« かぼちゃプリンの季節到来 | トップページ | in state presents livestate vol.2 in Shibuya O-Crest »

2014.10.13

東京エスムジカ バーチャルジャーニーへようこそ in Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

東京エスムジカのライヴに行ってきました。8ヶ月ぶり。

会場はMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
ここは地下鉄の出口からエレベーターで直結しているので、今日のような台風の日には大助かり。

同じフロアにあるCBGKシブゲキ!!には行ったことあるんだけど、こちらのホールは初めて。
ドリンクの列に並んでいるとき、あちこちにドリンクメニューのポスターやチラシがあるのがナイス。
ふつうのライヴハウスってカウンター前しかメニュー無いから、注文時にあたふたするんだよね。

ホール内はこぢんまりしていて、ミニシアターのような雰囲気。
キャパは、318席(1F:225席 2F:93席)。
イスがふかふかで背もたれも高く、まるで映画館みたいでした。
今まで来たホールの中で、一番いい椅子かも。
(ちゃんとドリンクホルダーや傘スタンドもある)

列ごとにゆるやかな傾斜になっているので、見やすさも◎。
ステージも広く、奥行きもありました。
音響も悪くない感じ。


定刻より10分ほど遅れて、開演。
今日のライヴは、タイトルにある「バーチャルジャーニー」の体験でした。
出発のアナウンスが会場に流れ、「月影のワヤン」でスタート。
中国、東南アジア、ヨーロッパと巡ってアフリカへ。
そこから砂漠地帯を抜け、シルクロードを渡って帰国。
「Going, on the Wing!!」(成田空港のイメージソングとして発売された)で締め、って流れでした。
もちろん、それぞれの場所にちなんだ曲が演奏されます。

いつものオールスタンディングだと観客と一体となった熱気溢れるステージですが、今日は「静かな情熱」って感じですごくクールで大人な雰囲気でした・・・終盤までは(笑)
アンコール以降は、いつものエスムジカらしく和気藹々とした雰囲気に。
そういえば、固定椅子のある会場で東京エスムジカを見るのは、初めてな気がする…
(途中、なんどか立って聞く場面もあり)

「台風近づいてるからMC少なくして進行早くしてるのかな」なんて思ったけど、終盤の様子を見る限りではそういう演出だったようですね。

ダブルアンコールの「ハッピー・エンド・レターズ」で、2時間20分ほどのライヴが終了。


(3人体制での)活動再開より3年。年に二回もライヴが見られる日が来るなんて、感無量!
「これからも期待してね」って何度も言ってたから、次のフライトを楽しみに待ちたいと思います。

|

« かぼちゃプリンの季節到来 | トップページ | in state presents livestate vol.2 in Shibuya O-Crest »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/60475178

この記事へのトラックバック一覧です: 東京エスムジカ バーチャルジャーニーへようこそ in Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE:

« かぼちゃプリンの季節到来 | トップページ | in state presents livestate vol.2 in Shibuya O-Crest »