« SHIBUYA-AXは2014年5月で終了 | トップページ | 七味と一味 »

2013.10.12

新・デジカメ購入記

8月下旬に新しいデジカメ買いました。
何度か使用したので、ファーストインプレッションなど。

購入したのは、カシオのEX-H50
カシオと言えば、EXILIM。
このEX-H50もその範疇に入る製品ではありますが、売りである高速連写や快速シャッターは搭載されてません。
なんでこれ買ったかと言うと、上位のEXILIM製品のデザインが気に入らなかったから(笑)
なんかカメラっぽく無いんだよなあ。
あと、価格が手ごろだったってのもあります(1万円ちょっと)

ちなみに購入時点ではすでに後継機種(EX-H60)が発売されてましたが、機能にほとんど差が見られなかったため、安価なこちらをチョイス。


以下に、使ってみての感想など。
比較対象は、以前使用していたデジカメ(リコーのCX2)。

・見た目は高級そうなんだけど、色々と作りが雑…てゆうかコストかけてない(笑)
一言で言うと「安っぽい」。
電源オン/オフ時の動作の唐突さや、液晶モニタに表示されるフォントなんかに繊細さが感じられず。
まあ購入価格が1/3くらいだし、こんなもんか、ってカンジ。
もちろん、使う分には全く問題なし。

・モード切替のスイッチ(ダイヤル式)が適度に固い
CX2はだいぶゆるくて、勝手に切り替わってることが多々あり。
今回はだいぶ頻度が減りました。
モードが替わると液晶画面に表示される情報も異なるため、撮影前に気付けるのが親切。

・Eye-Fiに正式対応してる
以前使っていたEye-Fiカードが、差し替えただけでそのまま使えました。
写真転送中にアイコンが表示されたりして、なかなか便利。

・USB経由でそのままPCと接続できる
メモリカードをディスクドライブとして認識してくれるから、画像のコピー&ペーストも簡単。
大量に撮った場合は、Eye-Fi経由じゃ無くてこっちの方が早いし便利。
(前はメモリカードをカメラからはずして、PCで読み込ませる必要があった)

・小さいようで意外と大きいサイズ
ハードタイプのケースを探したところ、選択肢がかなり少なかったです。
前のと比べてみたら、厚みがだいぶありました(特にレンズ部分)
ちなみに購入したケースはエレコムのこれ
(これでも出し入れ時には若干の難あり)


こんなところ。
ブログの記事用にしかカメラ使わない自分にとっては、これで充分って感じです。
コストパフォーマンスもいいし、満足まんぞく。

|

« SHIBUYA-AXは2014年5月で終了 | トップページ | 七味と一味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/58112894

この記事へのトラックバック一覧です: 新・デジカメ購入記:

« SHIBUYA-AXは2014年5月で終了 | トップページ | 七味と一味 »