« 不動産屋の気になるアイツ | トップページ | 鬼平犯科帳、あと2作 »

2015.12.15

「しあわせの色 たのしい模様」展 in 静岡市美術館

芹沢銈介の生誕120周年の記念展「しあわせの色 たのしい模様」を観に行ってきました。
会場は静岡市美術館
芹沢銈介は静岡市出身なので、地元での記念美術展となります。

しあわせの色 たのしい模様

子供の頃から名前は知っていたし(ローカルCMで何度も名前が流れていた記憶が…)、「春夏秋冬」の文字を大胆にデザインした作品がすごく印象に残っている工芸家です。
文字や日用品を、シンプルな意匠に落とし込むのが見事なんだよねえ。
しかも、なんだか温かくてやわらかい。


今回の美術展では、様々な種類の作品を展示して、その多才っぷりがよく分かるようになってました。
本の装丁(川端康成の「雪国」初版本も手がけていた)やカーテンの生地、それに建物や家具のデザインなどなど。
のれんや染色作品はよく知ってるけど、他にも色々手がけてたのね。

今回一番印象に残ったのは、新月堂の包装紙。
新月堂は、静岡に以前あった和菓子屋です。
これ芹沢銈介のデザインだったのか!確かにそう言われてみれば、そんな感じ。
思わず懐かしい物が見られて良かったわあ。


---
関連記事:
2015.12.22 「しあわせの色 たのしい模様」展 in 静岡市立芹沢銈介美術館
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2015/12/in-f77c.html

|

« 不動産屋の気になるアイツ | トップページ | 鬼平犯科帳、あと2作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/62876188

この記事へのトラックバック一覧です: 「しあわせの色 たのしい模様」展 in 静岡市美術館:

« 不動産屋の気になるアイツ | トップページ | 鬼平犯科帳、あと2作 »