« そばを茹でる | トップページ | 「君となら」再々演 »

2014.02.04

Happening Jump in 晴れたら空に豆まいて

榎本くるみが出演するライヴに行ってきました。
会場は晴れたら空に豆まいて(代官山)。
夕方からの雨が雪に変わる天候でしたが、会場に着く頃には止んでました。

Happening Jump

本日の出演アーティストは二組。おかげでじっくり聴けてよかったです。

おおたえみり
・ピアノ弾き語り
・すごく力強いピアノを弾く グランドピアノで聴けて良かった
・曲が自由奔放な感じ
・歌よりもピアノをずっと聴いていたいって思った

榎本くるみが「音源を聴いて気になっていた」とMCで言っていたアーティスト。
実際、終盤の演奏を客席で聴いてました。
「今後もこんな企画をやっていきたい」とも言ってたので、今日は榎本くるみ企画ライヴだったのかしら?

その榎本くるみの、今宵のセットリスト。
 01.青い魚(金延幸子のカヴァー)
 02.???
 03.螺旋の記憶
 04.True Colors(シンディ・ローパーのカヴァー)
 05.Because the Night(パティ・スミスのカヴァー)
 06.DESPERADO(EAGLESのカヴァー)
 07.月見る夜
 08.未来記念日
 EN.ビューリフォー

全9曲。1時間弱のステージでした。
最近のライヴ同様、カヴァー曲が多め。
「カヴァーは魂を引き出すのが難しい」といった旨のことをMCで言ってましたが、彼女が歌うと自身の持ち歌にしか聞こえないから、さすがです。

サポートはアコースティックギター(伊原真一)とドラム&ジャンベ(ANTON)。
この組み合わせで見るのは、昨年4/26の渋谷LOOP以来。
1~2曲目がドラムで、以降はジャンベ(6曲目はギターのみ)。
歌と楽器の強弱が見事にシンクロしていて、息がピッタリ合ってるのがよく分かりました。

2曲目は聴いたことある曲なんだけど、曲名わからず。

アンコールは「ビューリフォー」。
人を思う気持ちを大切にしたいと思い、作った曲だそうです。
1番が「語りかける風」の珍しいアレンジでした。

控えめな照明で薄明かりの中歌う姿が印象的。
ココロに沁みる素敵な夜でした。

|

« そばを茹でる | トップページ | 「君となら」再々演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/59069477

この記事へのトラックバック一覧です: Happening Jump in 晴れたら空に豆まいて:

« そばを茹でる | トップページ | 「君となら」再々演 »