で三谷幸喜作・演出の芝居「ホロヴィッツとの対話」を観てきました。

ピアノの巨匠ウラディミール・ホロヴィッツと、ピアノ調律師フランツ・モア。
この芝居に登場するのは、彼ら二人とその妻たち。
振り回す夫婦と、振り回される夫婦の一夜を描いた作品です。

出演は、渡辺謙/段田安則/和久井映見/高泉淳子


てっきり「国民の映画」みたいな重厚な作品かと思いきや、全体の8割くらいは軽妙なコメディでした。
しかも割とドタバタっぽい感じ。
笑いの伏線を張り巡らせたり、同じネタを何度も畳み掛けたり・・・なんか久々に「三谷幸喜らしい」喜劇を観た気がします。かなり笑わせてもらいました。
最近の作品の中では、一番好きかも。

終盤にちょっとシリアスな展開があるんですが、ここがもう少しコンパクトなら更に良かったなぁ。

以下、それぞれの役者の感想。

・和久井映見
最初登場したとき、和久井映見だと思わなかった
TVで見るのとは、ずいぶん雰囲気が違う感じ(特に声)

・高泉淳子
初めて見たけど、すごい存在感
戸田恵子を、も少しあっさりしたような雰囲気

・段田安則
相変わらず、うまい!
ホロヴィッツの、気むずかしさと駄々っ子が共存したような振る舞いが素晴らしい

・渡辺謙
90年代の2時間ドラマ(鍵師とか、君たちがいて僕がいる)に出ていた頃を思い出す演技
(振り回されて)ちょっと困ったような顔をしつつも、言うべきことはしっかり主張する演技が良かった


音楽と演奏は、荻野清子(今のNHK朝ドラ「純と愛」の音楽は、このヒト)。
耳に残るフレーズを作るのが上手い!
舞台後方で、生演奏してくれます。
演奏している姿が見えるから、(これまでの作品同様に)時々劇に参加することも。

今日は最後列中央付近からの鑑賞。
パルコ劇場の最後列って初めて座ったけど、ステージとの距離は近いです(充分に演者の表情が分かる)。
おまけに段差もあって、かなり見やすかった。


次の芝居は、1ヶ月後の「おのれナポレオン」。
これも楽しみだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.04

土産物レビューその24:やまだいちの「安倍川もち」

本日の土産物レビューは、安倍川もち。言わずとしれた静岡土産の超定番商品です。
おそらく、これとうなぎパイが双璧じゃなかろーか。
安倍川って川は知らなくても、安倍川もちを知ってるヒトは多いはず。

商品名:安倍川もち
製造:やまだいち
価格:税込480円(2個入り)
購入場所:グランドショップ静岡
賞味期限:9日間

安倍川もちパッケージ

こんな感じのパッケージの中に2個入り。
もちろん中身は、黄な粉餅&あんころ餅の組み合わせ。
この組み合わせのことを「安倍川もち」って言うんだと思っていたら、本来は黄な粉餅のみを指すのね。
Wikipedia見て知りました。

安倍川もち中身

中には、上からまぶすための黄な粉と爪楊枝が入ってます。
少し固めの餅は、一口サイズ。
黄な粉餅とあんころ餅を交互に食べると、いくらでも食べられるんぢゃないの、って気になってきます(笑)
やはりこのコンビは絶妙。

1個あたり240円ですが、分量を考えれば十分な安さ。食べきりサイズなのがイイ!
これ1個でお腹いっぱいに。餅だから、腹持ちもいいですね。

オススメ度:★★★★☆

しかしものすごく久しぶりに食べたなぁ。
自分で買ったのも初めてです(笑)


他の「土産物レビュー」はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.03

薄暗い照明から

久しぶりに大手町駅(東西線)に降り立ったら、改良工事中のために薄暗くなってました。
千葉方向の改札を出た辺りも同様。

この時期の薄暗さで、あれからもう2年経つんだなあ、ってことを実感。
あの時はどこに行ってもこんな感じだったから、実家に帰省したとき駅の明るさに衝撃を受けたもんです。

喉もと過ぎれば・・・ってことにならないようにしないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »