« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016.04.23

アニメ番組レビュー(2016年3月終了分)

3月で終了したアニメを、独断と偏見で面白かった順に寸評。

僕だけがいない街
「先に起こること」が分かっているが故に目が離せない展開がアツかった
おかげで、最初から最後まで画面に釘付けになることもしばしば
(毎週続きが気になって仕方ないから)放送終了してから一気に見ればいいって分かってるんだけど、それでも毎週見ずにはいられない、そんな作品

ワールドトリガー 6クール
連携しながらのバトルが駆け引き満載で楽しくて、何度もスプラトゥーンが遊びたくなった(笑)
設定がしっかりしてるから物語がリアルに感じられる
随所で登場人物や用語説明をしてくれるのが親切(しかも分かりやすい)
独自用語なんかを「文字」で見せてくれるのは、他のアニメも見習って欲しいところ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2クール
主人公が冷静で、おまけに最初から最後まで面白いなんてガンダムらしくない!(笑)
ちょっとモビルスーツの出番が少ない気もしたけど、銀英伝ばりに艦隊戦も面白かった
2期にも期待!

灰と幻想のグリムガル
他とは明らかに時間の流れが違うと感じられた作品 時間を贅沢に使ってるし、間の取り方もうまい
生活感がにじみ出ていて、すごく好き
統一感の取れた楽曲も、作品の雰囲気にすごく合ってた

ハイキュー!! セカンドシーズン 2クール
超人的な能力や技が登場するわけでもなく、ただ真っ直ぐバレーボールを描いているだけなのに、もの凄く面白い
試合シーンの白熱っぷりがすごく、そしてすがすがしい
いいところで終わっちゃったから、続きを早くっ!

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 炎龍編 分割2クール目(リンク先は音が鳴るので注意)
「自衛隊」である意味が分かった気がする2クール目
禍々しいドラゴンの描写に見惚れていた前半、怒りの感情をうまいこと刺激された後半と、メリハリがあって良かった
最後がちょっとあっけない感じだったけど、1クール目よりも見応えあり

昭和元禄落語心中
真っ正面から落語を描いているのが立派
そして思わず落語に聞き入ってしまうこともしばしば 声優すごい!
「昭和」の醸し出す空気感がよく出ていた

鷹の爪DO 4クール
NHKでの4作目
相変わらず面白いけど、前回ほど印象に残るエピソードがないんだよなあ

ルパン三世 新シリーズ
久々に登場したシリーズもの
たまに放送されるスペシャル版にことごとく裏切られてきた中、往年の作品を思い出させる良作だった
主題歌が昔のままなのがいいし、「炎のたからもの」「スーパーヒーロー」といった聞き覚えのある曲をさりげなく流したりするのが泣かせる!
話の面白さにムラがあるのも、かつてのテレビシリーズらしくてよかった(笑)

この素晴らしい世界に祝福を
くっだらないんだけど、まあ続きは気になるし、テンポがいいから楽しめる
そして早回しのような本編の後に流れる、のんびりとしたED曲がすごく印象に残る

亜人(リンク先は音が鳴るので注意)
進撃の巨人のような作品だと思って見始めたら、東京グールだった(笑)
テーマ自体は興味深いんだけど、なんだかあんまりのめり込めないんだよなあ
主人公の行動に違和感ありまくり…ってか佐藤の方が主人公っぽいし、そっちの出番の方が面白かった(苦笑)

探偵チームKZ
ちょっと色々と荒唐無稽だけど、原作も放送枠も子供向け作品だから、まあ許容範囲か

ハルチカ
キャラデザインとキャラのノリが好みじゃなかった
「氷菓」みたいな作品かと思いきや、淡々と謎が解かれていくだけで余韻が残らない
かといって「響け!ユーフォニアム」のように吹奏楽部分が熱心に描かれているというわけでもなく、なんか全体的に中途半端
地元が舞台だったので、馴染みの場所が出てきたのは良かった(実際の風景とそっくり)

プリンス・オブ・ストライドオルタナティブ
最初の2話くらいは面白いと思ったけど、その後はちょっと予定調和が過ぎる…
前年の傷害未遂事件の時コーチは何してたのかとか、過去の出会いに3ヶ月経たないと気づかないとか、気になることも多々あり
まあでもストライドという(架空の)競技の魅力は存分に伝わってきた


結局、40本見始めて(継続含む)、終わってみれば完走14本+継続0本でした。
継続ナシは初めてかも。


今回も、アニメ作品評価アンケート調査ブログ「アニメ調査室(仮)」のアンケートに参加します。
評価基準は、以下のとおり。

S : とても良い
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可


2016春調査(2016/1-3月期、終了アニメ、69+1作品) 第40回

01,亜人,C
02,銀魂゚,x
03,JKめし!,F
04,アイカツ!,F
05,スシポリス,F

06,だがしかし,F
07,おそ松さん,F
08,血液型くん4,x
09,新あたしンち,x
10,石膏ボーイズ,F

11,鉄人28号ガオ!,F
12,牙狼 紅蓮ノ月,x
13,ノルン+ノネット,F
14,ディメンションW,F
15,ブブキ・ブランキ,F

16,ラクエンロジック,F
17,ディバインゲート,F
18,僕だけがいない街,S
19,昭和元禄落語心中,A
20,大家さんは思春期!,F

21,秘密結社 鷹の爪DO,B
22,最弱無敗の神装機竜,F
23,霊剣山 星屑たちの宴,F
24,ANISAVA日本語吹替版,x
25,少女たちは荒野を目指す,F

26,赤髪の白雪姫 第2クール,F
27,探偵チームKZ 事件ノート,C
28,おしえて! ギャル子ちゃん,F
29,シュヴァルツェスマーケン,F
30,デュエル・マスターズ VSR,x

31,うたわれるもの偽りの仮面,F
32,ナースウィッチ小麦ちゃんR,F
33,スター・ウォーズ 反乱者たち,x
34,おまかせ! みらくるキャット団,x
35,無彩限のファントム・ワールド,F

36,カンフー・パンダ ザ・シリーズ,x
37,ハイキュー!! セカンドシーズン,A
38,金田一少年の事件簿R 新シリーズ,x
39,アクティヴレイド 機動強襲室第八係,F
40,機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ,S

41,GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 炎龍編,A
42,ファンタシースター オンライン2 ジ アニメーション,F
43,カードファイト!! ヴァンガードG ギアースクライシス編,x
44,ザ・ペンギンズ from マダガスカル シーズン3,x
45,バトルスピリッツ 烈火魂 バーニングソウル,x

46,プリンス・オブ・ストライドオルタナティブ,D
47,フューチャーカード バディファイト100,x
48,魔法少女なんてもういいですから。,F
49,ふうせんいぬティニー 第2シリーズ,x
50,ハルチカ ハルタとチカは青春する,D

51,がんばれ! ルルロロ 第3シリーズ,x
52,この素晴らしい世界に祝福を!,C
53,Go! プリンセスプリキュア,x
54,蒼の彼方のフォーリズム,F
55,FAIRY TAIL 新シリーズ,x

56,ルパン三世 新シリーズ,B
57,灰と幻想のグリムガル,A
58,おじさんとマシュマロ,F
59,ヘヴィーオブジェクト,F
60,どちゃもん じゅにあ,x

61,デュラララ!!×2 結,x
62,みにヴぁん 2期,x
63,てーきゅう 7期,x
64,紅殻のパンドラ,F
65,いとしのムーコ,x

66,ブレイブビーツ,x
67,闇芝居 3期,x
68,ダイヤのA,x
69,ワールドトリガー,S
70,ゴッドイーター (全13話),F


{総評、寸評など}
非常に面白い作品が多かった、まれに見る豊作期。おかげで高評価連発となりました。
まあその分、途中見切りも普段以上にはかどった気が(苦笑)

BS11で、グリムガル/GATE/このすば、の異世界モノを同日放送してたのは狙ってたんだろうか…


---
関連記事:
アニメ番組レビュー(2015年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2011年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2011年9月終了分)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カラヴァッジョ展 in 国立西洋美術館

若冲展に続き、国立西洋美術館で開催中のカラヴァッジョ展にも行ってきました。
東西の巨匠の美術展が徒歩10分ほどで見られるんだから、いい時代だなあ。

こちらは待ち時間なく、すんなり入場。
若冲展は割と年齢層高めだったけど、こちらそうでもなかったです。
修学旅行中と見られる学生も多数。


51点の作品が展示されていた中で、カラヴァッジョ本人のものは11点。
あとは同時代の画家や、カラヴァジェスキと呼ばれる彼のフォロワー達の作品など。

…カラヴァッジョの絵って60点強しか残ってないって話なので、その中の11点が見られるだけでもスゴイわけですが。
(教会に飾られてるモノも多いから、もっと見たければイタリアに行くしかない)
でもこれを「カラヴァッジョ展」と銘打つのはちょっとねえ…せめて「カラヴァッジョとその時代」みたいなタイトルだったら良かったのに。

最初のうちは、「カラヴァッジョの絵はやっぱり迫力が違うよなあ」とか思いながら鑑賞してましたが、会場内をぐるぐる巡ってるうちにだんだん区別がつかなくなってきた・・・(苦笑)

それでも、今回が世界初公開の「法悦のマグダラのマリア」が見られたのはすごく良かったです。
神々しさと妖しさが同居した見事な作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.22

若冲展 in 東京都美術館

上野・東京都美術館で開催されている伊藤若冲展に行ってきました。
今日はその初日。
会期が約1ヶ月と短いので(4/22~5/24)、早めに観に来た次第です。

11時過ぎに会場に着いたときは「20分待ち」の表示。
実際の入場には25分ほどかかりました。
事前にオンラインチケット(スマホの画面見せて入場)を購入してたんですが、入場時に通常チケットの半券もらえるんですね。

ちなみに12時過ぎには「10分待ち」となっていたので、最初だけ混雑していたのか、それともお昼時だから一時的に空いたのか、どっちだろう・・・

まあとにかく、展示室内も人が多かったです。
作品数も90点以上あって、まさに人まみれ&若冲まみれ(笑)

気に入った作品をピックアップ。

三十六歌仙図屏風
画風がどことなくユーモラスで仙厓さんみたい。
ちなみに若冲は1716年生まれで、仙厓は1750年。

葡萄図
構図が見事で惚れ惚れするわあ。

伏見人形図
不思議な顔の絵だなあ、と思ってよく見たら、手に持った軍配が口に見えていたからだった(苦笑)


見応えのある作品が多く、若冲好きなら行って損無し!の美術展。
しかしこんだけ若冲の絵が並んでると、ちょっと胃もたれしちゃいます(笑)


会場を出たところに8Kディスプレイで美術品の映像を流すコーナーがあったんですが、これが凄かった。
8Kだとここまで見えるのか!と思わず目が釘付けになるインパクト。
以前BSで放送してた「極上美の饗宴」とか、このクオリティでまた見たい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.18

アニメ新番組チェック(2016年4月開始分)

2016年4月開始アニメのチェック。
すべて1話目のみの評価です。並びは視聴順。
チェック対象:46本

◎:とても面白くて続きが気になる
ねこねこ日本史
ふらいんぐうぃっち

○:面白い
機動戦士ガンダムUC RE:0096
少年アシベ GO! GO! ゴマちゃん
迷家-マヨイガ-
ジョーカー・ゲーム
クロムクロ
甲鉄城のカバネリ
キズナイーバー
ぼのぼの
Re:ゼロから始める異世界生活
鷹の爪GT
田中くんはいつもけだるげ

△:とりあえず次も見てみようかな
逆転裁判 その「真実」、意義あり!
僕のヒーローアカデミア
宇宙パトロールルル子
ばくおん!!
SUPER LOVERS
ハイスクール・フリート
ラグナストライク エンジェルズ
少年メイド
とんかつDJアゲ太郎
ビッグオーダー

×:1話で十分ですありがとうございました
影鰐-KAGEWANI- 承
ぷちます
くまみこ
マクロスΔ
鬼斬
あはれ!名作くん
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン スペシャル・エディション
文豪ストレイドッグス
エンドライド
パンでPeace!
ハンドレッド
坂本ですが?
なめこ~せかいのともだち~
三者三葉
あんハピ♪
美少女遊戯ユニット クレーンゲール
聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ
薄桜鬼 ~御伽草子~
うさかめ
ワガママハイスペック
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ THE LAST SONG
双星の陰陽師


印象に残った作品を何本かピックアップ。

「ねこねこ日本史」
卑弥呼(ねこ)が民(ねこ)を猫じゃらしで手なづけるとか最高すぐる(笑) ねこかわいい!

「ふらいんぐうぃっち」
タイトルの語感どおり、ふわっとした雰囲気が自分好み

「甲鉄城のカバネリ」
サイバーパンクすてき!
メカメカしさに惹かれて見たヘヴィーオブジェクトが期待はずれだったので、この作品には期待っ

「Re:ゼロから始める異世界生活」
初回60分で世界観をじっくり描いたのは正解だったかと
ループモノらしいので、展開が楽しみ

「逆転裁判 その「真実」、意義あり!」
ゲームやったからこのアニメ見る、ってのはあっても、アニメ面白かったからゲームやる、ってのは無いんじゃないかって思えるクオリティ…

「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ THE LAST SONG」
分割2クール目、なんだけど初回でリタイア
この作品は時系列を意図的にバラバラにして放送してるわけですが、そういう作りなら間を開けずに一気に放送して欲しかったなあ、なんかもう興味が削がれた


46本は、過去最高。さすがにしんどいよ!(苦笑)
3月終了分に面白い作品が多かったため、いつもよりもチェック基準が厳しくなった気が。


過去の放送開始時点での評価。
 2016年01月期(33本) ◎:3 ○:5 △:11 ×:14
 2015年10月期(32本) ◎:2 ○:13 △:8 ×:9
 2015年07月期(34本) ◎:0 ○:7 △:13 ×:14
 2015年04月期(27本) ◎:2 ○:10 △:8 ×:7
 2015年01月期(22本) ◎:1 ○:7 △:6 ×:8
 2014年10月期(34本) ◎:2 ○:11 △:10 ×:11
 2014年07月期(29本) ◎:1 ○:6 △:10 ×:12
 2014年04月期(41本) ◎:3 ○:11 △:13 ×:14
 2014年01月期(34本) ◎:0 ○:11 △:14 ×:9
 2013年10月期(31本) ◎:2 ○:8 △:10 ×:11
 2013年07月期(29本) ◎:1 ○:7 △:4 ×:17
 2013年04月期(24本) ◎:4 ○:4 △:6 ×:10
 2013年01月期(19本) ◎:4 ○:5 △:3 ×:7
 2012年10月期(25本) ◎:1 ○:8 △:6 ×:10
 2012年07月期(19本) ◎:1 ○:4 △:6 ×:8
 2012年04月期(24本) ◎:3 ○:8 △:8 ×:5
 2012年01月期(13本) ◎:1 ○:4 △:5 ×:3
 2011年10月期(21本) ◎:5 ○:8 △:5 ×:3
 2011年07月期(20本) ◎:2 ○:5 △:5 ×:8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.12

波留の成長っぷりが見事だった「あさが来た」

NHKの朝ドラ「あさが来た」を完走。
最後までなかなか楽しめました。
最近の朝ドラだと、「ごちそうさん」と「マッサン」の間くらいの出来じゃないかと。

商売絡みの話も頻繁に出てきて、最後まで面白い「マッサン」といったところでしょうか。
(「マッサン」は舞台が北海道になってから、つまらなくなった)


朝ドラは若手女優の登竜門とも言われますが、今作のヒロイン波留の成長っぷりが凄かった。
最初の頃はいかにも深夜ドラマの脇役みたいな感じで「どう見ても宮崎あおいの方が…」とか思ってたのが、終盤では主役としての貫禄充分。
ドラマと共に成長したのがよく分かります。

脇を固める役者で印象に残ったのは、友近(うめ)/山内圭哉(山本雁助)/三宅弘城(亀助)/ディーン・フジオカ(五代友厚)など。

あと、高橋由美子が(あさの娘の学友の)母親役で出演していたのが、地味にショックでした(笑)
もうそんな年齢なのかー!


「とと姉ちゃん」も1週分見たけど、まずまず面白かったので、今後に期待できそう。

---
これまでに見た朝ドラを時系列で4段階評価。
◎:すごく面白かった ○:面白かった △:最後まで見たけどイマイチ ×:途中で見るのを止めた

 ○心はいつもラムネ色
 ◎はね駒
 ◎あぐり
 ○天うらら
 ×やんちゃくれ
 △あすか
 ○私の青空
 △オードリー
 ○ちゅらさん
 △ほんまもん
 ○さくら
 ×まんてん
 △こころ
 ×てるてる家族
 ×天花
 ×わかば
 ×ファイト
 ×風のハルカ
 △純情きらり
 ◎芋たこなんきん
 ×どんど晴れ
 ×ちりとてちん
 ×瞳
 ×だんだん
 ×つばさ
 ×ウェルかめ
 ◎ゲゲゲの女房
 ×てっぱん
 ◎おひさま
 ◎カーネーション
 ○梅ちゃん先生
 △純と愛
 ◎あまちゃん
 ◎ごちそうさん
 ×花子とアン
 ○マッサン
 ×まれ
 ○あさが来た

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »