« 蛍光灯を替えてみると | トップページ | LED照明にしてみた »

2013.12.07

ロスト・イン・ヨンカーズ in 神奈川芸術劇場

神奈川芸術劇場で、三谷幸喜が上演台本と演出を手がけた芝居「ロスト・イン・ヨンカーズ」を観てきました(作:ニール・サイモン)。

厳格な祖母の元に預けられた二人の兄弟の目を通して描かれる、家族の物語。
出演は、中谷美紀/松岡昌宏/小林隆/浅利陽介/入江甚儀/長野里美/草笛光子


二部構成なんですが(上演時間は3時間10分ほど)、.前半がかなり冗長でした。
登場人物の多くがエキセントリックで、ゆっくりな展開。
物語に入り込めずにいるうちに二度ほど意識を失いましたが、それでも全然困らないと言う(苦笑)
ニール・サイモンと聞いて笑いが絶えない芝居かと思っていたので、そのギャップに戸惑った部分もあり。

でも後半になると話が色々と動いて、なかなか面白かったです。
トータルではプラスマイナスゼロ、といったところ。

役者の中では凛とした佇まいの草笛光子と、難しい役柄を飄々と演じた中谷美紀が印象的。
中谷美紀は、声もすごく良かったなあ。


三谷幸喜が手がけた海外作品の翻訳物は「桜の園」「ドレッサー」に続いて三作目。
どれも役者は素晴らしいんだけど、芝居としての面白さは微妙なんだよなあ。

今日は2階席(A3列)中央付近からの鑑賞でしたが、舞台が割と近く、演者の表情がはっきり分かる見やすい席でした。

|

« 蛍光灯を替えてみると | トップページ | LED照明にしてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/58724001

この記事へのトラックバック一覧です: ロスト・イン・ヨンカーズ in 神奈川芸術劇場:

« 蛍光灯を替えてみると | トップページ | LED照明にしてみた »