« 超絶技巧!明治工芸の粋 in 三井記念美術館 | トップページ | 延長と雷雨 »

2014.06.27

猫森集会2014 オールリクエスト in 青山円形劇場

猫森集会オールリクエストに行ってきました。
出演は、谷山浩子、斎藤ネコ、石井AQ。

猫森集会2014 オールリクエスト

猫森集会は毎秋に行われるので、今回はいわば「飛び地」開催。
(おそらく)青山円形劇場での最後の谷山浩子コンサートとなります。
「こどもの城」が2015年3月で閉館予定となっており、青山円形劇場もそれに含まれるため。

「こどもの城」閉館へ 施設老朽化で15年3月末に
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/09/28/kiji/K20120928004211450.html

渋谷駅&表参道駅から近くて便利な良い場所なだけに、無くなっちゃうのは残念。
この辺りは歩道も広くて、のんびり歩けるのも良かったんだけど。


今日はオールリクエストなので、最初からアンコールまで全てリクエスト曲。
座席抽選やクイズ、じゃんけんで選ばれたお客さんが聞きたい曲をリクエストし、それを演奏してもらうスタイルです。

2~3曲ずつリクエストを取って演奏するんですが、そのブロック毎に曲の難易度に偏りがあったのが今日の特徴。
ちなみに、
難易度が低い:谷山さんが普段のコンサートで良く弾くような曲。「おまかせください!」
難易度が高い:曲やキーが難しくてめったにやらない曲。「あ、ありがとうございます…」


何度聴いても、斎藤ネコのヴァイオリンはいいなあ。まさに絶品。
今日は特に「銀河通信」がすごかったです。
曲が始まった直後、あたふたしはじめるネコさん。
譜面と実際のキーが違っていて、正しい譜面を探し始めるも、途中であきらめて演奏に集中。
そんな状態でも素晴らしい音色を奏でてくれるんだから、さすがです。

そして斎藤ネコと言えば、現場聴音。
ゲスト用の譜面が見つからない曲は、1番を聴きながらペンを走らせて2番から演奏。
それがまた曲にピッタリ合ってるので、まさに神業。

そんなネコさんですが、「何からやるんだっけ?」「曲の順番どうだっけ?」と後ろのお客さんに小声で何度も尋ねてました。
「パス」(リクエストが無いので辞退、の意)と聞いて「パス」って曲を探し始めたりするのも、お茶目です(笑)


河合奈保子に提供した「渚のライムソーダ」を「河合奈保子版の歌詞」とのリクエストに応えた谷山さん。
曲の途中で歌詞の内容に唖然として演奏を中断したのも、今日の見どころの一つ。
「渚のライムソーダ」って、谷山版と全然歌詞が違うのね。
(ちなみにどちらも、作詞作曲:谷山浩子)


今日のコンサート。
目の前の人&同じ列の人はリクエストに当たるも、自分が当たることはなし。
あ~、(この場所にちなんで)「僕は帰る きっと帰る」をリクエストしたかったなあ。

以前はオールリクエストコンサートに来るとちょっと緊張してたけど、最近はまったくそんなこと無し。
だって全然あたらないからねー(苦笑)

|

« 超絶技巧!明治工芸の粋 in 三井記念美術館 | トップページ | 延長と雷雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/59878743

この記事へのトラックバック一覧です: 猫森集会2014 オールリクエスト in 青山円形劇場:

« 超絶技巧!明治工芸の粋 in 三井記念美術館 | トップページ | 延長と雷雨 »