« 六回目のコミケ | トップページ | 「花子とアン」途中リタイア »

2014.08.21

君となら -Nobody Else But You- in パルコ劇場

三谷幸喜作・演出の「君となら」をパルコ劇場で観てきました。

お茶の間を舞台に繰り広げられる、抱腹絶倒のコメディ。
嘘が嘘を呼び、どんどん誤解が積み重なっていく、一幕物の舞台です。

この芝居、初演が1995年で再演が1997年。
その時は山田和也が演出を手がけていましたが、今回はキャスト一新&三谷幸喜自身による演出での再々演。

以前のは昔NHKで放送されたのを見て、お腹がよじれるほど笑った記憶が。
(あの時録画したヤツを残しておかなかったのが、今でも悔やまれる…)
おそらく今まで観た芝居の中で一番笑ったのがこの「君となら」なので、期待半分不安半分で行ってきました。

出演:竹内結子/草刈正雄/イモトアヤコ/長野里美/長谷川朝晴/木津誠之/小林勝也

ちなみに初演(再演)時は、
出演:斉藤由貴/角野卓造/宮地雅子/高林由紀子/益岡徹(小倉久寛)/伊藤俊人/佐藤慶


いやあ今回のも、なかなか面白かった!
角野卓造と佐藤慶が名コンビすぎるからどうだろう…って思ったけど、草刈正雄&小林勝也も良かったです。
あ、小林勝也は小林克也(英語が得意な方)ぢゃないので、念のため。
父親役としては格好良すぎる草刈正雄だけど(笑)、ちょっと情けない感じをうまく演じてました。

イモトに見えないイモトアヤコ(笑)も、印象に残る演技。
他の三谷作品における梶原善的な役どころを、うまくこなしてたなあ。

笑えるシーンはたくさんあれど、オーバーな演技やベタな笑いはほとんど無いのが、いかにも三谷幸喜らしくて◎。
笑って笑って笑って、最後は少しホロリとさせられて・・・
いいお芝居です。


少し前はシリアスな作品が多かったけど、ここのところ「何も考えず笑える」作品がまた増えてきたのがうれしいトコロ(おのれナポレオン、ジキルとハイド等)。
しばらくはこの路線でいってくれないかなあ。

ところで今回の芝居、時代背景が昭和なので、開演前にその頃の曲が流れます。
Diamonds(プリンセス プリンセス)、さよなら人類(たま)、浪漫飛行(米米CLUB)・・・
そんな中で「おどるポンポコリン」がB.B.クイーンズが歌う最初のヴァージョンじゃなかったのが、違和感ありまくりんぐ。
それじゃあ、時代が異なるでしょうに。これ気づかず流してるのかなあ。


そうそう、芝居を見終わってパルコから出るところで、三谷幸喜とすれ違ってびっくり!
TVなんかで見る、そのままのスーツ&メガネ姿でした。
普通に一人でフラっと入ってくるのね。

|

« 六回目のコミケ | トップページ | 「花子とアン」途中リタイア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/60190343

この記事へのトラックバック一覧です: 君となら -Nobody Else But You- in パルコ劇場:

« 六回目のコミケ | トップページ | 「花子とアン」途中リタイア »