« 若梅に撫子-旧高松宮家と伝来の品々 in 宮内庁三の丸尚蔵館 | トップページ | この辺りが佐川ちゃん »

2013.06.06

荻窪ギターポップ・カフェ Vol.3 in 荻窪アルカフェ

みたにが出演するライヴイベントを観てきました。
会場は荻窪アルカフェ。JR荻窪駅の改札から徒歩3分ほどのところにあります。

荻窪ギターポップ・カフェ Vol.3

荻窪で降りたのはこれが二回目。
前に行った劇場が近くだったので様子を見に行ってみたら、今は音楽スタジオになってました。
荻窪メガバックスシアター、2011年3月で閉館しちゃったのかあ。

荻窪アルカフェは、ビルの3Fにある小さなライブハウス…ってゆうか居酒屋みたいな場所でした。
壁にはウクレレがたくさん飾られていて、楽器屋さんみたいでもあり。

店内には、テーブルにソファに座敷まであって、全部で20席ほど。
特に控え室なども無いようで、出演者とお客さんが同じトコロにいます。
ふつーにお酒飲んでたヒトがステージに立ったりして、なかなかのカオス(笑)
でも色々と渾然一体となった感じが、すごく心地よかったなぁ。


それぞれの出演者が、自分が影響を受けた曲や好きな曲を流しながら、それについて話をするのが印象的なイベントでした。
出演順に雑感など。

ヨコイ@coomix
・最初に流したのがMUITI MAXの「ひらひら」 MUITI MAXの曲、なんかものすごく久々に聴いたわ~
・オリジナルの作詞曲が良かった

島林深雪
・歌声がきれい
・ファンキーな曲が良かった

みたに
本日のセットリスト。
 01.ウェンディ
 02.永遠(高田エージのカヴァー)
 03.空の向こう

しみじみ聴けたなぁ。
会場の雰囲気とすごく合ってました。なんかそこにいるのが当たり前って感じ。
20分ほどの短い時間でしたが、なかなかの存在感。
ちなみに、彼女だけが唯一冒頭で自分の曲流してました(ウェンディ)。
ギターポップと聞いて思い浮かんだ曲がこれだった、と。

◆Taji
・シンプルなギターの音色が心地よい
・歌詞もシンプルで分かりやすかった

◆浅井かすか
・ポップなギターが冴え渡ってた
・歌詞の韻の踏み方が独特で面白い

Ruhe
・男女二人組で、すごく独特(曲を聴いていて、矢野顕子やおおたか静流が頭に浮かんだ)
・今日初めて聴いた中では、一番インパクトあった
・どこまでも優しいギターと、時々使われる鉄琴が印象的


初めてなのにすごく居心地の良い場所だったので、機会があればまたぜひ訪れたいです。
カレー旨そうだったなあ(笑)
(昼食がカレーだったので、自重)

|

« 若梅に撫子-旧高松宮家と伝来の品々 in 宮内庁三の丸尚蔵館 | トップページ | この辺りが佐川ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/57539456

この記事へのトラックバック一覧です: 荻窪ギターポップ・カフェ Vol.3 in 荻窪アルカフェ:

« 若梅に撫子-旧高松宮家と伝来の品々 in 宮内庁三の丸尚蔵館 | トップページ | この辺りが佐川ちゃん »