« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014.09.29

謳われる唄 第2巻 in 赤坂天竺

みたにが出演するライヴイベントに行ってきました。
会場は赤坂club TENJIKU

赤坂駅から徒歩1分強。
1階のベトナム料理屋が目印だったんだけど、久々に行ったらステーキハウス?になっていてちょっと迷う(苦笑)

みたには、見谷優唯としてオープニングアクトでの出演。
当面、ソロの時はこちらの名前で活動するようです。
1曲目の「あの頃のままで、」からグッと引き込まれる(やっぱりこの曲はいいなあ)、全5曲、30分ほど。
ソロでギター弾き語りするのを見るのは久々でしたが、前よりも自然体で演奏してるように感じられました。
(実際は、かなり緊張していたらしい)
「空の向こう」も聞けたし、満足満足。
(あとの3曲は初めて聴いたのが1曲と、後は聞き覚えのある曲)
周りの人たちも演奏に聴き入っていたから、オープニングアクトとしての役割をしっかり勤め上げたんぢゃないでしょうか。

その他出演アーティストの雑感。

矢野絢子
・ライヴで見るのは二回目
・本人キーボード+ウッドベースのサポートあり
・自由奔放な演奏で、会場の雰囲気を完全に掌握していた(笑)
・「てろてろ」が聴けたのがうれしい(この曲が入ったアルバム持ってるんだよね~)
・自分なりの訳詞で歌った、イーグルスの「デスペラード」が絶品

THE CHESS
・4ピースロックバンド
・ヴォーカルの落ち着いた歌声が、良い感じ
・終始冷静なリーダーの姿が印象に残ってる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.25

トップバリュ、製造者名が表示されてるモノもあるのね

イオン系列の店で販売しているトップバリュ製品(イオンのPB商品)。
これ製造者名は表示しないものだと思ってたけど、牛乳にはちゃんと書かれてるのね。

最近は変わったのか!と思ったけど、他は(家にあったモノを見た限りでは)従来どおり販売者のみの表示。
商品によって対応が違うのか。。。
全部表示してくれればいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.21

谷山浩子・猫森集会2014 Cプログラム in 全労済ホール/スペース・ゼロ

谷山浩子・猫森集会のCプログラムに行ってきました。
本日のゲストは、友納真緒ストリングスカルテット。
(チェロ:友納真緒 ヴィオラ:菊地幹代 第1ヴァイオリン:石橋尚子 第2ヴァイオリン:漆原直美)

彼女たちが曲終わりに譜面をめくる音が、なんだか本格的なコンサートみたいでした。

弦楽器って音が重なると、すごく綺麗ですね。
「漂流楽団」が良かったなあ。
そして女性4人とは思えないくらい、みんな音が力強かった。

しかし途中、気持ちよすぎて眠りに誘われる場面も(苦笑)
ヴァイオリン等の響きって、なんであんなに耳に心地良いんだろう。

弦楽器のみで「手品師の心臓」も披露されました。
この曲、斎藤ネコカルテットへの提供曲だったんですね。
途中でなんだかからくり男爵(ROLLY)の声が聞こえてきそうだった(笑)

MCで、各々のメンバーが色んなアーティスト(中島みゆき、ゆず、コブクロなど)のライヴでサポートをしている話が。
なるほど、クラシック専門ってわけぢゃないのね。
ちなみに4人は普段一緒に活動しているわけでは無く、友納真緒が声を掛けて集まったメンバーとのこと。
頭にヒトの名前が付いた○○カルテットっていうのは、その名前の人がメンバー集めたって事だそうです。
あ、今回の共演をきっかけに「化け猫カルテット」なるユニットを立ち上げることにしたらしい(笑)


ゲスト登場前に演奏された「無限マトリョーシカ」(上坂すみれへの詞提供曲)。
「作曲者の名前が覚えられない」って谷山さんが言ってたので、調べてみたら「Леснойпутешественник」(リェスノーイプチシェーストヴニク)って表記されてた。
なるほどこれは覚えられない(笑)

原曲のままだと早すぎるってことでテンポを26下げての演奏でしたが、それでも充分早かった!
オリジナルを聞いてみたいなあ。
ちなみに、歌詞の1番:東海林太郎「国境の町」風、2番:谷山浩子「ねこの森には帰れない」を膨らませた感じ、だそうです(笑)

今日は「そば屋のおじさん」風な出で立ちの石井AQ(シンセ)も、普段よりも忙しそうに見えました。


ダブルアンコールで登場した谷山さんが、退場時の音楽について解説。
曲は、すぎやまこういちの「おおぞらをとぶ」。ドラゴンクエスト3の曲です。
選んだ理由は「だいすきだから」。
そこからドラクエについて熱く語り出すのは、さすが筋金入りのゲーマーです(笑)


今年の猫森集会はこれにて終幕。
来年も同時期に開催されるようなので、それをまた楽しみにしてます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.17

Xbox360のコントローラーを追加購入

日本でもXbox Oneが発売され、旧機種になったXbox360。
在庫が無くなる前に、Windowsでも使える有線コントローラーを購入しました。
現在使ってるヤツが壊れたときの、予備用です。

Xbox 360 Controller for Windows
http://www.microsoft.com/hardware/ja-jp/p/xbox-360-controller-for-windows#details

持ちやすい形状、操作しやすいスティック、手頃な大きさ。
難点は、若干重いのと、十字キーが操作しづらい事くらい。

今まで色んなゲーム機(とコントローラー)で遊んできたけど、使いやすさではこれがナンバーワンかと。
USB接続なので、Xbox360でもWindowsでも普通にそのまま使えるのも、便利だわあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.14

谷山浩子・猫森集会2014 Aプログラム in 全労済ホール/スペース・ゼロ

新宿のスペース・ゼロに谷山浩子・猫森集会を観に行ってきました。
全6日間の行程の初日、Aプログラムの一日目です。
(今年は6月にオールリクエストを青山円形劇場にて行っているため、日数が少ない)

猫森集会は今年で13年目。
毎年来ているので、もはや秋の恒例行事です(笑)

座席は5列目右端付近。
正面エリアの、石井AQさん(シンセ)右後方でした。


本日のゲストは、鈴木康博
かつてオフコースで活躍していた、大ベテラン(その時代の曲「でももう花はいらない」も披露してくれた)。
谷山さん曰く、先輩にゲストで来てもらうのは小室等さん以来だとか。

初めて生で聴くギターは、すごくキラキラした音色でした。
生き生きして、艶があって、思わず聞き惚れちゃう感じ。

小室等のギターはものすごく優しい音色だったから、ヒトによって特徴でますね。
これだから楽器は面白い!

「Believe In Our Smile」って曲では、お客さんみんなで手拍子と掛け声を担当。
会場が一体となってグルーヴ感あふれる盛り上がりに、「谷山浩子のコンサートにはおとなしいお客さんが多いって思ってましたが、わたしが悪いんですね!」と谷山さん自ら言ってしまうほど(笑)

中盤以降は、谷山さんの持ち歌にギター&ハモり(コーラス)で参加する鈴木康博。
いやあ、歌声もすごく優しくて素敵です。
中でも「SORAMIMI」が絶品でした。

トークの流れで、谷山さんが作詞して曲を提供するって話になったので、これはちょっと楽しみ!
いったいどんな変なステキな曲が出来上がるんだろう・・・

あと、Peter, Paul & Maryの「Lemon Tree」「Puff」の二曲を、PPMならぬYAH(Yasuhiro , Akira & Hiroko)のハモりで披露。
すごく爽やかで、フォークソングの源流を見た!気がしました。

その他、覚え書き。
・序盤、シンセの音が大きめでピアノが聞こえづらかった(座った位置によるのかも)
・谷山さんが初めてDTMを使って作った曲が「春のさけび」
 (10月からNHKBSでスタートするアニメ「山賊の娘ローニャ」の主題歌)
・谷山浩子&石井AQの二人がハモるのは、今日のYAHが初めてだった


「星より遠い」も良かったなあ。
帰りはこれを聞きながら家路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.11

iPod classicおしまい?

iPod classicが販売終了。2001年の初代から続くホイール付きiPodに幕
http://japanese.engadget.com/2014/09/10/ipod-classic-apple/

9月9日のスペシャルイベントでは大画面化したiPhone 6 / iPhone 6 Plus やスマートウォッチ Apple Watch など待望の新製品が発表された一方、オンラインApple Storeではいつの間にか iPod classic の販売が終了しています。

あ~、遂にラインナップから消えちゃったか。ずっと新製品出なかったもんなあ。
今見たら、アップルのiPod紹介ページにも載ってない(´・ω・`)

「手持ちの楽曲をすべて持ち歩ける」「ふと聴きたくなった曲が、すぐ聴ける」「曲が探しやすい」
という、自分にとってはまさに理想的なガジェットです。

現在、4台目のiPodを使用中。
曲が入りきらなくなるタイミングで、より大容量のモノを買ってきました。
(5GB → 20GB → 60GB → 160GB)

今使ってるヤツはまだ15%近く空きがあるので、容量的にはこれで充分。
しかし壊れたときに新しいのが買えない、ってのはすごく困る。

・・・そのうちハイレゾ対応を謳って復活しないかしら。


---
関連記事:
iPod 10年(2011.10.24)
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2011/10/ipod-84c5.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.04

野坂ひかり Birthday eve oneman live「EUPHORIA」 in 渋谷7th FLOOR

野坂ひかりの誕生日前夜ワンマンライヴに行ってきました。
会場は渋谷7th FLOOR

野坂ひかりワンマンライヴ

オープニングは本日のスペシャルゲスト、ピアニストのはらかなこ
力強く、かつ繊細なピアノを披露してくれました。
どの曲にも印象に残るフレーズがあって、なかなかいいですね。
表情豊かに演奏する姿も印象的でした。

そして野坂ひかりのステージ。
今夜のセットリストはこちら。

第一部
 01.SECRET GARDEN Pf/Gt/Per
 02.すれ違い Gt
 03.秘密のこと Pf/Vn
 04.Good night,Sweet hearts Pf/Gt/Per
 05.初恋 Pf/Vn
 06.夏の夜の幻想曲(ファンタジア) Pf/Gt/Vn/Per

第二部
 07.海を泳ぐ Pf/Vn/Per
 08.三日月が光る丘で Gt/Per
 09.蝶々 Pf/Gt
 10.傷 Pf
 11.観覧車の天辺で Pf
 12.明日も君が、笑えますように Pf/Gt/Per

アンコール
 EN1.いのちの名前(平原綾香のカヴァー) Pf(はらかなこ)
 EN2.眠らない夜を越えて Pf/Gt/Vn/Per
 EN3.Let it be(ビートルズのカヴァー) Pf/Gt/Vn/Per

サポートメンバー ギター:辻村崇、パーカッション:まぁびぃ、ヴァイオリン:乙坂ひかる


去年はパーカッションのサポートがありましたが、今年はそれに加え、ギター&ヴァイオリンという編成。
1曲目の出だしはギターが入った事による違和感があったけど、曲が終わる頃には耳が慣れました。

セットリストを見ると分かるとおり、曲によってサポートメンバーが目まぐるしく入れ替わり。
中には、本人がピアノを弾かずに歌うだけの曲も(もちろん、いつもどおりピアノのみの曲もあり)。

曲に合うような編成を考えてこうしたんだと思いますが、これがすごく良かった!
曲に深みが増したり、聴き慣れた曲も新鮮に感じたり。
特にピアノ&ヴァイオリンで演奏された「秘密のこと」が絶品でした。

今まで見た中で、ベストのライヴだったんぢゃないかと思います。
新しいことに挑戦し、進化し続けていく姿、いいですねえ。
「ユートピアはどこにもない、でもここにあると思いたい」最後の方にMCで語った言葉がすごく印象に残った、そんな夜でした。

きっと来年の今ごろ開催されるであろう、次のワンマンも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »