« プリンタ購入 | トップページ | 蛍光灯を替えてみると »

2013.12.06

「清須会議」を鑑賞

三谷幸喜が原作・脚本・監督を手がけた映画「清須会議」を観に行ってきました。
織田信長亡き後、誰が織田家を継ぐのか、それを決める評定にスポットを当てた作品です。

三谷幸喜の映画って微妙なのが多いから期待してなかったんだけど、これはなかなか楽しめました。
わたくし的には、「ラヂオの時間」に次ぐ面白さ。
(ラヂオの時間>清須会議>(越えられない壁)>その他の作品)

オススメ度:★★★

史実を基にしているからか、変に笑いを取りに行くシーン&登場人物が少なかったのがいいですね。
みんな気合いの入ったメークで歴史上の人物を精巧に再現している中、ほぼノーメークの小日向文世(丹羽長秀役)が一番雰囲気出てました。
それぞれの役者の持ち味が、登場人物の性格とうまくリンクしているところは、さすが。

登場シーンはそんなに多くないけど、女優陣がすごく印象に残る映画でもありました。


劇中ではあまり説明が無いので、登場人物たちの人間関係を事前に押さえておくと、より楽しめるかと。
(パンフレット買って、人物紹介の部分にサーッと目を通すのが手っ取り早いかも)

|

« プリンタ購入 | トップページ | 蛍光灯を替えてみると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/58724035

この記事へのトラックバック一覧です: 「清須会議」を鑑賞:

« プリンタ購入 | トップページ | 蛍光灯を替えてみると »