« ポケモンGO! | トップページ | 違いがわからぬ1mg »

2016.08.05

「エッシャーの世界」展 in 静岡市美術館

静岡市美術館で「エッシャーの世界」展を観てきました。

「エッシャーの世界」展

子供の頃、親に連れられて観に行った「遊びの博物館」という美術展。
様々な視覚のトリックに関する作品を集めたもので、その中にエッシャーの絵も数点ありました。
この時、エッシャーの作品の不思議な雰囲気にすごく惹かれたのを今でも覚えてます。
(特に、延々と流れ続ける滝の絵は衝撃だった)


エッシャーと言えば、いわゆる「だまし絵」で有名な人。
でも最初からそれを描いていたわけでは無く、初期の作品からそこに至るまでの軌跡が網羅されていて、非常に見応えのある美術展でした。

鑑賞しながら気づいたコトなどを列挙。

・初期の風景画を見てもエッシャーらしさが感じられるんですが(当たり前)、真っ当な作品でもだまし絵っぽく見えてくるのが不思議(笑)

・彼は版画家なんだけど中にはインクで描かれた作品の展示もあり、でもやっぱり版画風に見えて、これはもう画家の持ち味なんだろうなあ、と

・当初は建築家を目指していたそうで、作品に登場する建物の緻密な描写はその辺りの影響なのかしら

平面の正則分割(同一の幾何学的図形で、平面を相互の間にまったく隙間が無いように敷き詰める)に関する展示には、方眼紙に下絵を描いているものもあり、試行錯誤の過程が見て取れるようで面白かった


エッシャーは、だまし絵にしろ平面の正則分割作品にしろ、3次元を2次元に閉じ込めるのに長けた人だったんだなあ、とこの美術展を観て思いました。

|

« ポケモンGO! | トップページ | 違いがわからぬ1mg »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/64017299

この記事へのトラックバック一覧です: 「エッシャーの世界」展 in 静岡市美術館:

« ポケモンGO! | トップページ | 違いがわからぬ1mg »