« jam 東京.jp “桜” presents Dramatic Reading & Music 『バイバイ、ブラックバード』 in 渋谷gee-ge | トップページ | こむろゆい with 一晃と菌ちゃん ライブ special opening act みたに in 渋谷七面鳥 »

2013.04.07

シティボーイズミックス PRESENTS 「西瓜割の棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を」 in 世田谷パブリックシアター

恒例のシティボーイズ公演を観てきました。
前回から1年半ぶり。
間が空くと「次の公演はあるのかしら」って不安になるんだけど(三人ともいい歳だし)、ちゃんと開催されて良かった良かった。

出演はいつものメンバー(シティボーイズの大竹まこと/きたろう/斉木しげる、中村有志)に加え、いとうせいこう(7年ぶりの参加)、戌井昭人、笠木泉。
作・演出は宮沢章夫。

やっぱりシティボーイズの公演は作家によってガラリと雰囲気が変わりますね。
今回は今までと比べてかなり異色な感じ。
見ていて単純に面白い笑いってのは少なくて、かなり戸惑う部分が多し。
過激な表現や普段は見て見ぬ振りをしちゃうような事象がたくさん登場して、「どこまで笑っていいんだろう?」って観客が試されてるように思えました。
「タブーを設けない笑い」ってとこでしょうか。なんかすごく挑戦的。

あと、同じシーンが繰り返し登場して既視感を誘ったり、コント間に連続性があったりと(登場人物や舞台装置)、すごく演劇っぽかった。

他にも、終始舞台に出たままのヒトがいたり(引っ込ませてもらえない)、出演者以外でも舞台上で役を担ってる人たちがいたりと、過去の公演では無かった展開が目白押し。

見ている最中は今までとのギャップに「???」ってなってたけど、こうして記事書きながら振り返ってみると、なんだか癖になる面白さだったなぁ、と。
今回もWOWOWが協力してるからいずれ放送されると思うけど、はたしてどこまで流せるんだろ、これ(苦笑)


そうそう途中にあった大竹まこと&いとうせいこうの劇中コント、これって一部アドリブ(即興)だったのかなあ?
(自分が見たヤツは、韻を踏んでしゃべるラッパーのコントだった)

|

« jam 東京.jp “桜” presents Dramatic Reading & Music 『バイバイ、ブラックバード』 in 渋谷gee-ge | トップページ | こむろゆい with 一晃と菌ちゃん ライブ special opening act みたに in 渋谷七面鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/57128261

この記事へのトラックバック一覧です: シティボーイズミックス PRESENTS 「西瓜割の棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を」 in 世田谷パブリックシアター:

« jam 東京.jp “桜” presents Dramatic Reading & Music 『バイバイ、ブラックバード』 in 渋谷gee-ge | トップページ | こむろゆい with 一晃と菌ちゃん ライブ special opening act みたに in 渋谷七面鳥 »