« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014.02.27

長いけど短く感じちゃう

「ニンテンドーDS」および「Wii」ソフトの「ニンテンドーWi-Fiコネクション」サービス終了のお知らせ
http://www.nintendo.co.jp/support/information/2014/0227.html

このたび、2005年11月にサービスを開始しました、「ニンテンドーDS」および「Wii」のインターネット通信サービス「ニンテンドーWi-Fiコネクション」を、2014年5月20日(火)をもちまして終了させていただくこととなりました。

オマケ程度に用いられていたゲームならそんなに気になりませんが、「マリオカート」(Wii/DS)とか「斬撃のREGINLEIV」(Wii)のように対戦/協力プレイが楽しいゲームだと痛いなあ。

サービスの提供期間が9年弱(2005/11~2014/05)。
この間ずっと無料だったし、すでに旧世代機だし、理解はできるんだけど。
でも現行機の3DS/Wii UがそれぞれDS/Wiiとの互換性を保っているんだから、もう少しなんとかならなかったのかな、って気も。

「任天堂は良質なサービスを長く続ける企業」ってイメージがあるから、なおさら短く感じてしまいます。
まあ赤字で厳しい状況だろうから、致し方ないって部分もあるんだろうけど、でもなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.25

丸十年

このブログを書き始めたのが2004/2/10なので、ふと気づけば丸十年が経過したことに。
書いた記事は2500本くらいなので、週に5本弱のペース。
・・・我ながらよく続いてるなあ(笑)

「こんなこと書いたっけ」
「こんなイベント見に行ってたのね~」
・・・なんてことも多々あるわけですが(苦笑)、これからもユル~く更新していこうと思います。
自分のメモ代わりでもあるからねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.24

唄 ~ 榎本くるみ × 保刈あかね ~ in 渋谷LOOP ANNEX

渋谷LOOP ANNEX榎本くるみが出演するライヴイベントを観てきました。
普段よりも出演アーティストが少なかったためか、開演時間が遅め。
イベントの時間も2時間半弱とコンパクトでした。
やっぱり3~4組が丁度いいよね(5組以上だと時間がかかりすぎる…)

出演順に、アーティストの雑感など。

木島裕
・本人ヴォーカル+ギターサポート
・歌声がすごくいい
・歌い方に特徴がある(民謡をやってたっていうから、それ故かな)
・「ふるさと」って曲がよかった

保刈あかね
・本人ギター+キーボード&ドラムサポートあり
・すごく楽しそうに歌っていた
・MCに独特の間がある
・森山未來に似てると思った

◆榎本くるみ
今宵のセットリスト。
 01.キャッチボール
 02.螺旋の記憶
 03.メリーゴーランド
 04.月見る夜
 05.いずみの気持ち(新曲)
 06.素晴らしい世界
 EN.心のカタチ

この季節にぴったりな「キャッチボール」でスタート。
「メリーゴーランド」では「まわれまわせ」の部分でミラーボールが回り出す絶妙の演出。
新曲の「いずみの気持ち」は「言葉にできません。歌で聞いて下さい」ってMCで言ってました。メロディが綺麗で、サビがなんだか洋楽っぽかったなあ。
「素晴らしい世界」(久々に聴けてうれしい!)は、長めの間奏が印象に残ってます。

本日のサポートメンバーは、キーボード:阿部樹一 ジャンベ:ANTON。
出演時間は45分ほど(アンコール含む)

カヴァー曲無しは、久々な気が。初期の曲が多いのも珍しいですね。
1stアルバム(NOTEBOOK I)聴きながら帰宅しました。

次の東京でのライヴは、3/25(渋谷LOOP ANNEX)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.22

ジョビジョバ復活のU-1グランプリが楽しみ

福田雄一と元ジョビジョバのマギーが脚本&演出を手がけるコントユニット、U-1グランプリ
過去に4度公演を行っており(2007/2008/2010/2012)、2回目以降にはジョビジョバのメンバーが一人ずつ参加しています(長谷川朝晴、六角慎司、坂田聡)。

で、次は誰が参加するんだろう…と思っていたら、まさかのメンバー全員参加でジョビジョバ復活。

ジョビジョバ限定復活!U-1グランプリ第5弾で新作コント
http://natalie.mu/owarai/news/106238

あのジョビジョバが生で見られるなんて!(TVでしか見たこと無い)
うれしい反面、U-1グランプリのチケットがもの凄く取りづらくなったよ!(苦笑)
過去の公演は先行販売で余裕で取れたしリピート観劇も容易でしたが、今回は先行すべてハズレ。
本日の一般発売で、運良くチケット取れました。
販売開始5分後には売り切れてたから、危ないあぶない…。

過去の公演でもジョビジョバのコントを彷彿とさせるハイスピードでハイテンションな物がありましたが、それを本物のジョビジョバで見られるのが、今からすごく楽しみです。


---
関連記事:
2014.04.29 U-1グランプリ case05 『ジョビジョバ』 in 赤坂RED/THEATER
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2014/04/u-1-case05-in-r.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.17

あーそういうことか

冷凍食品のほうれん草。
おひたしサイズになってるヤツが便利でよく買ってたんだけど、最近はスーパーで全然見かけず。
似たような商品の特売をやってるからだと思ったら、特売終わってもやはり店頭に無し。

ふと店の貼り紙が目に入り、家に帰ってググってみると・・・
あ~あれはマルハニチロの商品だったのね~(ちなみにコレ)。
なるほど。撤去されたまま今に至る、と。

しばらくは他の商品買って繋がないとダメかな。


---
2014/03/17追記
先週末にスーパー行ったら、復活してましたー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.14

ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団 The Second Live~暴虐のからくり人形楽団~ in Shibuya O-EAST

ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団の2ndライヴに行ってきました。
出演は、谷山浩子/石井AQ/THE 卍(からくり男爵ROLLY、佐藤研二、高橋ロジャー和久)の面々。
会場はShibuya O-EASTです。

ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団 The Second Live

ライヴは2時間20分程。
いつもならほぼ定時に始まる谷山さんライヴですが、本日は約10分遅れての開演。
これは雪の影響で遅らせたんだろうな(行きも帰りも大雪だった)。
でも雪のおかげで会場内の空気が潤っていたのは良かったです(この時期、ライヴ会場はどこも乾燥がひどいので)

これまで発売された2枚のアルバムからの楽曲に加え、なんと3rdアルバム(発売自体未定)の曲も披露してくれました!
「鏡」「カイの迷宮」「ドッペル玄関」の3曲がそれ。
昨年の2ndアルバムのレコーディング時、せっかくスタジオ借りたからと作ったらしいです。
どれも「からくり人形楽団」らしい仕上がりになっていたので、早く3rdアルバムを発売して欲しいなあ。
そういえば去年の今ごろも、「王国」が入った2ndアルバムを切望してたっけ。

今日のライヴで印象に残ったのは「不眠の力」。
静止したミラーボールに光を当てて、なんだか月のように見える照明がすごく綺麗でした。


その他、MCなどで印象に残った話をピックアップ。
・(ROLLY)「そっくり人形展覧会」は最も変なロックミュージックであり、最も好きなタイプの曲でもある
・↑の発言に「この曲ロックじゃ無いし…」とすかさず返す、谷山さん(笑)
・(ROLLY)石川県輪島市にある、輪島塗の会社がやってるベルサイユ宮殿みたいな建物がすごい
(ググったら「イナチュウ美術館」ってトコロなのね ちなみに現在休館中)
・(ROLLY)今日は「普通の曲では満足できない人たち」が集まってくれた
・(谷山)「ヤマハ発動機社歌」はコンペだった
(谷山さんがヤマハミュージックアーティスト所属だからその繋がりでの依頼だと思ったらコンペだったとは…)


次のからくり人形楽団の活動は、5/9~11に青山円形劇場で開催される「からくり人形楽団別館」。
谷山浩子×ROLLY×石井AQ×山口とも、とゆうこれまた異色の組み合わせ。
からくり男爵と山口ともの共演、楽しみだなあ。

ちなみにこの公演は、昨年10月の猫森集会(Cプログラム)で、谷山さんがうっかり口を滑らせたヤツ。
ライヴ決まってから情報解禁まで、こんなに間が空くモノなのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.11

デジタル時代の録画はややこしい

WOWOWで録画した舞台中継番組(2時間45分ほど)をBlu-rayに焼こうとしたら「容量足りない」って言われて(´・ω・`)
「あれ?3時間まではOKだったような…」と思ったら、それは地デジ放送の場合(BSデジタル放送だと、もっと短い)。
地デジとBSデジタルでは解像度が異なるからだけど、まあややこしいよね。

ちなみに↑はDRモード(放送をそのまま録画)でのお話。
録画モードを変えればより多くの時間録画できるようになるのは、ビデオテープと同じ。
でもビデオテープ時代は標準と3倍の2種類しか無かったけど(VHSの場合)、今はモードが複数用意されているので、ますますややこしい。

地デジとBSデジタル混在かつ多種の録画モードの番組を一枚のBlu-rayに・・・とか考えただけでゾッとするわあ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.09

大雪ちゃん!

2/8朝
窓から外を見て、「おー天気予報どおり雪降ってる!」

2/8日中
「降り続いてるなあ、雪量も増してるような…」

2/8夕方
帰省のため外へ。
玄関のドアを開けたら、下の方を雪が覆っていてビビる。
駅へ向かう道のりは、雪国かよってくらい積もってた(早めに家を出て正解)。
さらさら雪だったのが救い。

2/8地下鉄
門前仲町駅に着いたところでブザーが鳴り、電車が止まる。
「地上部でポイントが動かなくなったため」とのこと。
5分待っても動かなかったので、外に出てタクシー拾う。

2/8東京駅
乗車予定の5分前に東京駅着。
列車は数分遅れで出発。
この大雪でもほぼ定刻ってのが凄い。

2/8新幹線
徐行運転のため、小田原駅に約30分遅れで到着。
その後はスピードも上がり、静岡に着いたときには20分遅れに短縮。
静岡は、もちろん雨。さすが雪が降らない地域だけのことはあります(笑)

2/9夜
家に戻ってくる。
一面まっ白かと思ったらそうでもなく、意外と雪が残ってなかった。
人通りのおおい歩道なら、雪も無くて問題なく歩ける状態。
ただし、人気の無い道に入った途端に雪まみれ(苦笑)


東京には15年以上住んでるけど、こんな大雪は初めて。
こりゃ1週間は雪が残りそうだな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.07

なんでも!クラシック2014 すぎやまこういちのドラゴンクエストvsニーベルングの指環~ふたつの壮大な名曲!そして伝説へ~ in 東京芸術劇場コンサートホール

「すぎやまこういちのドラゴンクエストvsニーベルングの指環~ふたつの壮大な名曲!そして伝説へ~」に行ってきました(タイトル長いな…)。
すぎやまこういちが手がけたドラゴンクエストの楽曲と、ワーグナーの「ニーベルングの指環」の楽曲が一度に聴ける、お得なコンサートです。


会場は池袋にある東京芸術劇場コンサートホール(客席数1,999席)。
入口にクロークがあったり、各階(1~3階)にバーラウンジがあったりと、なかなか本格的な造り。
座席が3階席だったのでエスカレーター利用したけど、2階からは階段利用なのが少々中途半端な感じ。
(エレベーターはある)

その3階の中央付近で見てましたが、ステージが意外と近くてびっくり。
肉眼でも指揮者の表情がギリギリわかる距離でした。
そんなに高い場所にいる感じもせず、国際フォーラム(ホールA)のような絶壁感はないです(笑)

(この場所からの)ホールの音響はまずまず。
「音が良い普通のホール」といった感じでした。


本日の演奏曲目はこちら・・・書き写すのが面倒だったので、会場で配られた演目リストにて。
(クリックで拡大)
なお、裏面には「ニーベルングの指環」のあらすじ紹介が載ってました。

演奏曲目

シーンごとにドラゴンクエストとニーベルングの指環からチョイスされた曲を演奏するという趣向。
指揮者は、すぎやまこういち(ドラクエ曲)と飯守泰次郎(ニーベルングの指環)。
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団です。

それぞれの「演奏対決」の前には指揮者二人で話をしながら進行するので、すごく和やかなムードでした。
クラシックコンサートによく見られるような、堅苦しさは皆無。

ニーベルングの指環は、なんと言っても「ワルキューレの騎行」が聴けたのが良かった!
フルオーケストラでの演奏を目の前で聴くと迫力ありますねえ。
他の曲はあんまり馴染みが無かったんですが、事前に情景の説明などをしてくれるので、曲に入り込みやすかったです。
舞台の外でホルンを鳴らす演出があって、それが面白かったなあ(最初、どこで鳴ってるのか分からなかった)。

ドラクエの楽曲は耳馴染みのあるものがほとんどなので、それが生で聴けるのは感動モノ。
絶賛プレイ中のドラクエ10の曲は無かったけれど、ドラクエ3の戦闘曲が流れて思わず「おおっ」となったり。
(ドラクエ10のピラミッドで、戦闘中にこの曲が流れる)

あと、ドラクエ3のフィールド曲を聴いて涙でそうになりました。
発売当初にファミコン版を一度遊んだきりなのに、なんでこんなに懐かしく感じるんだろ。
あ~、3が遊びたくなって困る(笑)

途中、堀井雄二が登場してすぎやまこういちとのトークもあり。
わずか7分ほどでしたが、子どもの頃や学生時代の話などをしてました。
持っていたスライムクッションの存在感がすごかった(笑)

アンコールで「この道わが旅」(ドラゴンクエストII)が演奏され、本日のコンサート終了。
正味2時間ほどでしたが、内容がぎっしり詰まった素敵なプログラムでした。

ニーベルングの指環はすべて上演すると15時間だそうですが、ドラゴンクエストもこれまでの作品の音楽が11時間にも及ぶとか。
いつかまとめて聴いてみたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.06

「君となら」再々演

竹内結子が三谷幸喜作品で初舞台に挑戦
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201402030004

おおー、「君となら」キャストを替えて再々演かあ。
以前のは昔テレビで見て、お腹がよじれるほど笑ったのを覚えてます。
これで三谷幸喜の芝居に興味持ったんだよね。
小さな嘘の積み重ねが大きな笑いの渦を呼ぶ、そんなドタバタホームコメディ。
今まで見た演劇の中で、一番面白かった作品でもあります。
あの時の録画を保存しておかなかったのが、痛恨の極み。。。

上の記事でも触れられている「大空港2013」。
完全ワンシーン・ワンカットという厳しい条件の中で、竹内結子はすごく自然に主役をこなしていたので、今回も期待。

・・・今回の上演にあわせて、以前の「君となら」をテレビ放送かDVD販売してくれないかなあ。
NHKにリクエストしてみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.04

Happening Jump in 晴れたら空に豆まいて

榎本くるみが出演するライヴに行ってきました。
会場は晴れたら空に豆まいて(代官山)。
夕方からの雨が雪に変わる天候でしたが、会場に着く頃には止んでました。

Happening Jump

本日の出演アーティストは二組。おかげでじっくり聴けてよかったです。

おおたえみり
・ピアノ弾き語り
・すごく力強いピアノを弾く グランドピアノで聴けて良かった
・曲が自由奔放な感じ
・歌よりもピアノをずっと聴いていたいって思った

榎本くるみが「音源を聴いて気になっていた」とMCで言っていたアーティスト。
実際、終盤の演奏を客席で聴いてました。
「今後もこんな企画をやっていきたい」とも言ってたので、今日は榎本くるみ企画ライヴだったのかしら?

その榎本くるみの、今宵のセットリスト。
 01.青い魚(金延幸子のカヴァー)
 02.???
 03.螺旋の記憶
 04.True Colors(シンディ・ローパーのカヴァー)
 05.Because the Night(パティ・スミスのカヴァー)
 06.DESPERADO(EAGLESのカヴァー)
 07.月見る夜
 08.未来記念日
 EN.ビューリフォー

全9曲。1時間弱のステージでした。
最近のライヴ同様、カヴァー曲が多め。
「カヴァーは魂を引き出すのが難しい」といった旨のことをMCで言ってましたが、彼女が歌うと自身の持ち歌にしか聞こえないから、さすがです。

サポートはアコースティックギター(伊原真一)とドラム&ジャンベ(ANTON)。
この組み合わせで見るのは、昨年4/26の渋谷LOOP以来。
1~2曲目がドラムで、以降はジャンベ(6曲目はギターのみ)。
歌と楽器の強弱が見事にシンクロしていて、息がピッタリ合ってるのがよく分かりました。

2曲目は聴いたことある曲なんだけど、曲名わからず。

アンコールは「ビューリフォー」。
人を思う気持ちを大切にしたいと思い、作った曲だそうです。
1番が「語りかける風」の珍しいアレンジでした。

控えめな照明で薄明かりの中歌う姿が印象的。
ココロに沁みる素敵な夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.02

そばを茹でる

そば(乾麺タイプのやつ)をもらったので茹でてみた。

鍋焼きうどんの如く、温めためんつゆにそばを放り込んだら大失敗。
そばが汁を吸ってなんだか得体の知れない食べ物に(´・ω・`)

次は茹でたそばを、めんつゆへ。
そばって茹でるとあんなに量が増えるのかー(苦笑)
めんつゆに収まりきらないほどのそばが出来上がり、食べるのに難儀。

・・・やっぱり麺はうどんに限るね!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »